フォーミュラP

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
ドラッグ
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年05月22日 23時59分

Med-Xカルメックスと同じデザインの薬物系Aid
レシピEvent:PROJECT PARADISEで入手可能
効果は5分間CHA+5、LCK+3。銃の命中率が上昇する。水-5%
売値 80
材料はアッシュローズ×2 カレイドポアの花×2 ブラッドリーフ×1 殺菌剤×1となっている

2.名無しさん2019年05月23日 00時01分
ネタ

名前だけ見ると某歌ロイドの作詞作曲者の名前の様な雰囲気を感じる

3.名無しさん2019年05月23日 07時31分
感想

効果時間的にイベント戦直前に使うか、若しくは最も上がり幅の大きなカリスマに注目してベンダー取引に使うか。
LCK上昇はVATS運用時には有難い。
戦闘時も非戦闘時にも使えて優秀。
欠点を挙げるなら入手のしにくさ作りにくさか。

4.名無しさん2019年05月23日 10時27分

一見作りにくい様に見えるがカレイドポアの花はまとまって手に入る上、他の材料も場所さえ把握していれば集めやすい物である。
しかもChemistを装備すれば2倍量作製なので実際の製造コストは結構安い。
性能も考慮すれば量産する価値は十分。

5.名無しさん2019年05月23日 10時59分
ネタ

ポアから作成するのでP……ではなく、ターミナルによれば薬品を試作した順にアルファベットを割り振っていたらしい。

「最近プラモ化が再開したフォーミュラっぽいガンダム」もアルファベット順に英単語をこじつけたネーミングなので、つい意味を探ってしまうが単なる順番のようだ。

6.名無しさん2019年05月23日 11時52分
感想

ジャンキーにとって気になるのは中毒症状である。
有用な効果で量産も難しくなく、中毒症状が軽いものであればぜひ乱用したい。
レシピ取得者のオーバードーズ体験談求む。

7.名無しさん2019年05月23日 20時04分
ネタ
8.名無しさん2019年05月23日 22時53分

中毒症状はCHR-2 LUK-2でした。
VATSを使わないならデメリットは実質無いような物かもしれない。

あとキメてて思ったのが銃命中アップの効果が思いのほか強力だった事。
レティクルが気持ち悪いぐらい狭まって、例え歩きながらでも
かなり正確な腰だめ撃ちができるようになる。

9.名無しさん2019年05月24日 10時00分

投与された者は人間か動物かに関わらず以下の効用があるらしい。
・精神安定
・自信向上
・社会性改善

ただし副作用として非投与者に対する過度な攻撃性にも触れられている。
Vaultなど閉鎖的空間で住まうときには有効な薬剤かもしれないが、新生児や来訪者への自動投与システムが無いと危険かもしれない諸刃の剣。



うーん……ゲイリー

10.名無しさん2019年05月24日 11時10分

>>9
非投与者への攻撃性は要するに「我々では……ない!」であろう。

なお、同じくアークトスファーマで研究され、フォーミュラと似た効果を持つ“溶液”はエアロゾル化してアパラチアに散する実験も実行されたことがホロテープに記録されている。
関連性は今のところ不明だ(棒読み)。

11.名無しさん2019年05月24日 12時26分
感想

>>10
それはおそらくEvent:Project Beanstalkで散されてるやつだろう
実験中に子供死亡事故が起きたり、散した畑が何故か炎上したりする危険物だが、まぁ我らがresidentならこのくらいどうということはないだろう

関連用語について
コメントを投稿する
7684