メトロ(地下鉄)

別名称一覧:
  • 地下鉄
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
2.名無しさん2017年07月14日 13時08分

アナウンス「御自身の安全の為にプロテクトロン係員に濫りに触れないで下さい」

4.名無しさん2017年10月04日 21時38分

マサチューセッツ州ボストン市近郊にはレッドライン(RL)、オレンジライン(OL)、グリーンライン(GL)、ブルーライン(BL)の4本の路線が通っている。
Fallout 4作中に登場するロケーションだと以下のようなものがある。

アンドリュー駅(RL)
医療センターステーション(?)
ヴァレンティ駅(?)
ウェスト・ロックスバリー駅(?)
カレッジスクエア駅 ※ハーバード駅?(RL)
コプリー駅(GL)
サードレール ※ガバメントセンター駅?(GL、BL)
地下鉄駅ケンモア駅(GL)
パーク・ストリート駅(RL、GL)
モールデン・センター駅(OL)
リビア・ビーチ駅(BL)

現実ではボストン空港にもブルーラインが通っているが、Fo4作中には未登場

5.名無しさん2017年10月04日 22時30分

前作Fallout 3DC中心部が地下経由でないと進入できない別エリアになっていたり、それ以外の地区でも出入り口が複数あるメトロ駅もあった。
今作ではホームに降りて反対側から上がってきて鎖で閉ざされたドアを開けて入り口に戻るというダンジョンになっているパターンが多く、通り抜けて別の場所へ行けることはあまりない。

6.名無しさん2017年10月30日 13時10分

その駅の立地する地形や気象に左右されるが、
現実には長期間動力とポンプがないと、地下水の浮力でトンネルやコンコースが地表に押し上げられるか、または水で水没するかである

7.名無しさん2017年12月16日 10時16分

>>4
は気がつかなかったのかもしれないが、BOSキャプテン・ケルズから依頼される支給品盗難捜査クエストで空港の地下に入っていくとAirport駅のホームがある

8.名無しさん2017年12月29日 14時56分
9.名無しさん2018年02月07日 06時57分

3では暗くジメジメしグールや虫、ネズミが大量に生息していたが構造上守りを固め易いのかレイダースカベンジャー、研究者などが住居にしていた

部屋にベッドを置いたり、広場にマットを敷き焚き火を炊いたりなどポストアポカリブスな雰囲気がよく出ている

10.名無しさん2018年02月07日 13時52分

>>8
同感。
ただvault 88 のセクターのうち西側、ミルトンジェネラル病院側の出口あたりはホームだけだが地下鉄駅になっている。
既に作っているかもしれないが一応。
悩みのタネは入植者はあんまりこちらに来たがらないこと。
FTすると誰もいない。しばらくすると後からぞろぞろやって来る。そしてベッドで寝たり農作業し終わるとまた去って行く…。

11.名無しさん2018年06月15日 21時12分

プレイ中、鉄道のようなガタンゴトンでは無いが音がしていた為「もしかしてインスティチュート戦前メトロを利用しているのでは?」とワクワクしていたがそんな事は無かった。
結局なんの音なんだろう?

12.名無しさん2018年08月27日 22時40分

>>11
多分それはFallout5あたりで明らかになるさ…(適当)

マジレス
レイダースカベンジャーの音、もしくわ戦前の装置やら機械やらがまだ稼働してる…?それともまだ誰にもわからない「何か」が…

13.名無しさん2018年10月12日 19時19分

実は両をよく見ると懸垂式のモノレールであることがわかる。都市部の上空で見かけるものと同じである。
じゃあ、あの軌道は何かというと、どうも貨が使っているらしいことがパーク・ストリート駅vault 88でわかる。一応、vault 88では(おそらくvault-tecの作業員専用だが)客もあるため、一部では軌道を使う客も使用されていたのかもしれない。あるいは、従来の鉄道はこの世界では旧式で、新式はもっぱら懸垂式なのだろうか。

ところで、現実的に考えた場合、地下にモノレールを通すのは合理的ではない。
モノレールのメリットである静音性は地下では何の意味もない上に、通常の列よりも遅いというデメリットが目立つだろう。
これらを踏まえると上空のモノレールとの接続もされていたのかもしれない。ある程度の高低差ならものともしないモノレールだが、しかしあの高低差は果たして…

14.名無しさん2018年10月12日 19時42分
感想

懸垂式モノレールなのは「近未来的」な世界を演出する小道具だからであろう。
某国のトレーシー家が活躍する人形劇(最近CGアニメ化した)でも時速数百キロで走行する懸垂式モノレールや核エンジンを搭載した超音速旅客機が近未来の世界を彩っていたように、50〜60年代に考えられていた未来世界には付き物のガジェットの一つ。
同じく未来的だとして多用されるものは他にエア・バイクやエア・カーがあるが、戦後世界の荒れ地でも通用してしまいそうだからかFalloutシリーズでは採用されていない。お約束の熱線銃やロボット、得体の知れない宇宙人までもが出てくるというのに。残念だ。

4478