別名称一覧:
  • Pitt
  • ピッツバーグ
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
Expeditionsアパラチア以外のエリア
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
24.名無しさん2022年10月04日 16時27分
感想

PITTで活動するピット連合ファナティック共にPAパーツの外装を利用した防具を使用している
流石は共に製の町出身といったところだろうか?

23.名無しさん2022年10月03日 01時14分

ベルチバードで移動しているので遠い場所(現実だとモーガンタウンから直線距離で90km以上)にあるはずだが、都合上ラジオはすべて聞くことができる。全国区のアパラチア・ラジオクラシック・ラジオはともかく、地方局のレイダー・ラジオレスポンダーキャンプまで受信できる。これは探検へ出発した場所ラジオを読み込んでいるためだと思われる。
ちなみにHunter/Huntedステーションも受信可能。ピットで開始しても大丈夫なのか?

またイベントの通知も来ないと思いきや、サンズ・オブ・デーンの自動警報、Death from Aboveクリアスコーチビーストクイーン恐怖が終わったときの通知(Event:Scorched Earth)は届く。最後は電波ですらないのだが…

メモホロテープ以外にも、雑誌ボブルヘッドキャップ箱もしっかり配置されていて、探し甲斐は十分にある。コンテナを漁れば技術データも見つかる。

22.名無しさん2022年09月15日 21時41分
感想

Expeditions: The Pitt アップデートで遂にマップとして登場した。

戦前はスティールシティと呼ばれ、米中戦争時は武器、弾薬ロボットベルチバードパワーアーマーを製造していた。そのため最終戦争では集中的に攻撃された。
戦後は空はよどみ、空気は灰で汚れ、放射線太陽のように降り注ぐ。水は飲めたものではなく、建物はなぎ倒され、定期的にラッドストームが発生する。そこにトロッグといった凶暴クリーチャー、残虐非道なレイダーファナティックが流入し、住民は無惨に殺されるか難民として故郷を後にするしかない。連合の代表者であるスキッピーですら「地獄」であることを認めている。

「天国に最も近い場所」とも呼ばれるウェストバージニアアパラチア)からそこまで距離はないはずだが、ここまで天国と地獄だとは…
悲しいことに、どう転んでも未来はまた地獄になってしまうのである。
そして不思議なことに、未来でもこの街をウキウキで探検するVault居住者現れるのである…

21.名無しさん2022年08月13日 10時20分
感想

>>20
トロッグはウィルスではなく固有の風土病によるもの。
さらに戦前のピッツバーグの工場からの汚染そのものが影響しているようで
戦前でも似た症例があったらしく、一種の公害病に近いもののようです。

また3ではレイダーたちが奴隷食料としてトロッグと現地の汚れた水を混ぜた
エサ」を与えるなどしていたので
トロッグが人を食べる
・人がトロッグ汚染水を食す
という短期間のサイクルを繰り返すことによる
生物濃縮が原因とも考えられる
実際ピットでは現地で産まれる子どもは死産かトロッグかの二択といわれていた

おそらくresidentVault76から出た時点で
ピットは人が最低限度の生活を営むことすらままならない
人が人を食い、汚染水をそのまま飲むのが当たり前になっていたのでしょう
忘れがちだけど戦前から25年経っていることを考えれば、矛盾はしないと思います

20.名無しさん2022年08月07日 16時23分
感想

既にお気付きの人もいるかもしれないがピットには3の頃にはトロッグになるウィルスが蔓延していた、そしてそのトロッグはトレイラーを見るに今回も登場するようだ
だが待ってほしい、76と3とでは百年単位で時代が違う上治療法もまだ発見すらされていない
そんな頃からウィルスが蔓延っているのに3までピット外に広がっていないのはおかしくないだろうか
他にも気になる点はあるしこういった矛盾は今に始まった話ではないが
気になる人は気になるかもしれない…

19.名無しさん2022年05月14日 23時02分
感想

fallout3はやった事ない(動画+ウィキ)けど楽しみですね。新しいパワーアーマーとかインフェルトレーターでしたっけ?とかの新武器は個人的に期待してます

後、トロッグって確か元が人間で感染?伝染?するし片言だけど喋ってましたよね?
・・・そういえば今作にも似たようなヤツがいたような・・・。

悪魔合体しないよね?

18.名無しさん2022年03月30日 00時22分
感想

テイラー家の話を聞いていると、どうやらレイダーらしき組織が存在する模様。奴隷を使役しているという話もあるので、ある程度の勢力はあるようだ。
天罰の項目によるとB.O.S.介入するまでは生存者クリーチャーによる熾烈な生存競争が行われていたようなので、現在でも相当ヤバい状況なのだろう。

もっとも1番の懸念は現地のクリーチャーピットレイダーでは無く、B.O.S.天罰部隊以上の武力とスカベンジ力を持ったアパラチアミュータントが多数侵入することで、ピットの生態系が崩壊しかねないということである…

17.名無しさん2022年03月23日 02時03分

FALLOUT3 The Pittストーリー概要:
※物語にはいくつか分岐があり、以下が正史とは限りません。悪しからずご了承ください。


いつものようにキャピタルで大暴れするVault101のアイツ
ある日ラジオから緊急信号を受信し、追っていくとPittから逃げ出してきた奴隷ワーナーに出会う。
奴隷制には断固反対の101のアイツ
奴隷解放のため、奴隷に扮してその地へ潜入する。

到着すると街はひどく汚染されており、人間は支配層と労働層に分かれ、支配層であるレイダーたちが近隣の地から次々に人をさらってきては製鉄所で働かせていた。

独特の風土病も広がっており、そこに住むほとんどの人の肌は火傷を負ったように酷くただれていた。
病状が悪化すると、凶暴性が促進されたワイルドマンへ、そして更に感染が進むと知能が低下し人肉が好物のトロッグへと成り果てる。
101のアイツのミッションは奴隷解放だけでなく、Pittボスが持っているというこの『病気治療法』を手に入れる事も目標となる。

なんじゃかんじゃあっておなじみ脱奴隷アリーナ戦を勝ち進み優勝する101のアイツ
晴れて奴隷という身分から脱し、ボスであるアッシャーと謁見。
アッシャーはかつてその地を一掃したB.O.Sの一員だった男だと判明。
再建を試みるも劣悪な環境のため子供が作れず、街の再建にはレイダーだろうが外から人を呼び込んでくるしかなかったのだと言う。

研究室に行くと、感染症治療の研究者でありボスの嫁でもある白衣を着た女と赤ん坊が。
その赤ん坊が生まれつきの免疫を持っており、その赤ん坊こそが目的の『治療法』だった。
赤ん坊を奪い、レイダーに後を追われながらも脱出。
自陣側の研究者に赤ん坊を渡す。

仕上げにPittトロッグを放ち、レイダーvsトロッグvs奴隷の三つ巴の大抗争が勃発。
混乱の最中、101のアイツアッシャーを殺害。
街は奴隷たちのものとなる。
死体で埋め尽くされたPittの街を眼下にしながら、ワーナーが新たな独裁者の誕生を予感させる歪んだ歓喜を垂れ流し、物語は終了する。

16.名無しさん2021年11月14日 18時48分
感想

PVのガイガーカウンターの音は実装前からこれだけガリガリ聞こえるレベルだよと言いたいのだろうか。

15.名無しさん2021年10月05日 02時17分
感想

もし設定のままに汚染され、PVのようにガイガーカウンターが鳴り続けるのなら、ここに重大な問題が生じるのである。

血濡れ不屈勢が即死するのである!!!!

なおPAマンWhat Rads?Ghoulishは逆に元気になる模様。

14.名無しさん2021年08月30日 13時37分
ネタ

鋼業が盛んな町らしいので、ピッツバーグ1の鍛冶職人とお近づきになったレジデントが厳しい環境に適応するために自身の装備にピッツバーグによるエンチャントを施してもらう。
...これが★5レジェンダリーである。

もしくは、高濃度の公害と放射能汚染により、レジデントに新たな変異が発現するッ!

という展開を妄想しています。わくわくが止まらない!

13.名無しさん2021年07月31日 17時22分
感想

>>12
国の復興には国民が必要だからなぁ
150年後にはレジデント繁殖しまくってたんやろやぁ

12.名無しさん2021年07月31日 16時26分

Fo76で何が起こるのかは分からない。

だが、約150年後の2255年にはリオンズ率いるB.O.S.による消毒作戦「天罰」が実施される。これは既定事項。
この天罰により当時のピットにいた成人は皆殺しにされる。
というより数人の子供を除いて変異の兆候がない個体はおらず、街を解放するにはそうせざるを得なかったと語られる。

Fo76で何が起こるのかは大体分かった気がしてくる。

11.名無しさん2021年07月19日 16時30分

駄女神に仕える飛べない天使の少年

ではなく、Fallout3DLC "The Pitt"の舞台
ペンシルベニア州ピッツバーグである。
名前の由来はピッツバーグの看板から文字が脱落して
Pitt」となったから…とのこと
2277年時点ではレイダーが支配していたが
Fallout76の時代ではどうなっているのか…

10.名無しさん2021年06月15日 13時45分
感想
8.名無しさん2021年06月14日 04時24分
感想
7.名無しさん2020年07月04日 02時05分
感想
6.名無しさん2020年06月24日 21時39分
感想

ピットの金塊集めでビル登って頂上から見渡すとまさにこれぞという風景である…
おぞましく著しく人間の尊厳を侮辱&穢すドロッグ変異とそれに食われそうになる兄、とろっぐや死体奴隷に与える
支配層は道徳観念が歪んだ正義の王(元BOSアウトキャスト)とレイダーたち、それを倒して解放して民主的な集まりにしても
外敵の脅威もあり俺たちの戦いはこれからだend
などなどまさに終末的破滅的世紀末的な危機感や心揺さぶられるfalloutである
人によっては見たくもない土地人によってはまたこんな刺激がほしくなる土地でもある

5.名無しさん2020年06月23日 10時43分

ピットとアパラチアとの直接的な繋がりとしてはピットからアパラチアに流れるオハイオ川が挙げられる
>>3 が指摘する通りピットでは飛び込めば即死するレベル放射能汚染されてるオハイオ川だがアパラチアまで来る頃には少しカリカリ言う程度で済んでいる

4.名無しさん2020年04月30日 22時47分

重点的な攻撃を受けたとみられるピットの状態はかなり酷く
本作Fallout76より150年以上未来の話であるFallout3の時代であっても
都市全体が放射能で汚染され、川は触れただけで即死する程。
そこに住む人々はフェラル・グールの亜種のようなアボミネーショントロッグ変異する驚異に曝されており
ピットで生まれる新生児は死産かトロッグになるかのどちらかという悪夢のような土地である。

そんな場所と比べたらアパラチアは楽園に思えるだろう

3.名無しさん2020年04月19日 14時10分
感想

生き残った人的資源をかき集めて武装されるから
敵の生産拠点は徹底的に耕すのでしゃーない

2.名無しさん2020年04月18日 17時47分

この他にもレイダー側のルーもここの出身であることが語られており
放射能汚染が酷く住人の大半がフェラル及びグール化しているとのこと

1.名無しさん2020年04月18日 02時00分

Fallout3DLCThe Pitt」の舞台となった都市のこと。かつてのペンシルバニア州ピッツバーグがいつの間にかこのように呼ばれるようになったらしい。
現実の地図で言うとウェストバージニア州の北に位置している。

Fallout76に置いては、ファウンデーションに住んでいる家族がここ出身であることを述べている。いわく、北の方はクレーターだらけで地面から生えるものも放射能まみれであるらしい。そこに比べればアパラチアは厳しいけれどチャンスがある、とのこと。

関連用語について
コメントを投稿する
9047



ページ上部に戻る