イベントクエスト

別名称一覧:
  • Event
  • パブリックイベント
  • イベント
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
Event
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
12.名無しさん2020年07月03日 01時21分
Update情報

もともと債券目当てでイベントクエストの参加者は増加傾向にあったが、
パッチ20パブリックチーム(各種XPボーナス目当て)とFallout76シーズン経験値稼ぎ、チャレンジ達成目当て)の実装に伴い、パブリックイベント・非パブリックイベント共に参加者がさらに爆増。
サーバーや時間帯にもよるが、特にパブリックイベントは難易度Easy〜Normalのものでも3人〜10人程度集まるケースも出てきた。


参加者が増えたことにより、防衛タイプに多い「参加者の数に比例して敵の数が増加する」調整を受けるイベントクエスト難易度がやや難しめになったものもある。
言い換えれば上手く捌ければ経験値稼ぎのチャンスとも言える。
なお、参加者が多い場合、伝説級はどうしても取り合いになりがちである。

11.名無しさん2020年04月30日 21時29分1
Update情報

Wastelanders実装に伴い常設パブリックイベントではWastelandersメインクエスト完了済みプレイヤーのみ債券が報酬として追加で貰えるように成った

10.名無しさん2019年10月27日 11時44分1
Update情報

パッチ14でパブリックイベントの発生間隔が30分→15分に変更された。(Event:Scorched EarthEncryptid期間限定イベントクエストは独自のタイマーで管理される)

クールタイムが完了しても発生しているパブリックイベントがある場合はそのクエストが終わり次第次のが発生する。

9.名無しさん2019年10月22日 19時05分
Update情報

現在は通常イベントとパブリックイベントで明確に分離され、パブリックイベントの方は発生するとログが流れ、また合わせると経過時間や参加人数が見れる。
さらに参加にキャップを支払う必要がなくなっているので、いつでも気軽に参加できる。

8.名無しさん2019年03月09日 11時56分

そのロケーションを開放していなくてもイベントクエストに直接FT、という特性上やろうと思えばレベル一桁でもワトガEvent:Monster Mush、オススメはしないがEvent:Scorched Earth)に行くことが出来る。
いやまあレベル一桁でワトガに行けたからと言って何が出来るわけでもないが、最初期からベンダーを多めに開放することはできる。
自分はその方法でワトガに行き、公務員に襲われた。

7.名無しさん2019年03月09日 10時28分

以前は報酬の装備品は地域レベルの影響を受けていたが、いつのまにかプレイヤーレベルに依存するようになったようだ。

これはレジェンダリも例外ではないため、運がよければProtest March等の序盤エリアのイベントでもレベル50のレジェ武具が出ることもある。

6.名無しさん2019年01月03日 14時20分
感想

ファストトラベルで飛んできた瞬間イベント失敗したり、そもそもイベント自体が無かった事にされていたり、あるいは何の作用か全然違う地点に飛ばされていたりする場合が多いのでFT分のキャップが無駄になるのが怖くて中々参加できない。

5.名無しさん2018年12月25日 01時22分
感想

共闘するイベントなのに報酬のうま味を減らすとかいう、メインクエで散々協力する事信じる事を推すゲームにあるまじき所業。
結果的にやってもしょうがないしキャップ払ってまで飛んでいくほどでもないという感じで人が集まるイベントクエストがだいぶ減ったように感じられる。

4.名無しさん2018年12月25日 00時57分
ネタ

元ガーディアンの諸兄に分かりやすく言うと公開イベント
ただし、あちらと違って手順を踏むと報酬が良くなりより強い敵や敵のラッシュが激しくなる英雄化なんてものは無い…

3.名無しさん2018年12月17日 19時13分

大半のイベントクエストでは参加人数(あるいなレベル合計の可能性も)によって難易度が変動するようになっているようで、基本的に参加者が多いほど多数の敵が出現するようにして難易度調整が行われている。

ただしEvent:Powering UpEvent:Defendのように参加人数で変動しないものや、
Event:Tea Timeのように参加人数が多いほど(なぜか)敵が少なくなるものもあるため、全部が全部難易度が引き上げられる訳ではない。

1.名無しさん2018年11月25日 08時15分

クエストの1種。
発生地点周辺にいるプレイヤー全員で協力して参加できる特殊なクエスト。パブリックイベントと呼ばれることも。
参加中はQuestタブのEVENTで概要を確認可能。
クリアするとその場にいる全員が報酬を獲得できる。
 
基本的には発生地点にプレイヤーの誰かが近づくと発生するようになっており、発生するとマップ上で六角計のアイコンで表示されるようになっている。(Defendなど、例外的に発生地点にいなくても発生するものもある)
地図上で六角計のアイコンに合わせて決定ボタンを押すと距離に応じたキャップを支払ってファストトラベルする事も可能。
このファストトラベルはイベント発生地点のロケーションを発見していなくても行える。
 
一部を除き、大半のイベントクエストには制限時間が設定されており、設定された時間を過ぎるとイベント失敗(クエストによっては小成功のような扱いになるものもある)となり、報酬が何も貰えなくなってしまう。
また、防衛対象が設定されているものは破壊されると原則的に失敗となるが、クエストによっては全て破壊されると失敗になるもの、破壊されてもjunk修理できるものなど様々なタイプが存在する。
 
チームを組んでいないプレイヤーはイベント参加者全員でチームを組んだ時と同等の扱いになっており、名前の色が濃い黄色に変化し、V.A.T.Sの対象にできなくなる。フレンドリーファイアPVPへの発展も発生しないとされているが、未確認。
ソロでも何とかクリアできるものが多いが、大半のイベントクエストで敵が大挙して攻めてくる関係上、敵が強くなる中盤以降は難易度が高くなってくる。
 
報酬はキャップ経験値、アイテムが主。クエストによっては更に何かしらの特典がつく場合もある。
場合によっては設計図レジェンド装備など貴重なものが手に入ることも。
大抵のイベントクエストで回復アイテムが手に入り、キャップファストトラベル代を賄える程度に貰えるものが多いのでクリアできそうなものなら積極的に参加するといいだろう。

関連用語について
コメントを投稿する
5453



ページ上部に戻る