ラッドスタッグ

別名称一覧:
  • Radstag
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
アニマル
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年01月09日 19時33分

放射線を浴びたことによって双頭に変異したシカ。

2.名無しさん2016年01月30日 18時04分

バラモンと違って前足が4本あるが、2本は胸のあたりでブラブラしていて足として機能していない。

発見されても攻撃してくることは少ないが、雄や凶暴化個体などは果敢に挑みかかってくる。

3.名無しさん2016年02月08日 01時36分

肉を調理すると、所持できる重量を一時的に増やすことができる消費アイテムになる

4.名無しさん2016年02月28日 14時14分
5.名無しさん2016年02月28日 15時57分

発光した姿を夜間に目撃すればさながら森の神。

6.名無しさん2016年04月03日 20時34分

ただ逃げているだけの場合でも敵性判定が出てしまい、NPCから問答無用で攻撃される可哀想な動物でもある。

7.名無しさん2016年04月25日 12時42分

伝説化することもある割に、当然それほど強いクリーチャーでもないため
血も涙も無いプレイヤーの格好の餌食となってしまっている
食って美味い!アイテムも美味い!ダブルで美味いのがラッドスタッグである

8.名無しさん2016年04月25日 12時57分
9.名無しさん2016年04月25日 23時50分

焼いた時の効果からして肉はかなり旨そう。TESでも鹿肉シチューは720秒間パワーアタック出し放題の凄まじい効果だったのでスタッフに鹿肉好きが居るのかもしれない。
おまけにそれほど危険な生物でもないし、草食なので与える餌に困ることもないはずなのだが、連邦でこいつの養殖に手を出している人はいないようだ。一体何が彼らをマイアラーク養殖という危険行為に駆り立てるのか。

10.名無しさん2016年04月29日 14時30分

見た目に反して攻撃力は高く、ひるまずに突進してきたり連続で角で突いてきたりと一度接近を許してしまうと手痛いダメージを負ってしまうことも。難易度にもよるが低レベルで武装がそろっていない時は注意が必要。特に狂暴化個体には腕に自信がないときはちょっかいは出さないほうが賢明だろう

11.名無しさん2016年05月23日 12時33分

>>9
DLC第2弾で追加されたこいつ用のを使うとわかるが
ベータ波発生機がないとを開けた途端にこちらを攻撃してくるクリーチャー扱いである。
バラモンといった家畜化された動物と大きな隔たりがあるようだ。

の作成と修理(餌の補充)は容易なので捕まえるのはカンタンだが
クリーチャーながら戦闘があまり強くないので拠点警備員としての戦力は期待できない。
連邦で鹿牧場を開いてまで拠点でラッドスタッグを飼う利点と言ったら
そのリラックスしてる姿を見て和めるくらいか…。

12.名無しさん2016年06月02日 13時55分

Far Harbor にも登場し、異常なラッドスタッグや退化したラッドスタッグなどの種類が増えた。
余り生息数は多くはないが島の一部で食料として吊るされているのが見受けられる。
の影響か、はたまた島という閉じた生息域故か連邦のものとは異なった変異をしており、大きな牙が生え口の一部が裂けてしまっている。

13.名無しさん2016年06月03日 10時58分

本土では群れで生息するバラモンがほとんど見られない島では、主な食肉の供給源なのだろう。

退化したラッドスタッグは角が発育不全のようにぐにゃりと曲がってしまっている。
また、島のラッドスタッグは好戦的な性格で、本土では逃げ惑うばかりの雌ですら果敢に向かってくる。
なんだ、メスか。ほっとけばヘーキヘーキ。と侮っていたら思わぬインファイトを仕掛けられることも。

14.名無しさん2016年06月10日 05時11分

現実のシカも人類の長い歴史の中で家畜化に成功することはなかった。
人に懐きにくい、動きが激しい、群れのコントロールが難しいの三拍子で、現代のシカ牧場なんかも捕獲したものを広大な敷地で放し飼いして太ったら出荷という形式。
ウェイストランドでそれをやろうとするとあんなのやこんなのが寄って来て地獄図になること請け合い。

15.名無しさん2016年06月20日 15時34分
16.名無しさん2016年06月20日 21時23分

図体が大きい割にが多い場所だったりすると意外と見つけづらかったりする。
敵が見当たらないのにステルスゲージがどんどん狭まって行くと思ったら・・・


あっ シカだ!(発見)
シカでした(肉GET)

17.名無しさん2016年07月01日 20時57分

サバイバルでは所詮野生動物と舐めてはいけない
難易度感覚ではこいつの上位種の一撃でも死ぬのだ
2時間を返していただきたい

18.名無しさん2016年07月08日 19時38分

>>16
虎→鹿の流れじゃね?


間近で見ると目がイっちゃっていて、よだれというか泡吹いているように見えてなかなかに気色悪い

19.名無しさん2016年07月26日 01時21分

伝説級の上位種もガチャとしか見ていない111が、つがいのラッドスタッグを倒して
肉とを漁った後に残された子供ラッドスタッグを発見してしまい、
己に降りかかった運命を思い出して動揺させたエピソードを持つ生物。
苦しむ前に楽にしてあげたら、死骸からエイリアンのおもちゃが出てきたのを
見た111はその夜ダグアウト・イン で浴びるほど酒を飲んだとか飲まないとか。

20.名無しさん2016年08月15日 04時16分

撃ち殺した直後に死体が勢い余って突っ込んできて、に挟まれて即死したときは唖然とした。

21.名無しさん2016年08月15日 09時40分

基本的には臆病でこちらを発見しても逃げ惑うのが殆ど
アイテムに余裕がない、肉いらない時は見逃してやってもいいだろう

ただ他のNPCはそうでもなくむしろ積極的に狩りに行く始末
コンパニオンが急に暴れだしたら周りを探してみよう

22.名無しさん2016年11月23日 10時45分

最初のレールロード仕事ディーコンとの待ち合わせ場所付近に固定で出現する
鹿相手に血眼になって話しかけられない状況になる
そのまま放置したらラッドスタッグの子供にまで銃を撃ち込む…カワイソウ

23.名無しさん2016年12月14日 16時46分

メッド・テック・リサーチの前に、
友好な白皮症ラッドスタッグが三匹現れて、フェラルを始末してくれた。

24.名無しさん2017年01月31日 23時28分

調理した肉が有用、近付き過ぎなければ非好戦的で子連れも居るクリーチャーと言うNVでのビッグホーナーの様な存在。余談だがモハビには他にも子連れコヨーテ等も出現し、子供に気付かず親を気紛れの射的感覚で撃ってしまった後に親の亡骸の側で立ち尽くす子供を見つけてしまった運び屋の中には無言で時間を巻き戻す超能力者も居るとか居ないとか.....

25.名無しさん2017年02月22日 15時00分

しかしながら、プレストン曰く「見た目とは裏腹に危険な生物」らしい。
実際、攻撃力と体力が意外と高いため、肉目当てでラッドスタッグを狙って
返り討ちにあう入植者たちは少なくなさそうである。

26.名無しさん2017年03月06日 05時05分

開始直後の低カリスマかつPerkスキルブック未所持状態でも
生肉が20キャップ、グリルは25キャップ程度の売却額。
高い確率で三頭一組で行動しているので、
サバイバルガイドがあれば一群狩って肉とで130キャップ前後と、
弾薬費を差し引いても序盤のクエスト一回分相当の稼ぎを得られる。
開始直後、本を取ってからコンコード大量の薬品
固定で落ちている狙撃銃を拾いながらダイヤモンドシティ方面まで行けば
道中で10頭近くは撃てるので小銭稼ぎに良い。

――遠くから撃った後、死体を見失わなければだが。

27.名無しさん2017年05月05日 17時07分

ウォールデンポンドの南、高速道路の下の道路に親子連れのラッドスタッグが必ず沸く(リスポーン有り)。
ガンナーに狩られている事もあるが大抵のんびりと草を食んでいる様だ。

固まって沸くからと言って爆殺するなよ?絶対するなよ?

28.名無しさん2017年06月17日 11時54分

稀に見かけることがある放射能発光化した個体は、鹿という姿もあいまってなにやら森の主のような神秘的な姿をして居る。
なんとなく日本の某有名なアニメーション映画を連想する。
仕留めたらマチェット等で首を切断し、見よ!シ○ガミの首だ!などと掲げて遊んでみよう

29.名無しさん2017年06月21日 16時20分

フォージエンペラー!と言いながら追い掛け回す、あなたの前世はきっと帝都軍の森林警備官

30.名無しさん2017年07月09日 16時30分

的がでかくて脆い上に経験値が美味しい、肉も美味しい
と、まさにモハビにおけるビッグホーナーと同じポジションに位置するアボミネーション。極めつけに伝説の個体まで存在するので保護団体に属するのでなければ最早狩らない理由の方が少ない。

31.名無しさん2017年08月07日 15時39分

最序盤でこいつの肉が欲しいときは、ショットガンを持って突撃すると多少楽になる。
突然接近されて方向転換が少し遅れるので、一気に撃ち殺してしまえば良い。

32.名無しさん2017年09月02日 18時31分
感想

伝説の発光ラッドスタッグ対伝説の子持ちモールラットという、小規模な伝説の戦いを目撃した。
勝者はラッドスタッグ。
当然ながら、うちの将軍は決着後、即座に射殺し装備と肉を回収しましたとさ。

33.名無しさん2017年10月27日 23時56分

彼らは大抵三頭程度の群れで行動し、仲間が殺されると逃げ惑う。
散り散りになった群れを追っていると狩人の気分になれる。

さあ、ハンティングライフルを持ち出して狩りに赴こう。

34.名無しさん2017年12月17日 22時15分

「殺したんじゃない、ただ頭の数を元に戻しただけだ」

35.名無しさん2017年12月17日 23時25分
感想

ナット「頭が一つしかいないラッドスタッグなんて、そんなバケモノ実在しないよね、ね?(ふるふる)」

36.名無しさん2018年05月03日 10時37分

今日も製のハンティングライフルを持って狩りへ行く
狙う先は上質のもみじ肉
殺伐とした連邦で、楽しいスポーツと美味しい食事を提供してくれる
もしそれらを享受できたなら、よかったら居住地に慰霊碑でも立ててあげてください、例えばラッドスタッグの剥製を取り付けたコンクリートの柱とか

37.名無しさん2018年05月08日 00時49分

ディーコンが頭の数について言及するのでウェイストランドでもバラモンも含めて双頭は奇形であるという認識はちゃんとあるようだ

38.名無しさん2018年05月08日 00時51分

もし次回作やスピンオフで日本が舞台になることがあれば、宮島や奈良が大変なことになりそうだ‥‥

39.名無しさん2018年05月08日 02時39分
感想

ランダムイベントでラッドスタッグ数頭が歩いているものがある。このイベントの
ラッドスタッグはよく伝説化する。
近くに寄りすぎるとこちらを追い回してくるものもいるが、立派な角をしているので
攻撃を仕掛けてくるのは主に雄なのだろう。雌はそばに寄ると逃げていく。

夜の連邦を歩いていたら道路を何か光るものが歩いてくる。不思議に思い、道を外れ
て茂みに隠れて様子を見ていると、緑の燐光を発するラッドスタッグと白いラッド
スタッグが悠然と通りすぎていった。発光ラッドスタッグを見たことがないわけでは
ないが、圧倒され茂みから出ることが出来なかった。

40.名無しさん2018年05月09日 10時39分
感想

これといいバラモンといい、何故世紀末の偶蹄目はやたらと双頭になるのか。

41.名無しさん2018年05月16日 19時36分

>>37
>>40
旧作では一つ頭のみのバラモンが生まれ、奇形扱いをされるという話がある
連邦とカリフォルニアでの価値観が違う証拠かもしれない

42.名無しさん2018年05月16日 23時07分

なお、現実世界でもたまーに双頭動物生まれるらしく、2016年にリアルラッドスタックが発見されている。

43.名無しさん2018年06月17日 18時06分

双頭、というと大抵は結合双生児である。草食動物の場合、細胞分裂に異常を来すアルカロイドを含む草葉を摂食したことにより、胚の分化が正常に行われなくなる。
早い話が草を食って異常な子が生まれたということなのだが、このたぐいのアルカロイドを含むものといえば、ごく限られた種類のユリなどしかない。
恐らくは放射線によって変異した雑草が原因なのだろう。直接的な形質の変異とは考えられない。

44.名無しさん2018年06月18日 02時48分

頭を破壊して殺すとものすごい勢いで頭が吹っ飛んでいくことが多い。
ロケットのように飛んでいく。

45.名無しさん2018年07月02日 23時34分
46.名無しさん2018年08月08日 00時33分
47.名無しさん2018年08月10日 09時46分
感想

親子連れであることが多く倒すのに若干のためらいを覚えるが、エサニンジンであることから分かるように、畑の作物を食い荒らすガチの害獣である。
農家にとっては不倶戴天の敵なので、見つけ次第狩ろう。

131