VDSG Catalogue

別名称一覧:
  • ロード画面
  • VDSG
  • Vault Dweller's Survival Guid
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
ゲームシステム
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2016年04月22日 15時57分

ロード時の幕間に画面の左下に表示されるゲーム内のTIPSのようなもの。
番号が9000番台後半まであるが、番号の並びはかなり適当であり、実際に1万近くあるわけではない。
ゲーム内の行動にある程度関連付けられているようで、新しく手に入れたPerkや見つけたロケーションなどによって一部表示される内容が増えたりする模様。

世界観や人物の背景などfalloutの世界をより楽しむためにも是非読んでおこう。

2.名無しさん2016年04月22日 16時08分

VDSG」とは「Vault Dweller's Survival Guide(Vault居住者サバイバルガイド)」の略称の模様。
冒頭SPECIAL紹介ムービーといい、Vault-tec戦後のあらゆる弊害を見透かしていたのだろうか(メタな設定と割り切ってしまえばそうなのだが)

3.名無しさん2016年04月23日 03時41分
4.名無しさん2016年08月10日 15時53分

メインクエストが進行するといくつかアンロックされる。
また、DLCを導入することによって追加される

5.名無しさん2016年11月10日 15時10分

◻︎ボタンを押すと背景の画像が緑色(pip-boyの設定の色)に光る

6.名無しさん2017年10月31日 15時06分

ウェイストランドの危険な生物や略奪行為を行うレイダーの様な人々の存在が記述されているのはまだ分かるのだが、戦前に作られた資料なのであればミニッツメンインスティチュートレールロードB.O.S.についての記述があるのはおかしく、果ては111のアイツの活動に対してピンポイントな情報までお出ししてくる。(※3の「精神を解放せよ」はDangerous Minds進行中にのみ表示される)

Pip-Boy 3000 Mark IVが自動生成しているのだろうか…

7.名無しさん2017年10月31日 19時27分

Vaultスーツレザーアーマーを装備し、右手に10mmピストルを持ってラップアラウンドゴーグルを装着した前髪が若干後退しかかった男が表示されることがあるが、
この男が着ているVaultスーツの背面には何の数字も書かれていない。いったいなにものなんだ・・・

8.名無しさん2018年01月05日 19時12分
感想

まさかこんな記事まであるなんて大辞典すごいな

9.名無しさん2018年02月18日 16時40分

表示される内容は単純にランダムで選ばれるわけではないようだが、そのせいか妙に偏りがあり、相当な長時間プレイしていても「こんなの初めて見た」ということが結構ある。
特にAutomatronクエストを開始すると関連する内容が表示される確率が高くなってしまうため、全てを見るのは余計に難しくなってしまう。

10.名無しさん2018年02月25日 19時51分

オートマトロンVDSGランダムイベントの乱数を半数食ってしまう、つまり50%の確率でVDSGに表示されたりランダムスポーン出現したりする。もはやバグ

あまり知られていないが、戦前のサンクチュアリVDSGもある。

11.名無しさん2018年04月06日 03時39分

戦前のサンクチュアリについての説明はニューゲームでVault111に入るまでにセーブをロードしたときぐらいしか表示されない。

12.名無しさん2018年06月12日 14時27分

>>6
因果関係が逆、という可能性がある
つまり、「未来に起きることを予測してVault-tecVDSGに収録した」のではなく
VDSGを見た戦後の者が、たまたま、あるいはVDSGを基にVDSGに記載された組織に酷似した組織を作った」のかもしれない

あるいは、「VDSGVault-tecの実験の1つで、一種の催眠波で構成されており、それを見た中で適する素養を持つ者が、それぞれの組織などを形成するよう暗示をかけられた」…
つまり、戦後の世界そのものが、Vault-tecによる壮大な実験の1つである可能性すらあるのだ
そしてもちろん、111の行動ですらも……

13.名無しさん2018年10月09日 15時28分

Pip-Boyには無線・有線の通信やホロテープのロード、或いは装着者が直接入力する事で更新可能なデータベース機能が搭載されている様なので、VDSGはそれを利用した「Vaultから脱出した人々=Vault居住者のためのサバイバル情報共有アプリ」的な代物なのではないだろうか。
これなら連邦の状況の変化に応じて情報が増えていくのも納得できるし、主人公がまだ知り得ない事柄が開示されたり、逆に主人公しか知るはずのない情報が収録されているのもさほど不自然ではない。
Vaultから飛び出した人々が外界の厳しさの前に呆気なく野垂れ死ぬというケースが意外と少ない事への説明もつく。

もっとも、仮にそういう便利機能なのだとしても『精神を解放せよ』なんていきなり言われても困る訳だが…

14.名無しさん2018年10月20日 22時48分
MOD

ロード画面の表示条件を廃止するMODを導入すると「まだこんなにあるんか!」
といわんばかりのロード場面があるリバティプライムのロード画面は一見の価値あり

15.名無しさん2018年11月02日 20時00分

>>12
まさにVault76の実験内容がそれなのであながち間違ってないようにも思える。もしかすると、ウェイストランドに躍り出たVault居住者によって作られたものなのかもしれない。

16.名無しさん2019年01月20日 11時11分

前作Fallout3でもゲーム中や説明書の隅にvaultから出る居住者を待ち受けるさまざまな精神的、肉体的困難について嘘や真実含めあらゆるケースを想定し、過激なブラックユーモアたっぷりに教授してくれた一連のガイド。

Fallout4では前作の過激さは影を潜め、多少実用的な内容になっている。

ちなみに我々の現実世界に実物の書籍版が販売されている。ただし日本語版は存在しない。

18.名無しさん2019年10月09日 20時11分
関連用語について
コメントを投稿する
1804