シートー

Nuka-World
別名称一覧:
  • シト
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
アニマルNuka-World
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2016年10月11日 14時45分

サファリアドベンチャーグールリラに育てられた屈強な男性。
長年人間と会話しなかったため覚束ない話し方になっている。
パーク内に発生するゲータークローの脅威に困っているところに、支配人がやってきたことで利害の一致から協力することになる。
ボードとボロ一枚でゲータークローに立ち向かうあたり、彼も十分超人の域にいると言える。
名前の由来は動物記で有名なシートンだろうか?

パークの平和と家族の安全を取り戻すとユニークバットシートーシャイニースラッガーをくれるが、何故か自分は使わない。

2.名無しさん2016年10月11日 15時39分

配信直後はチートだったりシトだったりと、名前がゲーム内でブレまくってた。

また、彼から貰えるユニークバットシートーシャイニースラッガー』は、翻訳修正前に『シトの輝かしい主砲』なんて意味深過ぎる誤訳をかまされていた。

聞く人によって聞こえ方が変わる英語をカタカナにする際にぶれるのは、まぁ仕方ないとして、『輝かしい主砲』なんて…翻訳者さんガバガバである。…あ、そういう意味じゃないです。

3.名無しさん2016年10月11日 15時46分

長年人間の文化から離れてはいたが、死者を弔うことはできる様子
彼らの住処の傍には、ある人物の墓が存在する

4.名無しさん2016年10月11日 19時03分

彼の装備している「ワイルドマンのぼろきれ」は「STR増加(+2)、近接強化」の効果の付いたユニーク品でありながらスリ取ってもリスポンするので根気があればワイルドマン村を構築することも可能。
カミソリビリヤードキューが似合いそうな一品。

5.名無しさん2016年10月11日 19時48分

彼こそFallout界のターザンであり、コナンザグレードである。
実際彼にはハンマーより、マチェット中国軍将校の剣が似合う。

6.名無しさん2016年10月11日 21時55分

園内に残されていた様々な書物から知識を得ており、ある程度の説明能力は持っている。

7.名無しさん2016年10月12日 01時18分
8.名無しさん2016年10月12日 01時24分
9.名無しさん2016年10月12日 02時09分

彼のレベル主人公と連動しており、装備する武器は初めてサファリゾーンを訪れた際の111のレベルに準じて変更されるため、何度もダウンしながらボードで怪物に挑み続ける哀戦士から、スーパースレッジで次々に敵をなぎ倒すグロッグナック顔負けのバーサーカーまで幅広い姿を見せてくれる。

10.名無しさん2016年10月12日 02時24分

幼少期に両親を亡くし、その後はグールリラ達に育てられたため、ゴリラ語(グールリラ語)というAnimal Friendを取得した111やリディアもびっくりのスキルを体得している。

11.名無しさん2016年10月12日 04時09分
12.名無しさん2016年10月12日 09時46分
13.名無しさん2016年10月13日 12時06分

英語とゴリ語を話せるバイリンガル

彼を倒すとブラッディメスを取得してなくても肉片になる事がある

14.名無しさん2016年10月13日 19時32分

爆発系武器で誤爆すると即敵対するため、共闘するときは使わないようにしよう。

15.名無しさん2016年10月13日 21時05分

彼の家族であるグールリラを殺害しても、説得に成功すると許してくれる優しい男

16.名無しさん2016年10月13日 21時29分

シートーがコンパニオンになってくれたらどんなに嬉しかったか、ドッグミートに次ぐ癒しキャラかも知れない

17.ストロング2016年10月13日 23時31分
18.名無しさん2016年10月14日 20時07分

サファリゾーン制圧時の最後にはレイダーと共存させる提案(スピーチチャレンジ)が可能。
嬉しそうなシートーの期待とは裏腹にやって来るのは変な連中だが、意外と仲良く(?)やっているようだ。

19.名無しさん2016年10月15日 17時00分

どのレイダーギャングと共存させても彼とその家族に危害が及ぶことはない。
いかに凶暴なレイダーといえども銃も使わずに半ゲータークローと渡り合える人物に手出しするのは危険と判断したのだろうか。

オペレーターズをサファリゾーンに配置すると、仲間に引き入れようとしたのか彼にターミナルの使い方を教えようとしていたことがシートーの口から聞ける。
まあうまく使いこなせず怒って壊してしまったらしいが・・。

20.名無しさん2016年10月15日 17時09分

ゲータークローパーク内に溢れかえるようになった元凶であるDr.マグダーモットが満身創痍で彼の元を訪れた際も手当てしようと試み、死んでしまったあともゲータークローの餌などにはせずちゃんと埋葬して弔うなど、並のウェイストランド人では及ばない倫理観を持った人物である。
グールリラ達は良い育て方をしたようだ。

21.名無しさん2016年10月17日 07時24分

それに比べ連邦の空気に染まった111ときたら・・・

[邪悪な欲求に屈しました]

22.名無しさん2016年10月18日 20時23分

Dr.マグダーモットがやって来てゲータークローを生み出した張本人だと知った時はさすがに怒ったようだが、その後の対応は >>20 の通り。
適切な喜怒哀楽の表現もしっかりできるあたり、グールリラの教育は本当に凄いものである。

23.名無しさん2016年10月20日 03時18分
24.名無しさん2016年10月20日 10時02分

パックスの連中をおかしな格好と評して笑っちゃうくせに自分はいつまで経ってもターザンスタイル

25.名無しさん2016年10月20日 10時24分

正直レイダー殲滅ルートでゲイジが死んだ後はコンパニオンにしたいくらいのいいやつ
助けてくれたとはいえブルーに唐突に「他の連中を住まわせたい」と言われても「新しい友達ができるなら」と快諾してくれる

26.名無しさん2016年10月20日 12時28分

パックスのことは家族みたいで好きと言うが、ディサイプルズのことは怖い、良くわからないと言う

27.名無しさん2016年10月20日 13時21分

オペレーターズは彼を見世物にしそうだし、ディサイプルズは丈夫な玩具扱いにしかねないと思いパックスにサファリゾーンを任せた俺の判断は間違っていなかった。
彼にはサファリゾーンの守護者として末永く平和に暮らしていって欲しいものである

28.名無しさん2016年10月21日 15時08分

少なくとも日本的には「新しいお友だちがやってくるの楽しみ!!」っていうのは場合によっては濃厚な不穏フラグ臭プンプンなのだが(しかもやってくる連中がレイダーというとても素敵な方々と知ってるので)心配だったが、案外上手くやっていけてるようでよかった

29.名無しさん2016年10月27日 14時18分

私の環境だと、なぜかミニガンを装備していた。付近でミニガン持ちが死んでいてそれを取得したのだろうか? いずれにしても銃を持たせてもしっかり使ってくれるようだ。グールリラは射撃訓練まで彼にさせたのだろうか・・・?

30.名無しさん2016年11月04日 01時13分

彼はどこの勢力下でもひどい目にあうことはないが、一番相性がいいのはパックスであろう。その証拠にシートーは彼らのことを優しくて新しい家族みたいだと語っている。
パックス側からは感想を聞くことができないが、シートーの反応を見るに新しい仲間として受け入れているようだ。

31.名無しさん2016年11月12日 22時37分
32.名無しさん2016年12月03日 07時18分

>>26
ディサイプルズが女ばかりなんでビビってるのかもしれない。
これまで女っ気なんか全くなかったであろうところに肉食系女子が大挙して押し寄せたらそりゃビビるわ。

これまで文明社会から離れていた蛮族が女の子に囲まれて云々…エロゲかな?

33.名無しさん2016年12月12日 14時10分

ぜひともSTR極振り111、ストロング、シートー、クリスの脳筋4人パーティーでサファリゾーンを冒険してみよう。

ゲータークローが可哀想に思えるほどリンチしてくれる。

34.名無しさん2017年02月15日 23時03分

彼の生い立ちはターザンのパロディだが、顔だちやヒゲの形、ファッションなど
ルックスは『ゲームオブスローンズ』に登場するカール・ドロゴに寄せてある。
ヒゲや髪の毛を長く伸ばして結ぶのはリソース上できなかったようだが・・・)

父がマルコス、母がイメルダというのはフィリピン大統領夫人の
イメルダマルコスからの引用だと思うが、なぜそこから持ってきたのかは不明。

35.名無しさん2017年02月18日 23時01分

グログナック・ザ・バーバリアンの服を取りに、
連邦に駆け戻る将軍がいるとかいないとか…。
特殊なセリフは発生しないが、
シートーと会話する光景はほんわかするものである。

36.名無しさん2017年04月12日 07時36分
感想

パックスは自主性第一で、あらゆる意味で個としての強さを重視する集団である。

野生を象徴するような力に満ち、しかし家族の絆という芯を持って真っ直ぐ生きる彼は、そんなパックス価値観から見ても尊重すべき男なのだろう。

37.名無しさん2017年06月07日 00時00分
38.名無しさん2017年09月01日 08時36分
39.名無しさん2017年10月12日 11時37分

制圧後に「立ち去らせる」と、家族を残して一人でトボトボと去って行ってしまう。
この選択肢でよかったのか・・・。

せめて家族と一緒に出て行けばいいのに・・・・・・。

40.名無しさん2017年11月13日 12時31分

未だに「シト」と「シトの輝かしい主砲」は直されていない・・・(英語版10.40の日本語訳)

41.名無しさん2017年12月10日 03時27分

>>32
ディサイプルズは真性のサイコパス集団なので...
純粋なシートーからしたら普通にこわいのでは...?

シートー家族きずつけたらゆるさない

42.名無しさん2018年01月15日 11時00分

>>18
事前にレイダー殲滅ルートを完遂していてもこのチャレンジができる
はて、墓地にでもするのだろうか?

43.名無しさん2018年02月06日 01時20分

>>40
ここで語ることじゃないが、STRINGSファイルが修正前だからそうなる。
ちゃんと日本語版をアップデートしたものと差し替えると直る。

44.名無しさん2018年05月24日 01時37分

どうやらサファリアドベンチャーに近付くと主人公を追い掛けて来るスクリプトが組まれているらしく、一旦サファリに近付いて離れてもある程度追い掛けて来る。

(ワールド・オブ・リフレッシュメント北の瓶詰め工場やアングリーアナコンダ発電機の所まで来た事がある)

45.名無しさん2018年07月15日 16時33分

ものすんごいムッキムキである。
野生の中で培った『本物』の筋肉なのだろう…

46.名無しさん2018年07月17日 20時19分
感想
47.名無しさん2018年08月04日 19時46分

爆発のミニガンで誤爆してしまい、説得に成功したものの「一人にしてほしい」しか言わなくなってしまい、クエストが進められなくなってしまった。コンソールコマンドでどうにかならないだろうか?

48.名無しさん2018年12月25日 23時33分
感想
49.名無しさん2019年01月20日 17時26分

カタコト原始人のようだが、アングリーアナコンダについて訊ねるとすぐ答えに行き着いたり、マクダーモットの話を正確に覚えていたり、なにかと話は早い。「ここの化け物を倒したからって、よそにも化け物はいるんだぞ」という111の厳しいセリフにも「分かってる、勇気を持つ」とすぐに落ち着いた返事をくれる。
人間の家族や友人がおらず、教育を受ける機会が無かっただけで地頭は良さそうに見える。
マクダーモットの寿命がもう少し残っていれば、色々知りすぎた老人グールとシートーの良い感じの交流エピソードが色々と生まれたんだろうな。

51.名無しさん2019年01月31日 18時47分
感想

DLCリリースから相当時間が経っているが彼の名前の由来について、考察を含めて記します。

シートーのメモが全てとなるが彼はおそらくスペイン語圏の人種の家系だったのではと思われる。

スペイン語の名詞や人名、ほぼ全ての語尾に-cito(シート)/-cita(シータ)と付けることができる、この語意は英語のlittleにあたり、若いという意味や愛しいという意味を込めて付けられた名詞を”~ちゃん”という感じに変える。
スペイン語には男性名詞と女性名詞という概念があり、男性の場合に対しては-cito、女性には-citaとなる。例:Taroucito 太郎ちゃん

言語版citoのメモの冒頭ではこうある。
「If you're reading this note, then you've met Marcosito. His father, Marcos, was killed in a Super Mutant attack on our settlement, -以下略」

Marcositoの読みは公式日本語訳でマルコシトとなっているが、本来はマルコシートであり意訳すると"私のかわいいマルコスちゃん"というような意味となる。
スペイン語文法の話になるが元から名詞の最後が"s"で終わる場合、その後にこの-cito/-citaを適応する場合は-scito/-scitaとはならずに"c"を元からある"s"で代用して-sito/-sitaとなる。(発音は元と同じシート/シータ)

このことからおそらく彼の本名は彼の父と同じくMarcosである。
メモから時系列を読み取ると父がスーパーミュータントによる襲撃の際に亡くなり、母は襲撃の際負った怪我で後から亡くなった後、彼は天涯孤独になったことになる。
もしかしすると襲撃の起こったその時はまだ彼には名前が授けられておらず、亡くなった父親マルコスの名を母親イメルダが避難した後で与えたものかもしれない。

メモの後半になるとMarcositoのことをCitoと書いており、言葉の意味では"~ちゃん"だけというよく意味のわからないものになってしまうが、その後彼の世話をすることになるメモの読み手が名前を覚えづらいと考えて置き換えたのか、または両親がとにかく息子を愛していたことを息子がシートの意味から自分で気づけるようにあえて置き換えたのか。
しかし彼が住む現在の連邦では英語が主なためそれも難しいだろう。

個人的には感慨深いイベントであった。

52.名無しさん2019年02月22日 11時05分
感想
関連用語について
コメントを投稿する
3539