ハンク・マディガン

別名称一覧:
  • Hank Madigan
  • ハンクマディガン
  • マディガン
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
34.名無しさん2021年07月24日 16時15分

>>27
ビッグベンドトンネルからスコーチ達がなだれ込んでいる時はタッチダウン作戦が失敗した後なので31が言っているがレスポンダー側は詰んでる状況だった。

多くの人に忘れらているが、本来ならチャールストン暫定政府が健在のままならB.O.Sレスポンダーは良好な関係を築けた筈だった。
それがデビッド・ソープの手によって街を破壊された所から色々狂い始めた

そしてアップリンクと言う最後の希望はローズの手によって潰されているので元を正せばカットスローツのツートップが元凶。
チャールストン崩壊のきっかけもロザリン奇襲によるものなので正確には3人(?)か。

33.名無しさん2021年07月24日 16時02分
感想
32.名無しさん2021年07月24日 02時12分
感想

Falloutシリーズ主人公並にアパラチア中を駆け回り色んなクエストをやり遂げた人物だが、レイダー説得に失敗して死亡した。

天から殺しの才能を授かった101ならそのままレイダーを皆殺しにしただろう。
口先の魔術師こと運び屋ならレイダー説得できただろう。
111の錬術師ならアパラチア中をミサイルタレットで埋め尽くしただろう。

残念ながらマディガンにはそう言った能力が無かったようだ。
・・・監督官も似たような事やってるので実はマディガン程度は珍しくないのかもしれない。

31.名無しさん2020年11月22日 19時28分

>>27
尤もなんだけど、一応彼の名誉のためにフォローも。
「戻っても所詮戦闘員が1人増えるだけな上、勝ったところで根本的な解決には至らない」「対策出来なきゃじり貧全滅」「(プレイヤーレイダーラジオを復旧した理由からも解るように)エレベーターを止めた世界の頂上であるため、なんとか交渉の場に引きずり出す必要があった」「一応カットスローツ以外は説得出来た」「(メグローパー等)この世界、無策突撃交渉とか当たり前にするし、させるよね」
それでもだいぶ無茶苦茶だと思うけども、案外各シリーズも主人公デーンデーンした後の時間軸はこんなモノなのかも知れない。

29.名無しさん2020年11月21日 23時03分
感想

>>28
おそらく未実装のお蔵入りなのはいくつかの情報に食い違いがあるせいと思われる
ロジャー・マクソンによって技術優先の西海岸スタイルに変わったのが嫌になって辞めてとあるが
そもそもロジャー・マクソンの働きかけでBOSになりそして所属したのに「ロジャー・マクソンによって技術優先の西海岸スタイルに変わったのが嫌になって」と食い違ってしまう
またロジャー・マクソンBOS歴代指導者の中でも技術収集を推奨しつつも周囲との融和や協力を説いた初代指導者であり没後の先の西海岸指導者とは方針が異なり
人々のため、人々に目的と希望をと願った人物であり未実装のお蔵入りな情報を英wikiを書いた人のコメントにもあるように
ゲーム内の実装情報と食い違いなどがありそれが最終的な未実装に繋がったのかもしれない

28.名無しさん2020年11月21日 20時45分

彼が去った理由は未実装ながら詳しく語られたのがあって元々人助け優先だったのがロジャー・マクソンによって技術優先の西岸スタイルに変わったのが嫌になって辞めて人助け優先のレスポンダーにやってきた模様。
レスポンダー側もマディガンを入れたらB.O.S.に確実に悪感情を抱かれるのでそれに目をつぶれるだけのメリットがあるか面接をしている。
ちなみにこの時に職業は元消防士と軍隊では海兵隊と発言している。(彼の思い入れは消防士のが強い)

内容は英wikiの出典にあるので気になるなら見てみると良いかもしれない。

27.名無しさん2020年11月16日 00時25分
感想

なお、彼が死んだためにレスポンダーは無茶な作戦を彼抜きで実行せざるをえなくなり(そして失敗した)、フリーステイツレスポンダーは協力態勢になれず(マディガンが帰ってきたら協力する、という約束)、BOSレスポンダーはゆるやかな敵対関係(マディガンはレスポンダー所属だがBOSからも信頼されていた)にまで関係悪化する。
 さらに、彼の生死を確認しようとフリーステイツ最後の生き残りが、本人でさえ間違いなく途中で死ぬとわかっている旅に出てしまう。
 レイダーに真っ正面から1人で交渉しに乗り込む、という大ポカやらかした結果がヒドイ事(アパラチアから一時的に人間が絶滅する原因)になった男。
 

26.名無しさん2019年11月16日 20時22分

Bloody Mess死体を破壊するとインベントリにアクセスできるようになるが、その表示もダリオン・ジョーンズ少佐表記となっている。

ダリオン・ジョーンズ少佐といえばセネカロックの案内所でシグナルリピーターの設計図を持っているレスポンダーメンバーだが、おそらくミスでマディガンの遺体名に割り当てられてしまっているようだ。
英語版でもMaj. Darion Jones表記なので、誤訳ではなく元々の設定からずれている。

25.名無しさん2019年05月20日 14時19分

世界の頂上にある死体だが、カメラを向けると「ダリオン・ジョーンズ少佐」となっている。

ジョーンズ少佐の死体がふたつ存在することになるため設定ミスなのだろうけど、死体は替え玉で実は生存している可能性を期待してしまう

24.名無しさん2019年05月20日 01時10分
感想

アパラチア壊滅の詳細を知れば知るほど亡くなったのが惜しまれる人物

それはそれとしてこの人主人公の公式スピンオフを所望したい

23.名無しさん2019年04月28日 04時46分
感想
22.名無しさん2019年02月15日 00時03分
感想

【注意:これは現時点での情報からの推論であり、可能性はあるがあくまで断片的な情報からの想像と予想です】

現在わかっていることには
>>20 >>21 の情報を信じるなら彼は元B.O.S.であり海兵隊というもの
そして他の情報からわかることに
行動派でレスポンダー内では一目置かれていたが交渉ごとは得意でなく
そしてアパラチアB.O.S.の指揮官タガーディからの信任も強かった

また別の僅かな情報だがタガーディ達が最終戦争後に初めてマクソンとの通信をしていたときには海兵隊との演習中であり
その海兵隊もまだ健在であることがその時の通信で語られており
海兵隊が健在なことにマクソンも少し嬉しそうな反応を示していた

ここからは想像なのだが、マクソンタガーディ達に国の真実を伝え、守るべきもののために彼女たちをB.O.S.への参加を促したように
付近に展開中の海兵隊にも同じように訴えたのではないだろうか?
そして全員ではないにしろ海兵隊にもマクソンの理想に同調した者達がいたのではないか?
それがマディガンたちではないのか?と

ではマディガンたち海兵隊はどこまで健在であったか?何故スコーチビーストの騒動の時には居ないのか?

これにも可能性が少しある情報なのだがアパラチアB.O.S.には当初パラディンタガーディ以外にも居たことが確認されている
そしてもしマクソン海兵隊を引き入れたのならそのまま演習相手のタガーディ達の部下…というのは難しいのではないか?
つまりこのタガーディ以外にもいたパラディン海兵隊のリーダー格の人物だったのではなかろうか?

ちなみにこのパラディンスコーチビースト騒動の前に戦死しており
そのパラディンが率いた隊も相当な激戦で犠牲を出している
その戦いこそが『ハンターズビルの戦い』と呼ばれるスーパーミュータントとの初期の激戦である
この戦いで犠牲を出しつつもアパラチアB.O.S.はハンターズビルスーパーミュータントたちを倒して勝利している
(のちにスコーチビーストとの戦争でアパラチアB.O.S.が壊滅後は再びスーパーミュータントがやってきて再占拠している)
もしもこの戦いが海兵隊からB.O.S.になった者達が主力での戦いなら勝利し賞賛されつつも生き残りのマディガンは何かしら思うことがあり話し合いのもと平和的に離隊したのではないか…と
そして、その後もタガーディアパラチアB.O.S.からの信任も強かったのもそのあたりから来ているのではないかと
またマディガンは一部のホロテープ等でパワーアーマーに対する強い想いを語っているものもあり
これも海兵隊B.O.S.での経験から培われたものと考えることも出来るのではないかと

これらのことからマディガンがアパラチアにきた海兵隊でありのちにB.O.S.入りしてスコーチビースト騒動の頃には既に居ないことの仮説の説明の一助になるのではないかと思います
ですが、あくまで断片的な情報をまとめて付けした想像、感想ですので真相は私には現段階ではわかりません

21.名無しさん2019年02月14日 21時32分

さらにThe Vaultには彼はアメリカ海兵隊に所属しててフォース・リーコン(アメリカ海兵隊武装偵察部隊)と書かれていた。

と言うことはどこかにそういう情報が有るのだろうか。

20.名無しさん2019年02月14日 21時31分

どうもディファイアンスのメモから彼も元B.O.S.だった模様。
理由は不明だが彼はB.O.S.を去りレスポンダーに入ったようだ。

19.名無しさん2019年02月12日 16時28分
感想

状況を考えると彼は「全勢力協調グッドエンドルート一歩手前まで」「ルート分岐不明の初回プレイで」「一度も死なずに」来ていた事になる。

…少なくとも俺が操る歴代主人公よりハイスペックだったようだ。

18.名無しさん2019年02月12日 01時02分

超光速でアパラチアを駆け抜けた監督官にも匹敵する能力を持っていた超人類。
中国軍ステルスアーマーを着てるわけでもないのに、
あらゆる場所に潜入できる超人である。
しかしAgility極振でCharisma が足りなかったのかレイダー交渉しようとして世界の頂上で無駄死にした。

レイダー程度口先三寸で騙して、レイダー団のボスになれる位じゃないと主人公にはなれないと言うことか。

17.名無しさん2019年01月25日 13時06分
ネタ
16.名無しさん2019年01月25日 11時22分
感想

>>14
どさくさで同意してるけどアンタ1/2の確率で44マグナム一発で死ぬんじゃ…(銃声)
うんぬ

15.名無しさん2019年01月25日 09時11分
ネタ

>>11
運び屋「頭撃ち抜かれても生きてる位じゃなきゃな。」

14.名無しさん2019年01月25日 09時06分
ネタ
13.名無しさん2019年01月25日 02時40分
感想
12.名無しさん2019年01月24日 21時41分
ネタ

>>11
101「の中からの交渉に失敗したなら仕方ない」

11.名無しさん2019年01月24日 20時38分
感想

マディガンに足りなかった物は純粋な力だ!交渉が決裂した時点でその場のレイダーを死の塊できるほどの力があればきのこれたであろう(ジェットガンギマリ)

10.名無しさん2019年01月24日 18時32分
ネタ

メンタス・グレープでもキメていれば、アパラチアは様変わりしていたかもしれない。
隠密のためにアジリティ、戦闘のためにストレングスを上げ過ぎてカリスマに振る余裕がなかったのだろうか

9.名無しさん2019年01月24日 18時26分
感想

完全無欠に思われた彼にも欠点は有った訳だ
Charismaさえ高ければ交渉も上手くいったし、パーティで行動出来ただろうに
"Charisma2でloneなwandererの感想"

8.名無しさん2019年01月12日 19時05分
感想

>>7
ローズのセリフと、アビーホロテープ内容から判断するに、どうやら正面からレイダー達に交渉しに来た模様。
 「スコーチ脅威の前に、協力すべきだ」
と。
 フリーステイツBOSの双方から信用され協力を取り付けた男の説得は、レイダー達には通じなかったが。(ローズのセリフから、一応、彼を殺す事に反対したレイダーもいたらしいけれど)

7.名無しさん2019年01月12日 16時08分
感想

少し訓練した程度のコスプレティーンエイジャー集団にボコボコにされる程度の雑レイダーたちが、どうやって彼を捕まえたのか

人質でもとったか?

6.名無しさん2018年12月22日 11時46分

世が世ならFO主人公だったろうレベルの行動派。

スコーチ問題への解決策を模索していた勢力がお互いに疑心暗鬼に陥り連携がとれなくなっていた中で、割と強引に他の勢力への協力や情報の収集を試みていた。
独断での重要施設攻略や遠征は当たり前、相手が見つからないなら相手の施設へ破壊工作を試みれば向こうから出てくるだろうとか所属や立場を考えると色々間違った人物ではあるが、ある意味ではアパラチアで数少ない“正しい”行動をしていた人物でもある。

5.名無しさん2018年12月22日 10時06分

スクライブ・グラントターミナルにて名前が登場しパラディンから信頼されていた人間で最初に名前を挙げられている。

4.名無しさん2018年12月14日 18時17分

そこからAMS本社の厳重なセキュリティを潜り抜けてウルトラサイトについての情報を知り劣化ウルトラサイトを撃ち出す対スコーチ武器を考案し保管してあった大量の劣化ウルトラサイトファイヤーブリーザー本部に持ち帰っている。

これを研修に行ったの一言で済ませている。

あの最終試験を考えたのもしかして君じゃ・・・

3.名無しさん2018年12月05日 06時52分
感想
2.名無しさん2018年12月05日 03時19分
1.名無しさん2018年12月04日 22時19分

ファイヤーブリーザー隊長
レジデントが初めて会うのは世界の頂上に入った間抜けな最期。
だがシナリオを進め彼の活動を知ると彼の見方が変わる。
もうこいつ一人で良いんじゃないかな・・・

関連用語について
コメントを投稿する
5701



ページ上部に戻る