カルト教団

Wastelanders
別名称一覧:
  • モスマン教団
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
Wastelanders既存変更・追加
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
Wastelandersで大きく変更があった用語です。

28.名無しさん2020年07月19日 05時36分

沼地地帯に黒服のモスマンマスク被った方が、モスマンカルトをディスった入植者にフルボッコしてるのを目撃したのでカルト信者は恐ろしいと感じた!!!

27.名無しさん2020年06月11日 17時48分

>>26
憤怒の翅でしたっけ?
「はね」ですね。
個人的にはラスウイングのままの方が好きでしたね。

26.名無しさん2020年06月11日 17時25分
感想

こいつらの最上位版の名前が憤怒のなんとかだけど漢字読めないからわからん…
とりあえずかげろうって読んでたけどかげろうは漢字で蜻蛉だし違うみたい…

25.名無しさん2020年05月28日 14時37分
感想

現在アパラチアに居るモスマンカルトは信者以外は殺害して構わない教えなうえ、ランダムイベントの中には山積みの入植者死体カルトというものまである。ブラッドイーグルに匹敵する狂人集団なので入信は難しいだろう。

とはいえモスマン召喚を実行してモスマンカルト家具バンドルまであるのに見敵必殺で敵対されるのは納得いかないので、前作ファーハーバーのアトム教みたいな穏健派の追加は現実的に思える

24.名無しさん2020年05月28日 13時28分
感想

前作でもアトム教団にも友好的な信者が少数とはいえいたしポイントプレザント辺りの信者は友好でもよかった気が

23.名無しさん2020年05月28日 13時11分
感想

NPCとしての教団員が追加されるまでは
モスマンロールプレイとして服装キャンプモスマン教会風味にしてるとこも、ちらほらあったのだが
NPC登場後そのすべてが敵対NPCということでロールプレイが難しくなり
そのロールプレイキャンプを辞めてしまった者もいるのが残念なところ

少数でよいので友好NPCや友好的なロケーションがあればと思わずにはいられない

22.名無しさん2020年05月28日 12時11分

倒したときの今際の台詞がやけに長い。
息絶えて地面に転がっていてもまだ台詞が続いている時がある。

21.名無しさん2020年05月07日 04時54分
感想

彼らの拠点の特徴である巨大な枯れや動物のを活用した不気味かつどこか神秘的な建築に心惹かれるプレイヤーは少なくないだろう
篝火の配置や各種オブジェの造形等随所に拘りが見られ、伝統のレイダー建築とはまた違ったベクトルでポストアポカリプスな世界観を見事に表現しておりどの拠点も非常に見応えがある

20.名無しさん2020年05月07日 00時08分
感想

生贄をやってる上にこちらに問答無用で発砲してくるから遠慮無くかぶりついてあげよう。
モスマンの所へ逝けると喜んでくれるはずだ

19.名無しさん2020年05月04日 22時42分
感想

>>18
パス忘れたので追記
なお俺自体も割と熱心なブッディストなので信仰の大事さは理解している
宗教の危険な側面を記述しただけなので
他宗教を批判する意図での発言ではないことを理解して頂きたい

18.名無しさん2020年05月04日 18時10分
感想

>>4
変動の事態はカルトの台頭期だよ
あの基督教ですらローマ時代はカルト扱いで
ローマ滅んでから広がっていったわけだし
ましてやマッポーの到来で
大多数の人間は心の拠り所を必要としていて
既存の神様が手前を救ってくれないことに気づいた訳だし
弱った心と(胃袋)を狙い撃ちにすれば簡単に改宗しちゃうわ

17.名無しさん2020年05月04日 17時49分

キャンプ型のランダムイベント死亡したカルト教団と「ファンシーなグラス」なるジャンク(形が違うものが三種類ある)に遭遇


カルト教団といえば「彼」がいた場所も謎のガラス瓶と白骨死体があったが関係はいかに…

16.名無しさん2020年04月17日 15時02分
感想

彼らのいるロケーションでは、運が良ければ祭壇に降臨したモスマンを崇めている彼らを見ることが出来る。
筆者はご近所でLv46の復讐モスマンを崇めている彼らに遭遇し、彼らに混ざって崇めてきた。

15.名無しさん2020年04月17日 08時55分
ネタ

>>14
星付きは変異時に、身体を突き破ってラッキーホール鉱山の彼みたいになる…
とかだったら面白かったかも知れない。

ヌカワールドブラッドワーム以来のトラウマイベントになりそうだが…

14.名無しさん2020年04月17日 08時15分
ネタ

ぶっちゃけガンマ銃やヌカグレネードなど専用武器(それも凶悪な)を使うアトム信者と比べると専用武具も無くモスマンisGOD発言以外はほぼブラッドイーグルとかと変わらない
モスマンに関する専用武器でもあればいいのだが…

13.名無しさん2020年04月17日 01時18分
Update情報

ウェイストランダーズアップデートにてついに生身の彼らと出会う事ができるようになった
……敵対NPCとしてだが

連邦本土におけるチルドレン オブ アトムに近い性質で、プレイヤーを発見次第問答無用で攻撃してくる

合わせて幾つかの既存・新規ロケーションが彼らの拠点へと変化しており、オブジェのような物を崇拝している姿が見る事ができる

↑Wastelandersアップデート後↑
12.名無しさん2019年10月06日 08時27分
感想

各地のメモホロテープから察するに、「彼」モスマン等、いかにもな宗教団体をひっくるめて『カルト教団』と訳している可能性が高い。
ゲーム的には不便というか混乱するが、現実的にはまぁひっくるめられるだろう。

11.名無しさん2019年01月29日 10時19分
ネタ
10.名無しさん2019年01月29日 08時49分
ネタ

日々要求されるを求めてラッキーホール鉱山で採掘し、「彼」を見て帰るのが日課な信者が後を絶たない。

9.名無しさん2019年01月29日 00時56分
感想
8.名無しさん2019年01月28日 18時30分
感想

関連事項として
3では魔術書を巡る二つの派閥の戦いに加えて「ああ!窓に!窓に!」と発狂した男のホロテープが怪現象の起こるビルに(さらにその男はグールになって禍々しい祭壇で謎の参拝をしている)

4ではオベリスクという建造物をキーワードとし、それを中心に謎のカルト教団と怪現象が起こっている。本作でも登場する犠牲の刃はこの祭壇に置かれていた

放射能という未知数のパワーにより戦前からの崇拝が具現化したのが本シリーズのクトゥルフ要素なのかもしれない

6.名無しさん2018年12月27日 00時09分
感想

ヨグ=ソトースを知らない人向けに簡単に解説すると決して邪神めいた逸話だけで
はない。解りやすく例を挙げるとネクロノミコン関係の神でもある。
ダンウィッチの怪から解るように元ネタはこの邪神かこの世界における別の名前
か……。いかなる時間・空間にも自らを接続出来る存在とされている。
つまり別の世界、別の可能性を辿った世界の存在つまりパラレルワールドを肯定
する神でもある。
平穏な世界ならいざ知らず、生贄を要求するとは言えこんな世界なら別の世界の
可能性を信じる事は愚かとは言い切れないのかも知れない。
そう、私達の世界とFallout世界は今も隣り合っているかも知れないのだ……。

余談ながら別ゲーのFar Cry5のファーザーことジョセフ・シードの名前はモルモン
教の教祖ジョセフ・スミス・ジュニアが元ネタのようだがやはり批難の声が一部か
ら上がっている。やはり宗教は何であれ揉め事を生むようだ……

5.名無しさん2018年12月26日 23時17分
感想

放射能や邪神(を匂わせる存在)を崇拝するFalloutのトンデモカルト教団と、Farcry5でのカルト教団では毛色が違う様な…

あのシリーズはサイコパスな相手との対峙がテーマだし

4.名無しさん2018年12月26日 21時22分
ネタ

このようなカルト教団は核戦争前後を扱った作品にはよく登場するようで、
Fallout以外にはFar cry5にも主人公との敵対組織として登場している。

3.名無しさん2018年12月26日 04時27分
感想

ランダムエンカウントで稀に勧誘のビラを持ったカルト信者の死体と遭遇出来る事からゲーム開始直前まで活動していた、或いは(プレイヤーが遭遇するまで)現在進行形で活動をしている設定なのかもしれない。

2.名無しさん2018年12月26日 00時48分

近接武器としてカルト教信者の刀カルト教信者のダガーがあるが、おそらくこのカルト教団が祭具か何かに使っていた可能性がある。刀に至っては謎の言語が刻まれていたりする。
場所は限られるがアパラチア各所で配置されているので規模は不明だか広範囲で活動していたようだ。

1.名無しさん2018年12月26日 00時19分

戦前から存在していた謎の教団。教理は恐らく自然崇拝
アパラチアの至る所で趣味の悪いオブジェクトなどその活動の痕跡が見る事が出来、教団のメンバーだった人間はかなり多かったようだ(なお、教団のメンバーが他のメンバーを呼ぶ時はCoAB.O.S.と同じようにブラザー(シスター)と呼ぶようだ)

が、非常に謎が多い存在であり、多くの宗派が存在していたのかモスマンを信仰の対象とする者や『更に強大な存在』を信仰する者が居たりなど活動の内容はあまりはっきりしない。教祖も不明(ラッキー・ホール鉱山ターミナルの記述に出てくる老婆が教祖か?)

ラッキー・ホール鉱山の奥地にある例の顔像の存在からして、少なくとも『強大な存在』を信仰していた集団は過去作に名前のみ出て来た謎の神性、『ウグ・クゥアロス』を信仰するダンウィッチ関係の組織の母系である可能性は高いだろう

……………もしかしたらラッキー・ホール鉱山の最奥に伏しているアレこそがウグ・クゥアロスのしょうtうわなにをするやめ

関連用語について
コメントを投稿する
6398



ページ上部に戻る