スピーチチャレンジ

別名称一覧:
  • スピーチチェック
  • スピーチ
  • 脅迫
  • 脅す
  • 値段交渉
  • 交渉
  • Speech Challenge
  • 説得
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
ゲームシステム
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年03月29日 18時50分

falloutの世界には、情報、キャップ、妥協点等を簡単には渡そうとしない者もいる。
そう言う時に使うのがこのスピーチチャレンジである。
今作は、黄、オレンジ、赤の3色で難しさが分かる。(自分のcharismaが高ければ赤でも成功しやすい)
今作にはspeechパークが無い為、Charismaの値によって可否が決まる。直接戦闘に関係無いと思ってCharismaを低く設定してしまうと多くの場面で泣きを見る事になる。脅してを要求する、値切る、嘘をつくなど攻撃的な目的の為にも使えるが、混乱している人を落ち着かせて友好的な関係に出来たり、戦闘を避けたりも出来る。こちらの用途の方が恩恵が大きい。なお、説得に失敗してしまった場合キャップを定額に戻される、嘘が見破られる、戦闘になる...と基本悪い事ばかり起こる。成功して嬉しい事よりも失敗して困る事が多過ぎる分野の代表。
今作では、会話選択肢が4つしかない上、なんと確率が数字で表示されない。さらには主人公の発言の全文が表示されない為、選んだ意図に反する事を言ったりする。その為今作会話システムは劣化という見方も多い。だが、これを成功出来ればクエストが楽しくなる事も多いので、Charismaはできるだけ高く振ると良い。

2.名無しさん2016年03月29日 19時26分

今作では会話をしている途中に会話の対象から視点を反らすと一時的に会話を中断することができ、その間に装備品を変えることができるのでCharismaが上がる装備を着て、もう一度視点を戻してから挑むと楽チン。
極論を言ってしまえばスピーチチャレンジの選択肢が出たらクイックセーブをして成功するまでロードするということもできる。

ただ雰囲気はブチ壊しになるのでどうしても成功させたい時のみに使うことをお勧めする
運任せで遊ぶのも意外と楽しいものである。

3.名無しさん2016年03月29日 19時30分

今作ではCharisma依存のスピーチチャレンジのみならず、特定の条件を満たすと会話選択肢の一つが変化することがある(確認したものだとママ・マーフィに薬を渡し、スキニー・マローンに関する秘密を入手する。するとスキニー・マローンとの遭遇時の選択肢の一つがママ・マーフィに教えてもらった情報に変化する)
スピーチチャレンジというには微妙だが

4.名無しさん2016年03月29日 21時44分

>>1 には失敗のデメリット高そうに書いてあるが、失敗してもその選択肢が潰れるだけで特にデメリットなく選び直しになる事が思った以上に多い
単に経験値も美味しいのであんまり自信が無くてもガンガン行ってみると良い

なお、ローカルリーダー取れれば良いやと思ってのCHR6振りプレイと、10振りプレイでは随分とプレイ感が違ってくる
1キャラはスピーチ上手を作ってみると中々オツな旅路になること請け合いだ
CHRのページでも言われていたが、値段交渉系はしまいに相手が可哀想になるゾ

5.名無しさん2016年03月29日 22時40分

重要情報はもちろん、人の本音を聞き出す事もチャレンジに該当し、しかも鍵開けハッキングとは異なりコンパニオンに任せられない
設定や裏事情・フレーバーを楽しみたいプレイヤーにとっては最重要視していい所かもしれない

6.名無しさん2016年04月02日 01時38分

黄色の値段交渉
「お兄さん商売上手だね、○○○キャップでどうだ」
オレンジ
「わかったわかった、これ以上は出せないよ…」

「ま、待ってくれ!△△△キャップ出すから!行かないでくれ!!」

大体こういうイメージ

7.名無しさん2016年04月07日 17時23分

なお、クイックセーブが出来るハードでは、チャレンジ時にセーブすることでやり直せるという小技がある

8.名無しさん2016年04月16日 19時47分

H氏「1000キャップ要求したと思ったら持ちにくいからって200キャップになっていた」
S氏「部下がブルって全員離反した」
V氏「ありそうな気がしたが薬はないと言われ、最終的に絶望が加速した」
D氏「シンスだと絶望したが生きる希望が湧いてきた」
図書館「パスワードを当てられた」
M氏「寝た♥」

他多数の被害報告が寄せられている

9.名無しさん2016年05月21日 11時23分

スキニー・マローンと一緒に登場するダーラもさっきまで強気だったのに説得した途端我に返る辺り、説得というより何か本能に訴えかけてるのかもしれない

10.名無しさん2016年05月22日 11時17分

パイパー好感度perkがあると成功時の取得経験値が倍になる。
一見地味ではあるが回数を考えると中々馬鹿にならないので、cha型でいくなら早めに取得しておきたい。

ただし比較的頻度の多い値上げ交渉や脅迫系の選択肢を嫌うコンパニオンも多いので気を付けよう。

11.名無しさん2016年05月31日 14時14分

リーズでは伝統的に
・通常だと戦闘になるが、戦闘を回避できる(場合によっては自決させられる)
クエストや目標をスキップして次の段階へ行ける
クエストの結末を変化させる
と言った影響を起こす行動。
基本的にこれに一度も成功しなくても一応ゲームクリアはできるものの、
ある程度成功させられる状態だとおつかいクエストをスキップ出来たり
報酬のアップ、通常では死んでしまうNPCが生存してお礼をくれるなど
何かと得をする場面は多い。

12.名無しさん2016年06月01日 10時53分

値上げ交渉等行うと一部のコンパニオンに「の話しばかりだな」
と呆れられる

13.名無しさん2016年12月12日 18時35分

会話の最中に突如明後日の方向を向いてメンタス・グレープ味を食す姿は相手から見るとかなり奇怪であるが特に支障はないので大事な場面ではガンガン使っていこう。

14.名無しさん2016年12月14日 01時45分

必ずしもスピーチチャレンジの成功がよい結果になるとは限らない……が、そーゆーのは例外で基本的には成功=メリットなのでドンドンやろう。失敗しても結果は挑戦しなかった場合とあまり変わらないし。

15.名無しさん2017年02月08日 11時20分

以前は所持しているPerkによってユニーク選択肢が出たが今作はそういったものがない
ロールプレイ好きにはかなりの改悪点である

16.名無しさん2017年02月22日 05時23分

選択肢の仕様が変わったため、101のアイツ運び屋と共にウェイストランドを旅したプレイヤーにはおなじみに<嘘>が無くなってしまった
しかし、実はCharismaを装備品などの補正で15以上にすることでこの選択肢が復活するイベントがある<嘘>

17.名無しさん2017年03月16日 21時38分

一応ビリーバレットに引き渡すかどうかの時のスピーチチャレンジで嘘は付ける
難易度は赤色だから高い

18.名無しさん2017年07月10日 15時32分

具体的な確率こそ開示されないが、CHR極振りプレイでは黄色と橙は外したことがなく、赤ですら当たることのほうがずっと多いくらいの成功率になる

19.名無しさん2017年07月10日 17時47分

どんな会話においても成功させれば良いと言うものでは無いようでママ・マーフィー
USSコンスティチューションダーラ等と交渉する時にキャップ次第で何でもやる的な
話をコズワースや他の善性コンパニオンの前でするとブチ切れてお説教される。
「貴方様ときたらサイフの中身を膨らます事を考えてばかり。少しは困っている人達を
助けようと言う気にはならないのですか!」
……ついスピーチチャレンジしたかっただけなのに……

20.名無しさん2017年07月11日 03時49分

>>16
<嘘>の選択肢あった気がするが。まぁ、オレンジか赤の色の選択肢だから難しいのは一緒だが

21.名無しさん2017年08月02日 22時25分

カリスマが11もあればどんなスピーチチャレンジでも難なくクリアできる

22.名無しさん2017年09月01日 16時34分
感想

これの最中、特に相手がしゃべっている時に肩越しにマイアラークがケタケタ歩いているのが見えると気が気じゃない反面なんか笑ってしまう

23.名無しさん2018年01月15日 10時03分

脅迫や報酬要求している時のネイトノーラの悪人顔は中々
子どもにまで報酬要求してるのはどうかと思うが

24.名無しさん2018年02月26日 08時50分

カリスマが低かろうが難易度が赤だろうが成功するときは成功する、
失敗のデメリットがない時は「当たって砕けろ」だ。

25.名無しさん2018年03月08日 08時32分

いったん失敗すると、コンソールを使っても取り返しがつかない
本当は怖いシステム

マママのスピーチチャレンジをつい選んで失敗し
死ぬか永遠に椅子に座っているかの状態になってしまった

26.名無しさん2018年03月17日 15時52分
ネタ

前述にある11にあるように、よほどの脅迫でなければメリットばかりなので多くのプレイヤーがspeechスキル(今作Charisma枠)を磨き口先の魔術師となっていた

しかし旧作NVにおいては「一度でも」スピーチチャレンジをすると最終的に敵対しかなくなるディーン・ドミノという男がDLCに登場した結果、反射的にスピーチチャレンジをする幾人もの運び屋にかけ当DLC難易度もあり「生存エンドがあるのは知ってたが見たことがなかった」という運び屋が多発した

時に脅迫でも交渉でもない、世紀末には不釣り合い過ぎる真摯なだけの言葉が人に届くこともあるのだ

27.名無しさん2018年07月28日 01時37分

Nuka-WorldにおいてRobotics Expertを使ったスピーチチャレンジが現れた…が、
それくらいしかperkを使ったチャレンジがないように管見の限りでは窺える。
前作まではSpecialの数値やSkillの高さ、Perkなどによって特殊な選択肢が数多く現れたのだが、
今回の四択制だとそういったものは作りづらいのだろうか、残念なところ。

>>26
ディーンはBarterのチャレンジさえしなければ基本大丈夫である…が、
そのチャレンジが初回のチャレンジで最も必要skill値が高い=取得経験値が高く難易度も高い
→報酬が良いものを期待できるのでは、という流れから選ぶ人が後を経たなかった。

ちなみに、他の場面でもFallout: New VegasではSpeech値を利用したスピーチチャレンジが非常に多い。
言われている通り、交渉(Barter)や脅迫(戦闘系Skill)ではなく、真摯で巧みな話術(Speech)が問われる場面がモハビでは多かったように思われる。

1317