Wastelanders

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年06月11日 01時13分

"入植者レイダーの勢力が、アパラチアの掌握あるいは噂に聞く宝の入手を画策しています。誰を味方にするか、すべてはあなたの手に委ねられ、その選択が彼らの運命を左右します。入植者レイダーの両方が、特別な仲間やストーリー、新登場となる豊富な武器やアーマーを携え、あなたの目の前に姿を現します。「Wastelanders」は、きっと『Fallout 76』におけるあなたのプレイ体験を一変させることでしょう。"

2019年秋に行われる新要素アップデートの総称。
ひとつ前の2019年夏アップデートは『Nuclear Winter アップデート』である

スケジュールは判明次第記載予定

2.名無しさん2019年06月11日 08時23分

レジデント以外の人間が存在しなかったアパラチアに善人も悪人も帰ってきた!
恐らくメインクエストの最後でスコーチビーストの巣を核ミサイルで破壊し、スコーチビーストクイーンレジデントが総力を結集して倒した事でスコーチ病の驚異が薄れ再び居住可能な地域となったのだろう。
後日談という点では3のBroken SteelみたいなDLCかもしれない。

3.名無しさん2019年06月11日 12時12分
感想

将軍チーム総支配人チームのどちらに付くのか問われている気がする
そして、こう書いてしまうと大多数がレイダーに味方しそうな気がする

4.名無しさん2019年06月11日 17時32分
感想

(少なくとも地上からは)スコーチが根絶され、各地の割れ目やスコーチビーストも居なくなり、連日連夜核攻撃警報が鳴り響いてはプライム地点へ赴いていた日々もなくなるのか、
あるいはそれはそのまま残した上で、サバイバルやバトロワのような追加モードとして実装されるのか。

スコーチは根絶されたのか、後々もっとやべー連中が湧いてくるまでの一時の平和?に過ぎないのか。

Vault76監督官の消息は、明らかになるのか。
生きたNPCとして現れる事はあるのか。

入植者レイダーも、双方とも単純な一枚岩という訳でもないだろう。さらに複数のVaultホワイトスプリングスのエンクレイヴBoSだって戻って来るかもしれない。どうせまた碌でもない宗教だって出て来るだろうし。

スコーチは(一時的に?)居なくなっても、地獄は続く。wktkが止まらないなあ。

5.名無しさん2019年06月11日 22時24分
感想

ピッツバーグの惨状を見る限り復興がうまくいくかどうかは分からないが…それでも守りたい世界があるResidentは多いだろう
アパラチアの未来は君の手に掛かっているのだ

6.名無しさん2019年06月12日 00時33分
感想

>>5
ピッツバーグの惨状はBOSの"浄化"による影響が強いので、かつては……と思ったけど"浄化"前のが更にヤバい設定だったな。
トロッグは遺伝子変異したレジデントの成れの果ての一つの可能性が……?

7.名無しさん2019年06月12日 11時24分
ネタ

スコーチビーストという化け物も居なくなり豊かな自然が残る中、復興を目指すVaultがあると聞き付けてやって来た入植者が見たものは…

有袋類で常人より高速に動くスピード狂で、筋肉はねじれて鱗状の皮膚を持ち、常に副腎反応でハァハァいっている人間?達であった!

8.名無しさん2019年06月12日 13時19分
感想

>>7
しかも結構な割合で血に濡れた武器を手にして彷徨っているのだ
他にも薬物中毒まみれなヤバイ奴も…あっこっちは普通のウェイストランド人だわ

関連用語について
コメントを投稿する
7770