アラン・ビネー

別名称一覧:
  • Alan Binet
  • アランビネー
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
11.名無しさん2021年03月02日 21時36分
ネタ

これは完全に余談だが、英語版の中の人は有名SFドラマ「スタートレック:ヴォイジャー」でホログラムドクターを演じたロバート・ピカード氏である
スポック、データ、オドーに続く「人間性とは何か」を問うキャラクターを演じた氏が、第3世代の父親役として参加するのは偶然なのかどうか

なお同作品でスポックの系譜である冷静沈着な保安部長トゥヴォックを演じたティム・ラス氏はケルズ役で参加している

10.名無しさん2020年10月29日 07時55分

>>6
レールロードルートで進めると、デズインス中継局到着直後に武装していない人間の避難補助をトムに命じている
実際、コンパニオンを解散してからアドバンス・システム部門やロボット工学部門に入ってみたが、逃げまどっているだけの科学者がレールロードエージェントに攻撃されることはない
ウォレスは何と素手ででだが攻撃してくるので、デズを殴ったのをきっかけにさすがにエージェントに撃たれていた。
これも不死属性があるので死なないが

ほとんどの幹部科学者たちが逃げ惑うかトムに頼んで脱出する(リアムの言う「放射能汚染されて荒廃した場所に消えて行った」)なか
ファーザーへの恩義を忘れなかったアランはウォレスと同じく戦って死んでいったのだろう
バイオサイエンス~中央広場~アドバンス・システム~リアクターのレールロード主力進軍コースでは見ていないので、恐らく死ななくても良かった戦闘で
ずっと人造人間を助けてきた男が人造人間を助ける勢力に銃を向けた事で死ぬ
皮肉な事であるが、これも主人公の選択の結果である

9.名無しさん2020年09月23日 15時47分

初対面でインスに残るかどうかを訊かれて肯定すると
「よかった。ショーンは大喜びするだろう。一緒にいてくれるかひどく心配していた」
と教えてくれる。
上司で年上であろうファーザーショーン呼びしており、どうやら親密らしい。

8.名無しさん2019年09月21日 14時29分

バグにより消えてしまうことがある。
筆者はPS4だが、いくら時間が経っても復活する気配もない為、恐らくもう出てこないだろう。
クエストもだが、性格も好感が持てる人物だっただけに残念だ。

7.名無しさん2018年10月29日 19時48分

本人曰くGen3の設計をしており実質部長なのだが、Institutionalizedでは彼にあいさつする必要はない。しかし初訪問時は他の部署の部長と同様のあいさつをしてくれるほか、今に至るまで111に人造人間が迷惑をかけたことを詫びてくれる。

インス壊滅が憚られる理由としてやはりこの人当たりのいいおっさんが第一に挙がる。

6.名無しさん2018年07月01日 00時30分

インスティチュート壊滅ルートの際は
ミニッツメンBOSルートではその後は生死不明だが

レールロードルートではレールロードの攻勢と反逆者と化した人造人間の攻勢で
インスティチュートの設備が壊され人々が殺されていくなか
必死にレールロードの攻撃や混乱からインスティチュートの人々を守ろうとして最期まで活動していたらしい
しかしそんなさなかに彼自身は愛する息子リアムの目の前で壮絶な死を遂げたのだった……

5.名無しさん2016年08月17日 03時41分

アヨからは人造人間の逃亡幇助の容疑がかけられている
主人公がそのことで調査しに行き「何物かに犯人に仕立て上げられているのではないか」と尋ねると「このインスティート内に他人に無実の罪を着せて貶めるような人間は存在しない。誓ってもいい」と断言する

ちなみに彼の息子リアムアヨに自分の罪を擦り付ける。挙句の果てには「自分で事件を引き起こすことでインスティテュートの人間をSRBに依存させようとした」というあらぬ動機まででっち上げて地上に追放する

4.名無しさん2016年05月11日 02時16分

ミニクエストで、地上のスカベンジャー部隊の援護のため、
レイダーの掃討を依頼してくる
ランダムで選ばれる場所レイダーを倒すだけの簡単なお仕事である

というか、インスティチュートでも資源回収班のことを、
スカベンジャーと呼ぶことにちょっとした驚きを覚える

3.名無しさん2016年05月11日 02時02分

レールロードと同じく人造人間の人格を認め彼らを人間扱いしているが
人造人間の解放については
「今の悲惨な地上に解放することの何が人造人間のためになるんだ?」
レールロードとは真逆の主張をする

2.名無しさん2016年02月23日 07時59分

ジャスティン・アヨ人造人間の脱走を手助けしているのではないかと嫌疑をかけられ、監視されている。
事実、彼への嫌疑は濡れ衣である。犯人は彼の息子だからだ。

1.名無しさん2016年02月11日 02時30分

インスティチュート内の部署、ロボット工学部門所属。
ジャスティン・アヨに「第三世代人造人間を人間扱いする危険人物」として目の敵にされている。
妻を亡くしており、息子の母親代わりに第三世代人造人間を家族として招いている。

関連用語について
コメントを投稿する
369



ページ上部に戻る