エンクレイヴ(アパラチア支部)

別名称一覧:
  • アンクレイヴ
  • エンクレイブ・アパラチア支部
  • エンクレイブ
  • 小さなエンクレイヴ
  • エンクレイヴ
  • Enclave
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
エンクレイヴ所属エンクレイヴ
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
53.名無しさん2020年12月06日 15時13分
Update情報
52.名無しさん2020年04月24日 01時38分

荒らされたバンカーで遭遇するアメリカ陸軍の部隊に対し、身分を問われたレジデントは、自身をエンクレイヴのメンバーであると名乗ることができる。
またその反応は意外にも、驚くでも馬鹿にするでもなく、「君はモーディス(原文ママ)に協力しているのか?」「(我々が)調査を開始したとき、奴は我々に接触してきた」というもの。
少なくとも2103年時点のアメリカ陸軍は、MODUSの存在を(確証してはいないにせよ、そう名乗る存在が居ることは)認識している模様。

51.名無しさん2020年04月16日 21時48分
ネタ

Wastelandersアップデートに伴い、アパラチアには人々が帰ってきた。

その中には戦前においては軍の関係者だった人物も含まれている可能性もあるので、
エンクレイヴのメンバーの皆様はぜひとも制服を忘れず、
自分達が政府であることを主張しましょう!

なに、エンクレイヴは秘密結社的な存在だから、知っている人はいないはず?
…たしかに

50.名無しさん2020年01月24日 15時07分

小さなエンクレイヴなので総勢48人しか居ない。
こんなに少ない理由は始めにレイブンロックとの通信が切れて孤立したエンクレイヴ士官達がトーマス・エッカート以外の議員とその家族達を間引いた後に今度はトーマス・エッカートが戦うためにエンクレイヴ士官達を間引いたため。
小さなエンクレイヴの理由もエッカートが孤立しながらも少数で共産主義者に挑もうとする自分達を強大なペルシア軍に少数で挑んだスパルタ軍に重ねていたところからきているとみられる。

49.名無しさん2019年10月04日 07時31分

どうやら彼らは自分達が作った中国軍のスパイポッドとミュータントアパラチア中に放って混乱が起こっている隙にミサイルサイロを確保して中国に向けて核ミサイルを撃つ事を計画をしていたようだ。
だがサンチアゴ将軍中国に核を撃つためにアパラチアに化け物を放つ必要はないと反対して私の部下達は貴方の言うことを聞く事はないと言ったのでエッカートの命令でMODUSによって昏睡させられた。
エッカートが計画通りに化け物を放ちサイロ進軍の準備しているとサンチアゴ将軍の予想通りに部下達がこの事態を止めるために反乱を起こしてサンチアゴ将軍を救出し最後はああなった模様。

48.名無しさん2019年08月23日 09時12分

エンクレイヴRPするなら勿論全身偵察アーマーもしくはX01プラズマ武器&ガウスで行きたいところ。

47.名無しさん2019年02月08日 00時53分
ネタ

>>46
MODUSメンバーを働かせ過ぎましたか?メンバー、しばらく休養して下さい。」

46.名無しさん2019年02月07日 23時12分
ネタ
45.名無しさん2019年02月04日 20時38分
感想

そのうち、スーパーミュータント化する血清やら、グール化する血清やら開発してしまういそうな気がする。
 メンバーになったResidentの中には、スーパーミュータント化もグール化もドンと来いな人もいそうだしなぁ。
 すでに人外化はしてるResidentが大半だし。

44.名無しさん2019年02月04日 09時02分
感想

変異への考え方以前にエッカートが勝手に大統領を自称したりしてる時点で
本部からは敵と看做される可能性大。

43.名無しさん2019年02月04日 07時48分
感想

他のエンクレイブ支部と連絡が取れた場合だが、敵対しそうなのが。
 変異血清アパラチア支部の成果だと判断しているだろうMODUS変異容認派(むしろガンガン変異しまくる派)が大半なメンバーResident達。
 他のエンクレイブ支部から、同じエンクレイブだと認めて貰えるかどうか。 

42.名無しさん2019年02月03日 03時20分

>>41
アパラチアにも核かは謎だが(RADを検知するのでおそらく核)
爆心地はある
そこで採取したと予想

41.名無しさん2019年01月31日 06時43分
感想

MODUS曰く、バンカーの前の住人は最初の爆が落ちた後、核の爆発範囲で採取できる安定化すれば有用な物(=溶剤)のサンプルを採取したらしい。

しかし、Fallout世界の植物は普通に放射能を浴びるだけでは殆ど影響を受けず(変異してもマットフルーツくらい)、溶剤を生成するレベルまで変異するのは爆心地のど真ん中に限られる。
ワシントンDC全域やボストン輝きの海ならともかく、アパラチアには核が直接着した痕跡は見られない為、アパラチアのエンクレイヴメンバーは他の地域の探索もしていた可能性が存在する。

流石に考察の域を出ないが、ボストンで見かけた完成版X-01は、偵察任務で偶然にも内乱を逃れたアパラチア支部の生き残りが着ていたプロトタイプが原型になったと考えると、今までの謎にも説明が付くかもしれない。

40.名無しさん2019年01月28日 18時12分
感想

リーズでは超人主人公の知人や家族に手を出した結果壊滅させられる組織であるが、それより前の時系列に超人集団であるResidentに利用・復活されているのは支部とはいえ皮肉でしかない

38.名無しさん2019年01月08日 19時30分
感想

この頃の、少なくともアパラチア支部に限ってのみ言うなら冷酷非情に徹する事が
出来るほどには割り切りが効かなかったのだろう。
もしも彼等が完全にそんな風に割り切れたのならばいっそ楽だったのだろうが。
もし本気で割り切れたなら補給物資も落とさなかったはずなのだ。

変異に怯え他者を完全に切り捨てる事も出来ず助ける事もただ出来ず足掻くだけ。
Vault-Tec社Drブラウンのような外道の真似事をするには彼等はあまりに人間過ぎ
たと言うべきだろうか。
汚染されていくかつてのアメリカは彼等の目にはどのように映ったのだろうか。

37.名無しさん2018年12月30日 14時49分

支部ではあるもののホワイトスプリングバンカーは史実では政府用のバンカー
実際その設備の充実さを見るに支部の中でもかなりの待遇であったと予想される
Vault-Tecの大学が建ち戦前でも活発に活動していたほどエンクレイヴの力が強いアパラチア、当然エンクレイヴもVault76存在と目的を理解していたはずである

だが戦前のエンクレイヴが何を目的としていたのか知る者はもはや誰もいない

35.名無しさん2018年12月29日 12時37分
感想

中には中国妥当を掲げる所もあるし、はたまた投下物資に駄賃代わりに戦後通貨キャップが入れる事もある。支部毎に状況認識や情報の乖離が著しい組織という事が本作でハッキリしたので、今後未来の合衆国でもエンクレイブ~支部みたいな派生組織が誕生してそうな予感。

34.名無しさん2018年12月28日 07時13分
感想

レイブンロックとエデン無き後、移動基地クロウラーターミナルに指令部からの指示が残されている
クロウラーに指示を出していた指令部はもしかしたらホワイトスプリングバンカーなのかもしれない

33.名無しさん2018年12月27日 15時50分
感想

この時期のホワイトスプリングバンカーはまだ中国との戦争が続いてる気でいるところがあって、エッカートも度々「中国と戦うために」という大義を持ち出している。
なので、諸々の情報収集から「どうやら中国も核報復で滅亡したようだ」という確信を得るまでにかかった期間もエンクレイヴ本部が沈黙を保った100年間に入っていると思う。

32.名無しさん2018年12月27日 13時13分

むしろトーマス・エッカートが盛大にやらかしてたせいでエンクレイヴはウェストバージニアという港を失ってしまい上リグから出るに出れなくなって戦後復興計画が頓挫してしまったのではないか?という推測が…
それなら本編で100年近く沈黙していた理由も説明できてしまうし、リチャードソン大統領が子に継がせるまで何もしなかったのではなく出来なかった理由になる

31.名無しさん2018年12月27日 10時21分
感想

>>28
なるほど…

アパラチアの被害の被害の少なさ、生き残っていた都市機能(チャールストンワトガ)、肥沃な大地、稼働中の原子力発電所3基、多数米国陸軍の生き残り(後のアパラチアBOSも含む)

ぶっちゃけアパラチア支部が対応を変えて動いてたらアパラチアの完全掌握どころかエンクレイブのトップになり得たかもしれないほどの立地だったのにな…

もし上リグのエンクレイブ本部が何か言ってきたとしても圧倒的な力の差で叩き潰せば他も黙らざるを得ないだろうし、そもそもアパラチアには生きている核サイロがあるし

28.名無しさん2018年12月26日 20時07分

>>27
エンクレイブがお互いに連絡を取り合い最終的な方針「思ったよりアボミネーション汚染が深刻だから純粋なアメリカ人である我々以外全て殺せ」というFO2~FO3で同じみの方針を立てるまで
およそ100年以上の年がかかったため、この頃の支部は方針もへったくれもなく「そのうち終わるだろうし未来に備えて下地作りの地ならししよう」程度の過小評価をしていたと思われる

27.名無しさん2018年12月26日 19時02分
感想

しかしエンクレイブ(アパラチア支部)の目的が分からない…200年先の半アボミネーションと化した原住民を一掃して理想の世界を創る、はまだ理解出来るけど、核戦争の被害がかなり少ないウエストバージニア人を皆殺しにするって、アパラチアを掃除した後はどうするつもりだったんだろうか?

26.名無しさん2018年12月26日 16時14分

スコーチビーストのみならず、最終戦争後にウエストテック研究センターを発見し、スーパーミュータントを解き放ったのもエンクレイヴの仕業である。エッカートはこれを中国軍の生物兵器としてでっちあげて生き延びた民衆に差し向けるつもりだった。
(大統領内閣室のターミナル 監視記録エントリー6.9.7より)

25.名無しさん2018年12月24日 00時01分

指揮系統は大統領>将軍であり、前任者将軍は核使用に反対し、大統領命令でMODUSに捕縛され拷問されている。

24.名無しさん2018年12月23日 21時27分
ネタ

地上のいずれ敵対する恐れのある勢力が滅亡した後、レジデントを使って地上の哨戒をするロボット部隊を動かしたりする等、確実に地上への影響力を強めている辺り漁夫の利を狙うアクシズのような組織
ピンク髪のカリスマ宰相がいないのが悔やまれる。

23.名無しさん2018年12月23日 17時45分
感想

>>22 かつてはそうだったかもしれないがMODUSの項目にもあるがそれまでのバンカー内にいた連中が死んで良かったと考えているような節があり、その上今後の活動がアパラチア害虫駆除である。
その先を考えるとアパラチアの地上の掌握や本部との合流が考えられる。
レジデントバンカーに辿り着いた時点からエンクレイヴとしての再始動という考えができ、我々プレイヤー始点で言えばMODUSしかいないエンクレイヴと言えるのではないだろうか。
それこそ某大統領風に言ってしまえば「我々こそがエンクレイヴ」だとも言っていいかもしれない。
その辺の考えもレジデント次第だろうけど。

22.名無しさん2018年12月23日 17時15分

>>19
エッカートホワイトスプリングバンカーを掌握する以前から大統領(オイルリグのことか?)及びレイヴンロックとの通信は途絶していた。
彼が財務長官を謀殺し、「継承順位」に倣ってリーダーにのし上がり、自分に反対する者を皆殺しにした時点でこの組織エッカート一味でしかなくなっていたのだろう。

21.名無しさん2018年12月22日 18時18分

上の方でエンクレイヴにとって「Vault住民は純粋なアメリカ国民か否か」という議論があったが、そもそもVault-Tec計画はエンクレイヴが指導したものである
本来は核の最終戦争Vaultでやり過ごした後別の惑星に旅立ってそこでG.E.C.K.を使い新たな母星にするという宇宙人からインスパイアされたトンデモ計画だった
しかしG.E.C.K.にそこまでの性能がないため失敗に終わり皆も知る「実験場」となった
つまりエンクレイヴにとっては「Vault住民はそもそもモルモット」である
実際FO2ではG.E.C.K.目当てに政府だと偽りVaultの入り口を開けさせてミニガンでこんにちは死ね!をやってのけたのだ
とはいえ76の住民は再建を目的にしているためモルモットとは言い難いためどういう対応に出るかは未だ未知数である、まあ変異してたら殺されるのは間違いないが

20.名無しさん2018年12月20日 02時37分
感想

X-01や士官服に身を包んだ集団で集まって写真撮影とかしてみたいものである。
荒れた世界に小綺麗な制服の集団の存在感は凄かろう。

19.名無しさん2018年12月20日 01時18分
感想

農務長官だったトーマス・エッカート“大統領”が粛清によって組織を掌握し、内乱によって人間の構成員が全滅した後はバンカーの管理AIであるMODUSが運営している。

エッカートが本部(オイルリグに逃れたリチャードソン大統領一派)を差し置いて勝手に大統領を名乗っていたところを見るに、アパラチア支部というよりは単なる「エッカートの私兵団」に成り下がっていたのではないだろうか。
また、現在組織を運営しているMODUSも「バンカーの修復」「地上の観察と”害虫”の駆除」にしか関心が無いように見える上、現在も本部との連絡は切断されている(公文書ターミナルで確認が可能)為、「本当にこれをエンクレイヴと呼んで良いのだろうか」という疑問を覚えてしまう。

この組織が「エンクレイヴ」として再建されるかどうかは、将軍(resident)達の手にかかっているのではないだろうか。

18.名無しさん2018年12月18日 11時39分
感想

ただ今作戦前世代が多く生き残っている(いた)時代でまだエンクレイブも完全な先鋭化にまではなっていないと思われる。加えてresidentは他の有象無象のvaultとは違い、アメリカ再建の為のスペシャリストたちなのでエンクレイブに忠誠を誓い馬ぐるまのように働けばフィールドエージェントとしては価値を認められていた…かもしれない

17.コメント142018年12月18日 10時53分
感想

>>16
すまない。
私がコメントしているエンクレイブは過去作のフォールアウト3に出てくる連中の事。
 今作のエンクレイブ(アパラチア支部)の人間は全滅しているから、resident達がエンクレイブ(アパラチア支部)メンバーに参入する事に反対のしようがないのが、今作residentがエンクレイブに参入出来た理由のひとつだろう。

16.名無しさん2018年12月18日 09時58分
感想

メンバーに選ばれて居ないのだとしたらイベントクエの呼ばれてるメンバーとは誰の事なのだろうか?

15.名無しさん2018年12月18日 09時54分

外の生まれで後からvaultに来た訳だしエンクレイブからすればウェイストランド人だろう101は
戦前からvaultに入ってた76の居住者とは違うのだから

14.名無しさん2018年12月18日 09時44分
感想

>>13
エンクレイブが新しく外部からメンバーを参入させる可能性は低い。
 純粋にVault育ちだと思われていた、101のアイツがあんな扱い(ツケは払わせたが)だった以上、resident達も似たり寄ったりな扱いだろう。
 エンクレイブ側からすれば、アメリカ再建を使命にしていても、所詮、Vault76居住者達は、エンクレイブのメンバーに選ばれなかったのだから。

13.名無しさん2018年12月18日 08時58分
感想

Vault-Tecの思惑か、はたまた創始期エンクレイブの計画なのか、アメリカを再建するために76の一部の住民がこの組織に加入し、行動を起こす。
核を完全な破壊の兵器としてではなく、あたかもテラフォーミングの技術として使うあたりおなじみの倫理観満載である。
特筆すべきなのは、アパラチアウェイストランドのすぐ右隣はキャピタルウェイストランドであり、もちろん交信不能となっているレイブンロックとも近いことだ。
101のアイツと激突することとなるエンクレイブは、76の子孫たちなのだろうか。両者ともにアメリカの「再建」をかけて行動していただけあって、なかなか今後のストーリー展開が面白くなるところではある。

なお、エンクレイブ、英語の正式な発音は、「アンクレイヴ」である。エンクレイブと発音するのは3の名残です。

12.名無しさん2018年12月17日 18時20分

この記事にもあるスコーチビーストに関すると思われる監視録音は必聴。
血清実験で人間をアボミネーションに変えることに反発する部下を華麗に密告する女上司も、スコーチビースト発見(完成?)の報告に嬉々として「それは増やせるのか?」「繁殖させてもっと観察できるか?」と尋ねる長官には流石にドン引きであった。

11.名無しさん2018年12月17日 11時33分

ちなみにここの司令部にはMODUSエデン大統領の交信記録がある。彼がいかに霊的引用などをするようになったかの一片が見れるかもしれない。

10.名無しさん2018年12月16日 22時32分
感想

組織自体は悪役寄りだけど穏健派や離反者も居て一枚岩ではない
residentが本部に合流して穏健派等の勢力に影響を与えたとか妄想すると楽しい
MODUSZAXは交流してたからあり得ない話じゃないんだよね

9.名無しさん2018年12月16日 20時16分
感想

Fallout76は現状、賛否両論の評価を受けているが自分は支部だとしてもエンクレイヴに所属できたことについては評価されてもいいと思う。
今までのシリーズでは所属どころか必ず敵対した上に、Fallout4では戦前の英雄というエンクレイヴが気に入りそうな人材であるSole Survivorがいるのにもかかわらず勢力としては未登場というある意味不遇な扱いだった。
自分含め所属したいと思っていたプレイヤーからしたら朗報だし、RPの自由度の向上という意味でも素晴らしいことだろう。

8.名無しさん2018年12月16日 19時10分
感想

>>5
まあ東海岸B.O.S.は3ではグール威嚇射撃、4では愚痴を言うにとどめると
リーズと時代が進むにつれだんだんと態度ややり方を軟化させているのに対して
過去シリーズのエンクレイヴは意思疎通の有無とか危険性とか関係なく
『(自分らが定義する)人間でないならすべてダメ』なので仕方ない

今作アパラチア支部がプレイヤーたちと意思ある存在によってどう変化を遂げるのか?
滅ぶのか?発展して違うものに成るのか?
実に興味深い

7.名無しさん2018年12月16日 19時04分
感想

MODUSの項目は組織、団体になっているが、恐らくこちらが正しい。もう出すは人名だろう。

6.名無しさん2018年12月16日 18時46分
感想

やっぱり色々やらかしてた組織。かつての構成員にはあのキャピタルから撤退してきた者達もいたようだ。
しかしやっぱり人間は全滅しており、以前のメンバーに対して呆れていたような節を見せる意思疎通可能な彼なので、今後のエンクレイヴアパラチア支部の舵取りはレジデントに委ねられる。
本気で復興を目指すエンクレイヴなんて事もできるかもしれない。

5.名無しさん2018年12月16日 18時26分
感想

>>3
実際、放射線FEVの影響を受けているのは確かだし間違ってはいない。比較的優良な東海岸BOSでさえ意思疎通ができ感情があってもグール人造人間は認めないっていう方針だし自分たちを中心とした新たな秩序を作ろうとしたら自然とこうなるのかもしれない

4.名無しさん2018年12月16日 17時58分

ちなみにスコーチビーストは生化学の実験中にたまたま生まれた生物でそれを聞いたトーマス・エッカートアパラチア支部リーダー)が研究のために繁殖させようと見つけた場所である古いAMSの採掘施設で計画を進めた。
恐らくグラスド洞窟だとみられる。

ちなみにコウモリが標本にうっかり触れて出来てしまったらしい。

間違っていたので修正しました。

3.名無しさん2018年12月16日 15時40分
感想

どっちに転んでも所詮あのクソ倫理政府が母体なので

変異活用派「ウェイストランド人不安定且つ中途半端な変異しかしてないから
(事実上)人間じゃなくて実験動物な!」
変異忌嫌派「ウェイストランド”人”?共産主義放射能のせいで生まれた哀れなミュータント共だろ?」

といった具合に歪な優性思想に進んでいく気がするのは私だけだろうか。
後者の方は実際にそうなった結果完膚なきまでに潰されたが。

2.名無しさん2018年12月16日 15時19分

過去作品においては「旧世界から変わらない遺伝子を持つ人間」のみを人として扱っており、放射能FEVによって変異している地上の人々を人間扱いしない事が度々あった。

しかし本作では変異による利点を活用しようとする一派が存在したらしく、
変異を嫌う派閥との大規模な抗争が起こっていたようだ。

1.名無しさん2018年12月16日 14時15分

久しぶりに登場を果たしたシリーズ恒例のあの組織である

今回、他の組織スコーチに立ち向かい皆壊滅と死滅しているが
この組織にはまだ『意思疎通が可能』な存在がいて
プレイヤーが来るのを待っている

ちなみに他のレスポンダーフリーステイツB.O.S.等はターミナル
クエスト進行上とりあえず登録してるみたいな対応の中
この組織には『意思疎通が可能』な存在がいるので正式なメンバーになれる

余談だが今回のアパラチアを騒がしたスコーチスコーチビーストを起点にした
スコーチ病等のスコーチ被害の原因は実はこの組織の人間である

アップデートが報告されています。クリックで該当コメントに飛びます。
53. 2020年12月06日
パッチ24にて関連施設が新たに追加。詳しくは「エンクレイヴ研究施設」を参照されたし
関連用語について
コメントを投稿する
6105



ページ上部に戻る