地獄だ、やぁ!

別名称一覧:
  • Hell ya!
  • Here the hell you are!
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
疑われる誤訳・誤植セリフ
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
38.名無しさん2020年07月11日 13時57分
ネタ
37.名無しさん2019年10月23日 07時13分

"Hell ya!"だが、レイダーに限らず上記にあるようにミニッツメンだとか、111自身も口にする。
レジェンダリーなどフィーチャーアイテムを手に入れた時に「そう……!」と言うことがあるが、このとき原語版では"Hell ya...!"と言っている。

36.名無しさん2018年12月01日 23時19分

ミニッツメンが戦闘に勝利した時に「ミニッツメン、やったぞ!」と声を上げるのだが原文では"Minuteman, Hell ya!"と言っている。
しかしこの場合のyaはyeahのことだろう。
実にややこしいがyaはyeahの転訛だったりもするのだ。

35.名無しさん2018年08月04日 01時12分
感想

>>28 で答えが出ているので、英語が苦手な方が「勘」でいろいろ述べるのは避けていただきたい所存でござりまする。

34.総支配人2018年07月16日 23時59分

調べてみたが、
「ya」は「You」の略らしい。
なので、地獄にでも落ちろ的な意味だろうか。

33.名無しさん2018年07月09日 19時07分

>>32
ならばトリガーマンあたりと比べてみると分かるだろうが、全く同じ文面でも意味合いからして訳し方が全く違ったりするのだ。

32.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
31.名無しさん2018年07月07日 07時06分
感想

実際に聞いてみると分かるが、スルメ感のある中々に味わい深い発音である。
声に出したい日本語。

地獄↑だ↓やあ!→

30.名無しさん2018年06月30日 00時30分

このように、レイダーガンナーの汎用セリフは誤訳が多いものだが何故だかスーパーミュータントアトム信者の汎用セリフの訳は絶妙な仕事ぶりである。やはり担当による力量の違いか。

29.名無しさん2018年05月12日 15時10分
感想

>>28
ポストアポカリプスのFalloutではなく、
現代シカゴの路地裏乱闘とかならそっちが正しい訳語かもしれんな

28.名無しさん2018年03月21日 17時26分

まず、"hell"についてだが、これは主に強調のスラングである。
同じようなものとして、"heck"や"fuck"、"freak"などが挙げられる。
洋画の吹き替えや字幕などでは専ら「クソ」、「クソッタレ」と訳されることが多い。
そして"ya"。これは"you"もしくは"you are"の略語である。
レイダーたちが警戒状態の際、"The hell...?"と発するが、これは"What the hell is going on?"の略である。直訳としては、「一体何が起こってるんだ?」である。
そして、敵を発見した時に"Hell ya!"と発する。
状況と用いた語からして恐らく"Here the hell you are!"の略語であり、こちらは原語版のガンナーも用いる。つまり「地獄だ、やぁ!」の正しい訳語は「そこに居やがったかクソッタレ!」辺りだろう。

27.名無しさん2018年03月19日 00時08分

「おら!」とか「よっしゃ!」だと、いっけんスマートな意訳に見えるけど、
ヤンキーの荒くれどもが連発する"Hell"という言葉のドギツさが完全に死んでいるので明らかに誤訳
しかもポストアポカリプス感が足りないので、Falloutの訳としては非採用かな

無難に訳すなら「地獄で会おうぜ!」とか「地獄に落ちろ!」とか
訳としては正解だけど陳腐なのが難点
だったら「地獄だ、やぁ!」でいいんじゃないかな。これが一番レイダーっぽい

26.名無しさん2018年03月18日 22時21分

個人的には「っしゃオラァ!!」のようなものだと思っている。
士郎正宗氏の言う「相手を怒らせる呪文」の類のものだろう。

25.名無しさん2017年10月05日 23時55分
感想

強調のHELL は日本で言う「鬼ヤバイ」みたいな用法なのだろうか....だとしたら人類皆考えることは一緒だねぇ

23.名無しさん2017年09月22日 22時17分

>>22
原文は"The hell...!?"。他のキャラクターやヌカワールドでは正しく「何だ?」と訳されている。
ちなみに注釈によると、このセリフは「プレイヤースニーク状態で忍び寄り、レイダーのすぐ後ろにいる」シーンらしい。地獄だ、やあ!

22.名無しさん2017年09月22日 18時31分

「地獄だ、やぁ!」は[DANGER]時のセリフだが、
[CAUTION]時のセリフには「地獄ゥ…?」というものもあるので、タイミングによっては
レイダーA「地獄だ、やぁ!」
レイダーB「地獄ゥ…?」
という漫才のような掛け合いが実現することもある。

21.名無しさん2017年09月22日 08時24分

ゲーム中で聞いてみると、「地獄だ!イェヤ(力強く)」に聞こえたりするので字幕さえ見なければ、あんまり気にならないかもしれない

20.名無しさん2017年09月19日 10時43分

正しく訳すなら「イェーイ!」だとかレイダー的には「ヒャッハー!」だとか「ヒーハー!」辺りだろうか

Hell自体は次の言葉を強調するのが目的でそれ自体に意味を持たない(日本語的に言うならクソ~みたいな感じ)ので
日本語的正しくというのは意外と難しいであろうと思われる。

全く仕事としての翻訳作業は地獄だ、やぁ!だぜ!

19.名無しさん2017年05月29日 18時59分

翻訳担当がわざわざ検索を掛けるとは考えにくいが
検索を掛けると一発でスラングであることが分かる
膨大な量を翻訳し短文故の誤訳なのだろうか…

17.名無しさん2017年03月12日 16時00分

ドッグミートが敵の首に噛みついて攻撃するいわば即死攻撃の際に、地獄だ、やぁ!のセリフが飛び出した時には思わず笑った。

16.名無しさん2017年01月20日 00時40分

正しく翻訳すると「地獄の使いだ迎えに来たぜ」的な感じなんだろうか?
若しくは中国の泰山府君其は我也(私が閻魔ださっさとおっ死ね!)的な感じかな。

15.名無しさん2017年01月18日 08時32分

低い声の男レイダーだと「地獄だやぁ」とつなげて言うので津軽弁ぽい。

ヒャッハー連邦は地獄だぜ!≒(ここは)地獄だやぁ!

みたいなニュアンスを感じる

14.名無しさん2016年12月10日 02時09分

連邦から地獄がやってきた。やぁ!やぁ!やぁ!

yaを日本語に直訳しているところに深刻なニューロン汚染が感じられる。
まあ余計な気を利かせて「地獄だイェイ!(yay!)」なんてやられるよりはマシかもしれないが…

13.名無しさん2016年07月31日 00時39分
12.名無しさん2016年07月27日 12時29分

特徴的ではあるが、ガンナーの「俺たちはカッコいい!」に比べると印象は薄い
あっちは一斉に言うからかだろうか

11.名無しさん2016年07月27日 10時44分

人は過ちを繰り返す」が本作(シリーズ)を象徴する台詞だとすれば、こちらは本作の翻訳クオリティを象徴する台詞といえる。

用例
Fallout4の翻訳ってそんなに酷いの?」
「地獄だ、やぁ!」

翻訳という広範な概念を、たったこれだけで説明できてしまう台詞は滅多に存在しない。担当者のキャッチライターとしての才能を感じさせる翻訳である。

10.名無しさん2016年05月21日 00時46分

~序盤のコンコードにて~
モブレイダー「・・・ボス、何か居る!!(固有セリフ)」
111「地獄だ、やあ!(PA+ミニガン)」

つまり地獄とはレイダー達でなく、地獄そのものである111への挨拶なのかも(嘘)

9.名無しさん2016年04月27日 09時35分

『ここが地獄だ!よく来たな!!歓迎してやるぜェェェェェ!!!!!!!』

くらいの意味に受け取っておけば違和感も少ないのでは

8.名無しさん2016年04月27日 08時41分

「「俺達が、『地獄』だ!!」」
スラングすらも理解しなくて受け売りで言ってしまってる…とか。

7.名無しさん2016年04月27日 02時54分
6.名無しさん2016年03月26日 23時48分

ある意味、レイダーの頭の悪さが表されていい…のかもしれない

5.名無しさん2016年03月22日 21時41分
4.名無しさん2016年03月22日 21時40分
3.名無しさん2016年03月22日 21時34分

察しがつくと思うが、原文は Hell YEAH!
地獄という意味もあるにはあるが、感嘆詞の前に付く場合には
単に後に続く語を強調しているだけである。
流石にこの和訳はあり得ないだろうと、さぞ声優さんも困惑したことだろう。

2.名無しさん2016年03月22日 21時32分

気さくに声をかけてくる地獄さんだが殺せるので安心だ。お帰り願おう。

なお翻訳は人によるのと、前の翻訳者の仕事が正常に引き継がれるかというとそうでもないので、仕方ない部分はある

1.名無しさん2016年03月22日 21時30分

主にレイダーが戦闘中に発するセリフ。「Hell ya!」を直訳してしまったのだろう。
この場合のHellは強調のための言葉なので、訳すなら「オラ!」や「よっしゃ!」といったようなただの掛け声になると思われる。

疑問なのは、過去作では同じセリフも普通に掛け声として翻訳されていたのにどうして今作ではこんなことになってしまったのか、ということである。

関連用語について
コメントを投稿する
1185



TOPに戻る