サンクチュアリの元自宅

別名称一覧:
  • サンクチュアリヒルズの元自宅
  • 元自宅
  • サンクチュアリの自宅
  • The House of Tomorrow
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
この用語はミニ用語です
お気に入り

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
16.名無しさん2021年11月26日 15時36分

>>15
減らないんだよなぁ・・・

椅子が住民の倍あっても、不法侵入して来る(特に夜間ほぼ毎日)
他の場所コンロとか置いてあっても、何故か自宅に来る。

もう「AIがそう設定されているんじゃ?」疑惑を抱いている

15.自宅の枕でしか眠れない将軍2020年09月27日 08時30分
感想

自宅へ入植者侵入して悩んでいる人は、入植者が休める場所を再検討すると良いかもしれない

入植者椅子があると休憩するAIを持つ
ドリンクスタンドを設置すると夜8時以降に集まるのは周知だが、
そんな設備がなくても特に夜は椅子が多い場所、明るい場所に集まってくる

自宅以外の家は全て解体して人数分のベッドしか置いてないという人は
何処かに椅子を並べた集会所を作ると
自宅への入植者進入を減らせるかもしれない

14.名無しさん2019年12月24日 17時15分

上で触れられている裏口(勝手口?)のドアだが、戦前に見られる物と、戦後に足元に倒れている物とではデザインが異なる。
戦前の物は温室ドアのようなガラス張りのものだが、戦後の物は玄関のドア(覗き窓が付いているヤツ)の色違いとなっている。
メタな話を抜きに考えてみるのも面白いかもしれない。
一番ありそうなのは、誰かが他所のドアを外して取り付けようと持ってきたと言ったあたりか。

13.名無しさん2019年02月11日 13時37分

設定資料によるとこの元自宅の地下にも作業場があるようだ。
コズワースにとってこの自宅を守ると言う意味もあっただろうが夫(ネイト)が
戦争時の思い出の品々を地下室に保存したのだと言う。
中身は軍支給品の軍用Pip-Boyに戦争時に受勲した勲章と思い出の10mmピストル
思い出の品々を守ると言う意味もあったのだろうが軍用Pip-Boyを他の連中に盗られ
ないためもあったのだろう。
おそらくパートナーの声を録音したホロテープもこの地下室にあったと思われる。
コズワースにとって主人の家を守る事だけが理由ではないのは言うまでも無い。

12.名無しさん2018年10月21日 13時56分

キッチンにある冷蔵庫の扉にそそらくノーラが書いたであろうメモを貼り付けたマグネットがついている
これも主人公宅にしかないアイテムで分解したら戻ってこないためなにげに貴重である

11.名無しさん2018年09月07日 13時22分

なお元自宅やピケットフェンス等で出て来るロボットアームの元ネタ
ロンドンに本社を置くMoley Robotics社のお料理ロボットアームMoley(モリー)。
単なる調理アームでは無く味覚、温度等も感知出来てキッチンの掃除も自動。
レシピはインターネットからダウンロードし材料を用意するだけというもの。
2018年発売予定。お値段アーム1つに付き約850万円。
コズワース「ああ、おはようございます!コーヒーをどうぞ。摂氏78.6度。完璧です!」

10.名無しさん2018年05月27日 17時19分
9.名無しさん2018年05月27日 16時17分

入植者ベッドを使われないよう、外出時はベッドを片付ける
それでも入植者が寝てたら、ベッド不足を詫びて優しくベッドを指定する「あらあら、ウフフ」
万一ガービーさんが寝てたら、厳しく蜂の巣にしてやろう「蜂の巣にされたいか!」

客間にミニッツメン入植者が来るのは、
むしろ米国の習慣なら歓迎すべきではなかろうか
スローカムズのバズバイトディーザーのレモネードで迎撃s
もとい、歓待しよう。

8.名無しさん2018年01月27日 21時10分

コズワースが200年間家の世話をしていたという割には他のサンクチュアリの家と同様外壁も家具も朽ち果てている。
やはり核爆発と経年劣化の影響には勝てなかったのだろうか・・・

7.名無しさん2018年01月27日 16時50分

正面の扉はなんとか形を保っているが、裏口は何処かに飛んでいってしまったようだ。裏口にはクリッピングの判定があり、新しい扉を取り付ける事ができる。

6.名無しさん2018年01月27日 15時30分

ショーンのゆりかごにアクションがあることに気づかず解体してしまった将軍もいるかもしれない。

5.名無しさん2017年12月13日 20時34分

爆発の影響で戦前の家にあったネイト軍服ショーン野球グローブなどは消滅してる
一応家具だけはバニラでもDLCの追加クラフトアイテムで一部再現可能

4.名無しさん2017年12月11日 07時18分
3.名無しさん2017年12月11日 03時48分

ショーンのゆりかご解体したら二度と作れないので注意。
移動はできるので、想い出の家具として残しておくのがいいだろう。

1.名無しさん2017年12月10日 17時07分

このゲームの出発地点。
戦前、111がサンクチュアリに住んでいた青いの一戸建てである。
間取りは2LDK、ガレージとコズワース付き。賃貸か持ち家かは不明。
なおコンセプトアート中では二階建て、「The House of Tomorrow」と言う名前で紹介されている。
室内は周回プレイヤーがフフッとなってしまうアイテムが多くあり、呼び鈴を無視して調べてみるのも面白い。

戦後は所有権を失ったのか明け渡したのか不明だが、入植者は普通に入ってくる。
諦めてどこか別の場所に引っ越すのも、同居を許すのも、なんとか守り抜くのも111次第だ。

4781



ページ上部に戻る