Nuclear Physicist

別名称一覧:
  • ニュークリアフィジシスト
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
PerkINT Perk
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
15.名無しさん2019年05月22日 11時52分
MOD

少し細かい話になるがフュージョンコアに対する効果は持続時間上昇ではなく消費量低下でかかっている。そのためpark追加MODなどでRank3の効果が2重にかかった場合消費量-100%になって永久にコアが使えるようになる

14.名無しさん2018年05月25日 16時06分

フュージョンコア長持ち効果はRank3を取得するとバグでRank2と重複して+150%になる模様。

13.名無しさん2017年11月14日 22時06分

これ取らずにPA常用して新サバファー・ハーバーダッシュジェットパックVATS使いまくっててもコアが10個前後あれば結構余裕だった
Lucなら弾薬ボックスからフュージョンコアが複数個出てくることもあるが、今作PAは恐ろしく頼りになるので高難易度なら序盤からこれを取るのも全然あり

12.名無しさん2017年11月14日 18時59分

コアは後半以降弾薬庫からよく出てくるし、ラストデビルロボットからも拾える
最終的にかさばるくらいコアが余るパターンも多い
しかし分かってても勿体無い精神が発動してランク3取るまでPA常用しようと思わないプレイヤーもいるとか

11.名無しさん2017年09月11日 00時00分

ベルチバードからコアを落とせば空爆ごっこが出来て割と楽しいので是非やってみよう

10.名無しさん2017年08月31日 10時41分

サバイバルではFTがほぼ使えないのでこれを取得すると非常にフュージョンコアを節約できて助かる。特にパワーアーマー装着時はダッシュ時に鬼のようにコアのエネルギーを持っていかれるしスコープを覗いてる最中もかなりの勢いで減っているがこれを取得すればあまり気にせずによくなる。

9.名無しさん2017年05月13日 17時43分

>>8
ジェットパックを乱用すると、腐るほど余るコアも一瞬で消滅するようになる。
また、RADダメージ上昇は近接武器最強格の1つのアトムの審判にも乗るので舐めてはいけない

どちらもつかわねーよ!と言ってもジェネレーター - 核融合の条件になっているので、Int.9の価値はあると思われる

…Rank.3のフュージョン・コア(Nuclear Physicist)はゴミだが

8.名無しさん2017年05月13日 17時28分

放射能武器は軒並みアレ、どの道腐るほどコアは入手できる、そもそもパワーアーマーを使わないなら恩恵なし
・・・これでINT9である。

7.名無しさん2017年03月22日 15時05分
6.名無しさん2016年08月14日 15時41分

ランク3のこれにボブルヘッド-Repair -も有ると常にパワーアーマーを装着して動ける程に消費が軽減されるので、パワーアーマーファンには勿論、B.O.SルートでのRPに最適。

5.名無しさん2016年06月03日 17時32分

どちらかといえばサバイバルで効いてくるperkフュージョン・コア重量4と重いのでいくつも持って歩かないで済むようにできる。

4.名無しさん2016年04月27日 21時00分

Rank3の能力でコアを手榴弾として足元に転がしつつジェットパックで空を飛ぶと
すごい楽しいぞ!ああ!楽しいだけだ!

3.名無しさん2016年03月18日 01時14分

ただしこのPerkを持っていてもガトリングレーザーの装数が増えるわけではなく、変わらず500発でリロードされる・・・つまり装填分を最後まで撃ちきっても中途半端にエネルギーを残したまま別のコアに入れ替えられてしまうことになる

1.名無しさん2016年03月13日 08時50分

条件:Int★★★★★★★★★
Rank1(Lv-):武器Radダメージ+50% フュージョンコア持続時間25%
Rank2(Lv14):武器Radダメージ+100% フュージョンコア持続時間+50%
Rank3(Lv26):フュージョンコア持続時間+100% 使用中のコアを手榴弾として足元に転がす

Rank3が暴発しやすい。投擲・設置未装備状態だとコアを転がす。
ダメージもなかなかで有効範囲も意外と広い。(そのせいで自分が巻き込まれやすい)
画面切り替えをAlt+Tabでしまくる人はキーコンフィグ必須である。
さもなくば適当な投擲物を装備しておくこと。

とにかくRank3は使い勝手に悪意を感じるのだが気のせいか。

関連用語について
コメントを投稿する
959



ページ上部に戻る