ミニッツメンルート

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
ミニッツメンミニッツメンクエスト
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
11.名無しさん2020年10月05日 15時17分
感想

>>10
雑どころか、なかなかの大河ドラマを駆け抜けてきた展開に見えるぞ、それは

ミニッツメン将軍!」「将軍BOSが攻めてきます」「指揮を願います!」
ロニー「あたし達は、アンタに見どころを感じたからミニッツメンに戻ったんだ。嘆いてないでシャンとしな」

10.名無しさん2020年10月05日 14時48分
感想

ただまぁ、NVイエスマンの如く他のルートのフラグ全部へし折った人の受けにもなっているので展開が雑な部分はある

ダンスを殺そうとするマクソンを見ていられず殺害し、BOS敵対
レールロードに身を寄せインスに潜入するも目の前の老人ショーンショーンと認められず感情のまま殺しインス敵対レールロードフラグもクラッシュ
ミニッツメンに頼るためガービーに命じられるままヌカワールドを裏切り部下たちを皆殺し
息子を奪った憎きインスに避難警報など出すか!と爆破したらガービー君は口を聞いてくれなくなり、
レールロードに戻るとデズモンスター呼ばわりされ敵対
針の筵のキャッスルに戻るとエルダーの敵討ちの為今になってBoSが総攻撃をかけてくる

……そんな死神で疫病神な111ですら一応受け入れてしまうのがミニッツメンルートである

9.名無しさん2020年10月05日 02時58分
感想

まあな。入植者の暮らしよりもや力、文明復興の方が大事なら
センチネル管理官、そしてDLCの威力で総支配人という有力な道ができた
将軍にはあくまでも目の前の一般人を助けたい人が向いてそうだ

そこを総支配人にならずにアリーナ入植者殺害に興ずる将軍がでてくるのも、このゲームの面白さだけど

8.名無しさん2020年10月05日 01時53分
感想

良くも悪くも、連邦に寄り添って連邦のために戦えば自ずと行き着くルート。B.O.S.インスティチュートレイルロード「以外」との関わりをしっかり持つ事が重要となる。
組織の為ではなく、今困っている目の前の人を救うために戦う。連邦の未来ではなく、連邦の今のために戦う。そういう人が辿り着けるルートで、入植者居住地を疎ましく思う人は辿り着けない、というかハナから向いていないかもしれない。

7.名無しさん2020年10月04日 14時27分

Defend The Castleクエスト発生が開拓した拠点の数依存しており
クエストを淡々とこなしていると大体3派閥ルートに入ってしまう
おそらく今作の顔とも言えるミニッツメンなのだが
実は最もルート分岐条件が難しく発売からしばらく発見されていなかった

6.名無しさん2020年10月01日 19時27分
感想

四大組織クエストラインの中で、開始地点が本作のスタート地点から最も近く、多くのプレイヤーがこのルートの序盤に関してはプレイしたと思われる。
サブクエストで次々と居住地の救援要請が入ることについては、
「厳しいウェイストランド拠点を増やし、探索の足掛かりとできる」と捉えるか、
子供の救出だけで精一杯なのに」と捉えるかで印象は大きく異なるだろう。

5.名無しさん2020年09月30日 12時49分

>>3 に挙げられてるのは会話で自然に決別する方法。
ファーザーや名前がついてるNPC(立てこもってる時のヒックスとローケン以外)を殺害して敵対してもミニッツメンルートに入ることができる。
わざわざ書かなくてもいいと判断されたことだろうけど一応補足。

4.名無しさん2020年09月30日 07時36分

B.O.S.との敵対は、インスティチュートクエストラインをさらに続けてMass Fusionまで進行させれば発生し、その後でインスティチュートとも敵対することによりミニッツメンクエストラインに乗る場合がある。
このほかにもB.O.S.敵対するケースは存在する。

3.名無しさん2020年09月30日 07時33分

ゲーム序盤から中盤にかけて、主人公インスティチュートの指導者ファーザーの特別な厚意の対象になっており、またミニッツメンの勢力も小さく、インスティチュートから脅威とみなされていない。
インスティチュートから敵視されなければ、このクエストラインの後半へと進むことはない。以下インスティチュートから敵視される例を挙げるが、これ以外にもあり、私が詳しくないパターンについてはどなたか詳しい方が補ってくださるとありがたい。

主人公が初めてインスティチュートに到達したときに、ファーザーに対し終始敵対(あるいは不賛同)的な立場を表明し続ければ、最短で敵対が確定する。
この場合、本作屈指の激戦とされるバンカーヒルの戦いは発生せず、X6-88と出会うこともない。また、主人公が助力しなければB.O.S.リバティ・プライムを完成させることもない。

上記場面を友好的か中立的に進行した場合、インスティチュートクエストラインが始まるが、その中のThe Battle of Bunker Hillにおいてインスティチュートの作戦を不首尾に終わらせ、C.I.T.の屋上でファーザーに対して決別の意を表明することによっても敵対する。
この場合、X6-88と出会うことはできるが、コンパニオンにはできない。また、主人公が助力しなければリバティ・プライムも完成しない。

2.名無しさん2020年09月30日 07時30分

このクエストラインにおいては下の順で主要なクエストが発生するほか、無限発生・自動生成型を含む様々なクエストがある。主要クエストの発生条件や達成条件にミニッツメン勢力の大きさが関係していることがあり、実際にはより多くのクエストを達成していくことになるだろう。
When Freedom Calls
The First Step
Taking Independence
Old Guns
Form Ranks
Defend the Castle
The Nuclear Option

上記を終えた時点でゲームはエンディングを迎えるが、そのままプレイを続けることができ、この時点でB.O.S.敵対している、またはこれ以後に敵対すると、さらに下記のクエストが発生する。
With Our Powers Combined
Defend the Castle

1.名無しさん2020年09月30日 07時28分

本作のストーリーにおいて、プレストン・ガービーをはじめとするミニッツメンとともに連邦の問題に対処していくクエストラインのこと。このクエストラインを完遂する場合、必ずインスティチュート敵対関係となり、場所としてのインスティチュートを破壊することになる。

このクエストラインについては様々な用語項目の中で個別に言及されているが、このクエストライン全体を包括的に記述するための項目がミニッツメンタグを使って探した限りないこと、用語「ミニッツメン」が凍結されていること、ストーリー終盤でこのクエストラインに乗る方法がわかりにくいことなどを考慮し、項目化した。

関連用語について
コメントを投稿する
11004



ページ上部に戻る