現在サイトリニューアル中です。詳しくはお知らせを御覧ください。

ジャンキーの

別名称一覧:ジャンキー,Junkie’s登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月22日 03時21分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
レジェンダリー武器の接頭語
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月22日 03時22分
武器に付くレジェンダリー効果の一つ。
中毒症状一つにつき15%威力上昇。
カタログスペックは高いがそのお膳立てが大変な系統である。
2.名無しさん2016年03月22日 01時05分
近接武器だとSTRが下がる中毒症状との噛み合わせが悪いので、
最大火力を追求するなら遠距離武器の方がベターか
3.名無しさん2016年04月19日 13時02分
Chem ResistantParty Boy を習得したブルーにとっては無価値といっていい効果である。
4.名無しさん2016年05月16日 08時19分
装備中は主人公の攻撃力に補正がかかる仕様のため、
レジェンダリーなしや他のレジェンダリーの武器にも補正がかかるため、
他の武器との比較がややややこしくなる

逆に装備していないときはこの武器の攻撃力表示も補正なしで表示されるため、
苦労した割に威力が上がらない、と思うことも
5.名無しさん2016年06月30日 08時11分
ネタ的にはバットに付くと嬉しい効果である。
6.名無しさん2016年06月30日 17時33分
ママ・マーフィが使っても特にシステム上で強化されたりしないが、見つけるとつい渡してしまうレジェンダリー武器
7.名無しさん2016年07月01日 16時45分
最も有用なレジェンダリの一つ。
S.P.E.C.I.A.L.と引き換えに武器攻撃力を上げる効果と考えるとわかりやすい。
連邦には12種類の中毒があり、そのすべてに罹患した場合の補正値は2.8倍。
ツーショットを凌ぐ火力を得られる。
発動条件は特殊だが、効果は単純なのでどんな武器(近接でも)についても使いやすいのもうれしい。

中毒12種類のうち2種類(カルメックスX-セル)はペナルティが厳しい。
それらを除いた10種の中毒になる場合失う合計S.P.E.C.I.A.L.は以下のとおり。
-4 AGI、-3 CHR、-1 END、-1 INT、-1 LCK、-2 PER、-4 STR、-20 ダメージ耐性
6種はよく見る薬品なのですぐに中毒になれる。
残り4のうち、ふたつは自作できる。
最後の2つデイトリッパーダディオは(最初に除外したカルメックスX-セルも)
グッドネイバーダイヤモンドシティあるいはレールロードで稀に売られている。
コンコード密売酒場も覗いておくといいだろう。

Fallout4のダメージ計算法にも適した効果であることも破壊力に拍をかけている。
ダメージは(武器攻撃力×ダメージ貫通率)で決まるが、ダメージ貫通率は武器攻撃力と比例する。
ダメージ量は(武器攻撃力100の一回攻撃>武器攻撃力50の2回攻撃)となる。
8.名無しさん2016年07月26日 11時17分
中毒と薬の使い方で遠近共に凄い火力をだせる
9.名無しさん2016年11月04日 23時05分
私の場合の比較的上昇率が大きい武器のダメージ比較
レベル298、11種類の中毒状態、全Perk 取得)

ジャンキーの
.45パイプライフル否装備で69→装備で184
アドバンスウェスタンリボルバー332→881
ディサイプルズ・カトラス316→839
ハープーンガン475→1259
ロケットハンマー(456+電気ダメージ90)→(1209+239)

あくまでも参考です
10.名無しさん2017年06月09日 04時22分
vault95内の伝説ガンナーがこれのレーザーライフルをDropしたが、あまりにもロケーションに合っているので固定なのか?と疑ってしまった。
11.名無しさん2017年06月09日 07時52分
このように非常に強力なブースト効果を得られるレジェンダリーだが、逆に言えばこれだけの準備をしないとその真価を発揮できない。

さらに >>3 の通り、育てているキャラによっては効果が完全に死んでしまうので、ツーショット出血、逆にPerk強化が出来る爆発を使用した方が余程安定した火力を出せる。

どちらかといえばロマン趣向のレジェンダリーである。
12.名無しさん2018年02月10日 02時09分
Mystic Powerを使った際の邪悪な欲求も中毒として扱われる。
ドラッグ11種+アルコール+邪悪な欲求の全ての中毒状態になれば威力は195%上昇、常時ほぼ三倍の攻撃力を発揮できる。
13.名無しさん2018年02月13日 19時44分
実は近接武器についてもそれなりに有用なレジェンダリー

>>12 にあるとおりサバイバル限定の中毒症状を除いた場合の補正は以下の通り。

1.Strength−4による補正;近接武器ダメージ−40%
2.中毒12種による補正;最終武器ダメージ+180%


(例)
あるStrength値で素の近接武器の攻撃力100とした場合

1. 中毒症状により−40%の補正を受けて攻撃力が60になる
2. ジャンキーの補正効果により+180%の補正を受けて最終攻撃力168となる


扇動猛烈の陰に隠れがちであるが条件さえ揃えば常時効果を発揮してくれるので悪くない選択と言える
14.名無しさん2018年03月30日 12時02分
感想
組んだビルドによっては完全に死ぬ。お膳立てが大変かつ面倒。薬物の再度服用により一時的に弱体化する。最大攻撃力を得る為にはS.P.E.C.I.A.Lを大幅に犠牲にしなくてはならない。等々デメリットの数々はまさに枚挙に暇がない代物ではあるが、しかし中毒一つ毎に15%攻撃力アップと言うのは実にえげつない数字である。ゲームバランス崩壊必至のこれこそは、真にロマン的レジェンダリー効果と、言えるのではないだろうか?
15.名無しさん2018年05月03日 08時16分
特に意味はないけどハンコックに持たせている。
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
581