フェラル化した近隣住民

別名称一覧:
  • 戦前のサンクチュアリ住民
  • サンクチュアリ近隣住民
  • ご近所さん
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
24.名無しさん2020年09月04日 19時08分

シャムロック酒場付近での場合、レベル89から焦げたフェラル・グールとしての登場を確認した。しばらくその付近でレベル上げをしていたので精度はそこそこ高いと思われる。
全員同レベルのためか、ほかのイベント焦げたフェラル・グール出現が始まったレベルよりは高いレベルでの切り替わりだった。

23.名無しさん2020年08月19日 07時29分
感想

近隣住民の名こそついているが、無関係である可能性が大きいと考えられる。高レベルの111なら百組を超える彼らを倒してきた場合もあるだろうが、「本物」は最大各1名であり、チームを組んでいる保証もない。111でさえ生き残れないと思われるあの日サンクチュアリ付近の惨状から考えれば、あの日に全滅したという方がより説得力のあるシナリオであろう。
ウェイストランドでのいろいろな意味で厳しい経験が「このフェラルグールはもしかしたら近所の方々だったのかもしれない」という幻覚のようなものを見せているのだと思う。

22.名無しさん2020年07月05日 19時33分

レベル主人公レベルに連動するのは、焦げたフェラルグール扱いの場合であって、発生したランダムイベントポイントレベル(に相当する何らかの内部処理の値)が低い場合は下位のフェラルグールとして登場するようである。
筆者レベル200超でも、チェストナット・ヒロック・タンク付近やカレッジスクエア北方では焦げておらず、対するレイダーも下位レイダーであった。その一方、ファロンズデパート付近ではもっとレベルが低い時から焦げていた。
光りし者やその上位として出現したのは見た記憶がない。

21.名無しさん2020年07月05日 18時12分

シャムロック酒場前で6人勢揃いで登場した。


レイダーマイアラークとの戦闘中に六人衆として突如来襲し、現場を大混乱に巻き込んだ。
三つ巴の戦いは大変見所のあるものであった。

20.名無しさん2020年01月26日 00時40分
感想

不思議と希少なドラッグを持っていることが多い気がする
ウルトラジェットやらカルメックスやらX-セルやら……ドロップ品にそういう指定でもあるのか?

19.名無しさん2020年01月08日 09時57分
感想

主人公がどうやって彼らを他の名無しフェラルと区別してるのか
200年も同じ群れで活動するという事はフェラルにも知性の輝きはなくても生態はあるのか
今では6人(子供入れて7人)だけど前はもっと大勢で動いてたのか
何で名有りのくせにリスポーンするのか
など色々と気になる方々である

18.名無しさん2019年12月18日 12時53分

>>14

>>7 にもありますが、ローザ息子コズワースとの会話内にのみ登場し、実際に会うことはありません。

17.名無しさん2019年09月25日 00時03分

ご近所さんが脅威なのは、全員が111と同等のLvフェラル化していること。

たいていのエネミーはボスクラスの上位種+下位種という構成で配置される為、「速やかに雑を掃除して数を減らす」「危険度の高い敵を最速で始末する」などが対策のセオリーになるのだが、ご近所さんは全員横並びのLvで出てくるため、実質的なボスラッシュ状態と化してしまい、対複数の乱戦に持ち込まれやすい。

単純な危険という意味では、最終的に連邦における最も注意すべきランダムエンカウントと化すので、準備は怠らずにおきたいところ。

16.名無しさん2019年09月24日 20時37分
15.名無しさん2019年09月15日 04時04分
14.名無しさん2019年06月18日 20時58分

自分は全員には会っていないが、英wikiによると遭遇できるのはドノヒュー夫妻、サマー夫妻、パーカー夫妻、そしてローザローザ息子(Rosa's son)とある。子供もばっちりフェラル化して挨拶してくる模様。

13.名無しさん2019年01月24日 20時16分

勢力間の対決という場面が描かれるタイプのランダムイベントなので起きる地点は他のイベントに比べて限定される。
対決が見られるポイントは連邦各地にあるが、チェストナット・ヒロック・タンクの北面(Vault 81の東)、コルベガ組立工場の東の高架下付近(レキシントンの南東端)、アンドリュー駅の北の川沿いなどで比較的よく見かけられるだろうか。

近隣住民の方はレベル連動で強くなるため、どのレベル帯で遭遇しても危険度は高め。
一人見かけたら他の5人もほぼ確実に近くに潜んでいるため、戦闘を避けたい場合は大きく迂回させられるはめになる。

12.名無しさん2019年01月22日 12時50分
感想
11.名無しさん2018年08月11日 22時05分
感想

このイベントの内容はフェラル化した戦前のご近所さんVSレイダーというもの。
レイダーが3、4人に対し6、7人のご近所さんのため、序盤こそ火炎ビンが決まると
レイダーが優勢になるが、高レベルご近所さんになると勝ち目は殆ど無い。

どうもこのレイダーは伝説化しやすいようで、運が良いと棚からぼた餅で
レジェンダリー品を手に入れることが出来る。ご近所さんは伝説化しないようだ。

10.名無しさん2018年08月11日 18時44分

MODなどの影響によるおま環かもしれないが、
戦前のサンクチュアリVault101条網前に皆が集まっているときに話しかけると、
Mrs.サムナーエレノアMr.パーカーはパトリックというようにセリフ表示についている名前がファーストネームになっていた。

9.名無しさん2017年12月29日 17時16分

本来ランダムイベントだから複数個所で発現するんだろうけど、うちは周回しても
Vault 81からネコを探しに行く途中にあるダイナーでしか遭遇したことがない
他所でも出ているのに気づかずスルーしてしまっているだけかもしれんが、
出ていたら向こうから熱烈歓迎してくれると思うのだがどうなんだろ

8.名無しさん2017年09月23日 01時21分
7.名無しさん2017年08月30日 16時52分

>>6
一応子どもの方も登場しないがグール化もしくはフェラル化しているみたい。

コズワーズとの最初の会話に一週間以上前にハロウィンの格好をしたMrs.ローザ息子を見かけたと言っていた。子供を放っておくとは何という人でしょうとMrs.ローザを非難して続いて貴方様の御家族は違いますよ。と言ってたはず。
という事はローザ息子はどこかでさまよってるのかもしれない。

6.名無しさん2017年08月30日 01時04分

忘れられがちだがMrs.ローザという人物もいる。サンクチュアリの密売人のターミナルレッドロケットターミナルで言及される人物で、オープニング時には名前は登場しないものの子供を連れている姿が見られる。彼女も例に漏れずフェラル化している。
しかし子供はどうやら大人の事情でフェラル化しなかったようだ。
ちなみにサンクチュアリワークショップがある家が彼女の家である。
そのほか、郵便ポスト戦前の住人の名前が残っている。それに気づいて気分が沈んだのは自分だけではないはず。

5.名無しさん2017年05月26日 23時02分

自分の所の環境だけなのかは分かりませんが
クループ家の付近でちょくちょくレイダーさんと元ご近所の皆様がじゃれあっています(なお、レイダーは転がされる模様)

4.名無しさん2017年05月25日 23時20分

先日二組ずつの近隣住民に襲われるという稀有な体験をした。

ランダムイベントで「フェラル化した近隣住民」が発生(倒さずスルー)

同じランダムイベントポイントで「フェラル化した近隣住民」が発生(戦闘)
という流れと思われる。

Mr.パーカー,Mrs.パーカー,Mr.ドノヒュー,Mrs.ドノヒュー,Mr.サムナーがそれぞれ二人ずつタッグで襲い掛かってくる光景は大変シュールだった。

3.名無しさん2016年07月20日 20時52分

再会した喜びからか、主人公を見かけると凄い勢いで抱きつこうとしてくる

情けは無用なので成仏させましょう

2.名無しさん2016年07月20日 20時11分

最終的には自分と同じレベル焦げたフェラルグールの集団となる。
こちらのレベルが上がれば上がるほど強化されていきレベル100以上ともなるとそのラッシュ能力の高さと相まってウォーロードだろうがコーサーだろうがスターパラディンだろうが問答無用で殴り殺せるようになる。

1.名無しさん2016年05月11日 05時55分

その名のとおり、フェラル化したサンクチュアリ近隣住民と遭遇するランダムイベント
フェラル化する前の彼らには戦前サンクチュアリで少しだけ出会える。
Vault111リストから漏れたのか、それとも間に合わなかったのかは不明。なお、出会えるのは、Mr.パーカー,Mrs.パーカー,Mr.ドノヒュー,Mrs.ドノヒュー,Mr.サムナーの5名。

なお、ブルーは彼らに出会っても一切リアクションを起こさないので、戦前の住民の名前を憶えてる人以外には『何故か名前のあるフェラル・グール』程度の印象しかない。

ちなみに、イベント自体がリスポンし彼らも一緒にリスポンしてしまうため、いくら殺しても再び出会える。
なお、出会った際の種類はリスポン毎にランダムなので、次に会う際には焦げだしたり発光したりする。

関連用語について
コメントを投稿する
2231



ページ上部に戻る