Dangerous Minds

別名称一覧:
  • MQ202
  • デンジャラス・マインズ
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
メインクエスト
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
37.名無しさん2020年03月26日 08時28分

メモリーラウンジ座る際、同行しているコンパニオンとの好感度イベントが発生している場合、記憶の探索が終わった後のDr.アマリとの会話が遮られてしまい、正しく進行しなくなるおそれがある。
コンパニオンとの会話メモリーラウンジ座る前に完了させておくか、別の場所待機させておこう。

36.名無しさん2020年03月26日 08時25分

メモリーラウンジ座る際、3人称視点にしていると、記憶の中での視点が3人称に固定されるバグがある。
透明なプレイヤーキャラクターを3人称時点で操作しないといけなくなるため非常に操作しにくい。
メモリーラウンジ座る時は1人称視点にしておこう。

35.名無しさん2020年03月26日 08時20分

Vault111での記憶の直前で、浮遊する巨大な黒いオブジェクトが出現し、行手を阻まれ進行不能になるバグが確認されている。
原因は不明。セーブ/ロード、再起動などでは改善されない。
回避するには、Cheat terminalなどのMODプレイヤーのジャンプの高さを3倍程度に調整すると、飛び越えて先に進むことができる。

33.名無しさん2020年01月28日 10時45分

Vault 111ダイヤモンドシティとの記憶の間にケロッグがサイバネティクスの手術を受けるというものが挿まれる予定だったらしく、以下のような音声データが残っている。

「これをインストールされたのはおれだけだった……少なくともそう聞いた。何らかの複雑な要因としか言われなかった。おれの脳が混乱に陥ろうが関係ないってことなんだろう。とにかく、自分に移植されたものを取り出させるつもりはなかった。もう頼りすぎていたからな……振り返ってみると、奴らが同意したのはおれを支配下に置くためだったのかもしれない」

「それがVaultでの仕事の報酬だった。数年前から移植は受け始めていたが些細な箇所ばかりだった。これは総力を上げた手術だ。普通は研究室の外には出さない最先端の技術を使った……全てに志願した。失うものは何もなかったから。それに、これは奴らの領域だ。人殺しがおれの領域であるように……それが何であるか見ないでどうする?」

この2つの独白の間に、「これは大丈夫なんだろうな、ドクター」「全部紫に見えるんだが……?」というセリフが挿まれている。
このことから察するにインスの科学者による生々しい人体実験のようなものが繰り広げられるシーンだったのだろうが、丸ごとオミットされている。流石にインス突入を果たす前にこういうものを見せるのは拙かったという判断だったのだろう。

32.名無しさん2019年11月24日 10時40分

このクエストの間にパイパーを同行させて話し掛けるとB.O.S.ミニッツメンレールロードについての彼女の視点からの情報が聞ける。
B.O.S.はハイテクを欲しがるらしい。もしかしたらそれでインスティチュートと協力してるのかもしれない。それか彼らには別の目的があるのか』
ミニッツメンコンコードにいたのが最後の一団。彼らは人々の為に尽くしていたけど、優しい面だけじゃなく一時期は本当に軍隊だった。』
レールロードはよく知らない。多分人造人間の脱走を助けてる。秘密主義の変わり者達。具体的な噂は合言葉くらいしか聞いた事がない。』
といった感じ。

ミニッツメンに対してはあまりよく思ってないのが言葉の端々に出ているが、クインシー出身者ならもっと激しく非難しそうなところをかなり抑えている。
レールロードについては同じくらい変わり者の集団であるCoAに取材を試みて死にかけた経験から深入りを避けているのかもしれない。
B.O.S.の事もかなり胡散臭がっているが、これは彼らのやり方にイメージ戦略という概念が希薄なのが原因だろう。

31.名無しさん2019年11月24日 10時10分

ニックの移動ルートはボストンコモンを大きく迂回している。
チャールズ川の北岸に沿って移動してキャンプ・ケンダルを突っ切る事になるので後ろにくっついて歩けば安全かというと少々微妙なところ。
バンカーヒルのところで金融地区に渡り、カボット邸の前を通り抜け、マスフュージョン・ビルの正面は通らずオールドコーナー書店の路地に入り、グッドネイバーに到着となる。

30.名無しさん2019年06月11日 11時56分
感想

>>25
その際のショーン(人造人間)の言葉もウルッとくる。もう会えないし恐らく記憶も消されるだろうし。

「さよなら、ミスターケロッグ。また会おうね!」

29.名無しさん2019年01月08日 19時14分
感想

>>26
ケロッグ少年時代は作中の時代(2288年)から遡る事一世紀半の2140年頃。最終戦争から60年ほど経過している。
門橋の完成は1937年なので建設から丸2世紀が経っている訳だが、あの橋は常に風に曝されていて再塗装が欠かせず、しかも設計の問題でメンテナンス性が悪いため高所作業用の装備がなければ塗り直しは困難だという。

ボストン市民がグリーンモンスターを敬愛するのと同様にあの橋はサンフランシスコ市民の誇りであるため戦後も有志がメンテナンスを続けているのだろうが、野球場を塗り直すよりも遥かに困難な仕事であろうことは想像に容易い。

28.名無しさん2019年01月08日 03時52分
感想

ケロッグの記憶の旅の間、コンパニオンアマリと共に外部からモニタリングしていたのか、終わった後に話しかけるとそれぞれコメントをくれる。
コズワースケロッグの人生の追体験にひたすら困惑した様子を見せるが、ハンコックは「ケロッググレイマターは効くんだろうな、羨ましい」との事。ヤク中らしいコメントである。

27.名無しさん2018年11月29日 00時45分

メモリーラウンジに座った時、コンパニオンは左側に立ち、ドッグミートは右側に座ってこちらを見守っていてくれる。
MODコンソールを用いてコンパニオンドッグミートを同時に連れていると両方いっぺんに楽しめるので記憶から目覚めたときの安心感も一入である。

26.名無しさん2018年09月19日 17時55分

二番めの記憶を出て後ろを振り返ると、とても綺麗なゴールデンゲートブリッジが見えるが戦後もサビ一つなく残っていたということなのだろうか?

25.名無しさん2018年08月26日 22時23分
感想

すでに触れられているがケロッグの「さよなら」は非常に涙腺が緩む

24.名無しさん2018年08月14日 11時25分
感想

「感謝するよ、ニック
「感謝してくれよなぁ?」

日常でも真似てみたいやり取りである。

23.名無しさん2018年08月13日 19時57分
22.名無しさん2018年06月12日 15時39分

発生させられる条件は定かではないが、ケロッグの記憶を見ている最中、人造人間とドンパチやるシーンで、人造人間が落とした武器を拾うことができた
現実に戻ってきてもインベントリにしっかり入っていた
条件の1つに、ケロッグがモノローグを語り、時間が止まっている間というのがあるのは確かなようだが、拾えるものと拾えないものがあったからさらに違う条件があるように思う
勝手な想像だが、
・武器を落としてドロップ品になった直後にモノローグに入ること
・3体いる人造人間のうち左右のもののみ可能(真ん中のものは取れなかった)
などが今のところ考えられる

うまくやれば、ここだけでインスティチュートライフルピストルが山のように稼げるかもしれない
その必要があるかは別として。

21.名無しさん2018年05月31日 21時52分

当該項目にも書かれていたが、
ケロッグと人造ショーンが別れるシーンで
It's All Over But The Cryingが流れているのが周回で気づいて今とても辛い。
このシーンは英語圏の人たちにはどのように受け止められているのだろう?

20.名無しさん2018年05月17日 06時50分

卑劣な誘拐犯と思っていた人間の一生にわずかとはいえ触れ
哀愁が漂ったり,感傷に浸ったりするが、

直前のクエストでその記憶の持ち主の頭を吹き飛ばしてんだよな…
今更言われても…

19.名無しさん2018年03月23日 11時56分

先にアール・スターリング捜索のクエストを終わらせていると、最後ニックに話しかけた時にアールクロッカーについて言及する事がある。

18.名無しさん2018年02月28日 05時15分
感想

子供時代のケロッグ戦前コミック雑誌を並べたベッドに座りながら、元に
座る母親とラジオを聴いている。
ダイアモンドシティショーンと暮らしていた頃のケロッグは、コミック雑誌
並べて読んでいるショーンのそばで銃の手入れをしながらダイアモンドシティラジオ
を聴いている。

インスティチュートと契約を結ぶ場面以外の記憶では、「家族」が関わる記憶が
多い気がした。ケロッグの家族の記憶、妻と娘との幸福な生活とその二人を失う
記憶、酒場である家族を襲う依頼を受ける記憶、vault111主人公伴侶を殺し
子供を拐った記憶、そしてその子供との記憶。穿ち過ぎかもしれないが。

17.名無しさん2018年01月11日 18時39分

ラストの記憶はテレビを調べれば出られるが、テレビを調べなければ延々と繰り返される。
出方が分からずケロッグの『さよなら』を3回ほど聞いてしまったが、さすがに感傷もなくなった

16.名無しさん2017年11月27日 19時05分

ちなみに声だけ登場するケロッグの父親だが実はちゃんとグラフィックやAIも用意されてる
コンソールで検証したところその姿は肌着上下で禿頭でくたびれた顔をした冴えないおっさんでしかもAI設定は臆病。
ドンパチが始まれば真っ先に悲鳴を上げてケツを捲くるどうしようもない奴である。

典型的な内弁慶のダメ親父だったということなのか……

15.名無しさん2017年11月27日 16時46分

精神を解放せよ。

進行中、専用TIPS が出ることはVDSG カタログの記事のとおり。

14.名無しさん2017年09月18日 21時26分

事前にMemory Interruptedクエストを終えていると、アマリが「この人は確かH2-22の時の……」というようなセリフを言う。
被験者の一人一人を覚えているのか、ただ直近の例だったから覚えているだけなのか……

13.名無しさん2017年09月11日 21時03分

クエストの最後ソファーに座ったニックを通してケロッグが話し掛けてきた時に、返事をしないままでいるとケロッグのまま別の台詞を喋る。

12.名無しさん2017年07月04日 23時33分

最後の記憶にて、ショーンコーサーが去った後。彼が『さよなら…』とポツリと言う。非常に哀愁の漂うシーンである。
それ故、彼を許してしまう将軍も多いのでは?

11.名無しさん2017年05月28日 23時26分

DLCでも特に触れらなかったが、果たしてケロッグの意識はこの世から消滅したのだろうか?
ニックが最後まで不死属性なあたりハロルドボブのごとく次回作以降に二重人格の人造人間として登場してもおかしくはない。

10.名無しさん2017年03月11日 22時05分

探偵事務所の会話ニックコンパニオンに選ばなかった場合、移動する彼についていけばグッドネイバーに辿り着ける。
バンカーヒルFTすると対岸のカボット邸の裏に現れるので、ある程度まで主人公の動きにも合わせてくるようだ)

なお、グッドネイバーを訪れた事がなければ初訪問時のイベントにこのクエストでしか見られないシーンが追加される。

9.名無しさん2017年02月14日 15時33分

オブジェクトを調べている時に人物をよく見ると時間が停止しているのにもかかわらず目だけは動いている。

8.名無しさん2016年11月21日 05時08分

ニックが身を賭して協力してくれる場面だが空気を読まずジョークを連発することも可能
ノッてきた将軍は最終的に「次はあんたにトースターを入れなきゃならないなぁ」と余りにもアレ過ぎるジョークをかまし、さすがにニックにも「こんな時にまで人をダシにして笑いを産み出そうとする姿勢はすごい」的なことをマジトーンで言われる

7.名無しさん2016年05月28日 20時23分

開発段階ではケロッグの記憶にアクセスする辺りからこのクエストが始まり、それ以前のケロッグの脳を回収する件は『The Enemy of My Enemy』というクエストで行なう予定だった模様。
しかし、『The Enemy of My Enemy』が削除され、その内容は『Reunions』と本クエストの一部となった。

その名残で、ケロッグの脳等一部コンテンツのIDが『The Enemy of My Enemy』と同じ"MQ201"になってる。

6.名無しさん2016年05月07日 15時50分

このイベントニックケロッグの記憶や人格が影響しないかとの懸念があった
が、無事にイベントを終える事は出来る。最後の最後で、ギョッとする台詞をニックが吐くが……

4.名無しさん2016年04月01日 03時02分

実は最新の記憶以外はスルーが可能。
宿敵の人生や今後の伏線を垣間見る大事なイベントだが、2周目以降は有り難く脳髄の奥まで突き進ませて頂こう。

3.名無しさん2016年03月20日 10時45分
2.名無しさん2016年03月18日 16時30分

息子の姿を求めて連邦中を歩き回る主人公だが、遂には他人の頭の中にまで訪れる事に。
一連の大イベントは基本的に自動進行だが、一部の人物やオブジェを調べる事でケロッグのモノローグを聞く事が出来る。モノローグを聞いている間はイベント自体は一時停止してくれるので安心。

1.名無しさん2016年03月18日 09時18分

ケロッグは死んだ。思わせぶりな科白だけを吐き、役に立つことは結局一言も話さないうちに。
…それなら、ちょいと記憶を覗かせて貰えばいいんじゃない?

関連用語について
コメントを投稿する
1065



ページ上部に戻る