ジョーサボルディ

別名称一覧:
  • ジョー・サボルディ
  • Joe Savoldi
  • ジョー・サヴォルディ
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
16.名無しさん2021年11月26日 06時49分
感想

彼から帽子の回収を依頼されるときに、ブレント・サボルディの亡くなった頃のミニッツメンの話を聞くことができる。
以前はインスティチュートとも渡り合うほどの力があったが、この頃にはレイダーにも手を焼くようになっており、返り討ちを恐れてバンカーヒルからの救援要請を無視し、それが原因でバンカーヒルミニッツメンに対する不信や嫌悪を抱いている。
だが、ブレント本人は勇敢だったようだ。ただ、勇敢なミニッツメンが残り少なくなり過ぎていた。

祖父と孫の年齢差やブレントが何歳で亡くなったかなど不明点が多いが、30~50年ぐらい前のことだろうか。

15.名無しさん2021年11月26日 06時38分

>>14
あのあたりのデスクロー出現率が高いように見えるのはランダムイベントの所為。
レアな友好NPCが出ることもあるがデスクローラッドスコルピオンが出ることも多い。

14.名無しさん2021年06月22日 19時23分

彼から頼まれる「ブレント・サボルディの帽子の回収」はその他のクエストの一つ(Fallen Hero)

目的地はシンクホールだが、あの辺りにはデスクロー保存協会でも存在しているのかデスクローの出没率がそれなりに高く、シンクホールの縁にも固定で一体が配置されている。
備えよう。

13.名無しさん2020年11月07日 19時54分
感想

>>8
インスティチュートレールロードの区別がつかないのは入植者の伝統だからまあ良いが
ミニッツメンとしては、バンカーヒルは欲しくないんだよなぁ

前に当時はまだミニッツメンであったワイヤーたちが酷い目に遭ってるし、
散々利用した上でミニッツメンは信用できないとか言い出すし
バンカーヒルレールロードのもので構わんからデズが責任持って管理して欲しい

ケスラー「あら、レールロードエージェントさん。強い組織に関わりあるのね。分かったわ、バンカーヒルミニッツメンに参加します(薄笑)」

いや、やめて頼むm(_ _)m

12.名無しさん2018年04月14日 04時45分

コズとの専用会話Mr.ハンディ価値についてとなっている。
詳しくはコズワースの記事 >>102 を参照されたし

11.名無しさん2017年06月30日 20時56分
10.名無しさん2017年03月19日 11時44分

パイパーとは昔の因縁があるらしく、連れて行くとなじりあいを始める

8.名無しさん2017年01月30日 21時16分

自分の子供と口論しているのは息子を思う親の心というものであろう
連邦において基本的に厄介事でしかない人造人間
事もあろう事か保護しようとしている秘密結社に憧れ機会があれば加わる勢いなのだ
連邦に数十年にわたり暮らしてきたジョーは
人造人間からの被害と人造人間への人々の恐怖と憎悪を間近で見てきたのだ
そんなものにかかわればろくな死に方をしないと思わずにはいられない!
そしてどうせ加わるなら何故!我らが親族の誉れたるミニッツメンを想わぬのか!
そんな息子への想いと不器用な男親のすれ違いがあの口論なのだ!
ああ…いつの世も『親の心、子知らず』とは言ったものである


……
とかだと面白いなぁと(´∀`)こんな顔でその口論眺めてるのが私です

7.名無しさん2017年01月30日 14時16分

最初に一定距離近付くと息子トニー・サボルディと口論している
レールロードの支持者の息子に対して親父はミニッツメン支持者である
のちに出る選択肢で「人造人間は敵だ」の選択肢を選ぶと喜ぶ
このときフォロワーにプレストン・ガービーを連れてると彼もこの選択肢に喜ぶ

6.名無しさん2017年01月22日 16時00分
4.名無しさん2017年01月08日 11時21分

マクレディの他、ニックガービーにも専用の会話がある。

試してないが、もしかしたらコンパニオン全員に用意されているのかもしれない

3.名無しさん2016年08月06日 18時21分

本作の男性NPCは元々細マッチョが多いが、上腕のせいで異常にガタイがよく見える。
一人だけプロレスラーみたいである。

2.名無しさん2016年08月06日 03時37分
1.名無しさん2016年08月06日 02時19分

バンカーヒルバーのオーナーでトニーサボルディの父親
ミニッツメンの家系でレイダーと戦った父がおり、遺品の回収を依頼してくる。
マクレディの友人で特別会話がある。

関連用語について
コメントを投稿する
3403



ページ上部に戻る