放射能バレル

別名称一覧:
  • Radioactive barrel
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
トラップオブジェクト
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年04月29日 13時57分

放射線を放つドラ。近づくと重度のRADダメージを受ける。
連邦の至るところに投棄されており、表面は白と黄色に塗り分けられ、放射能を示すハザードシンボルが描かれている。

解体すると×3、×2が得られるが、
何故か核物質は一つも出ない。本当に何故だ。

2.名無しさん2016年04月29日 14時07分

スターライト・ドライブインでコイツを見かけ、解体すれば核物質が手に入るとぬか喜びしてしまった人は多いはず。

3.名無しさん2016年04月29日 15時07分

コレがほんとのヌカ喜びってねwww(俺何言ってるんだろ・・・・)

4.名無しさん2016年04月29日 15時07分

ガイガーカウンターが反応を示す距離はバレルによってまちまちで、結構近づいても反応しないものや、かなり距離をとっているのに反応示すものもある。
距離が近づくと秒間20を超えるRAD値を叩き出すため、輝きの海を放浪するよりもこいつの脇を通るときの方が心臓に悪い。

5.名無しさん2016年04月29日 17時52分

戦前では安全な放射性廃棄物の処理法として発表されてた

まぁ、戦前の会社なんてデマで出来た会社ばかりなんだが

6.名無しさん2016年04月29日 18時21分

前作FO3)では、レプコン社のいい加減な安全管理と杜撰な処分方法で悩ましたが、今作ではマスフュージョン社が杜撰さが解る。マスフュージョン格納庫倉庫だと腹黒い・・・。

7.名無しさん2016年04月29日 18時32分

ロブコやレプコンがこの手のバレルを製造し、核廃棄物の放置を行っていた模様。
ただ旧作とややデザインが違うので、同じものかは不明。

8.名無しさん2016年04月30日 00時42分

特定の場所ではトラップや人避けとして使用されている事もあり、そういう所は大抵その先に“何か”がある。それが放射線に汚染されてまで手に入れたいようなものとも限らないが…

9.名無しさん2016年06月01日 13時46分

>>5 むしろ200年以上経った今でもガイガーカウンターが反応するほど漏れているということはドラム詰めされた直後は本当に安全だったのかもしれない

10.名無しさん2016年06月01日 15時56分

Fallout:Newvegasに登場したレプコン本社の展示室においてはこの雑な廃棄方法の
模型に「完全に安全な廃棄方法です!」と書かれていたが、しっかり漏れていた。

「レプコン」という過去作での名前とこの杜撰な管理方法は1988年に起こった
化学工場火災「ペプコン大爆発」事件が元ネタと思われる。
同じくバレルに入れただけでロケット用化剤を構内の駐場に置いていた所、
暴風で壊れた屋根を直す作業中に溶接用トーチから引火。
最終的には工場が凄まじい大爆発を起こし、衝撃波により2.4km以内の建物は
重度に破壊され、11km離れたマッカラン国際空港も衝撃波に襲われた。
爆発によりマグニチュード3.5の地震が起こった事が記録されている。

11.名無しさん2016年06月07日 00時30分

戦前の処理能力はコレほどまでに杜撰なのに、クラフトでそのバレルをパカパカ解体し無化処理してしまう111の凄まじさよ……

12.名無しさん2016年06月10日 22時54分

放射能バレルによっては、近づいてもRADが上昇しないのもあるので、200年たった今でも漏れてないのもあるようだ。

13.名無しさん2016年06月11日 20時43分

この手の廃棄方法はあくまで人の手があってこそのものだというのを念頭にいれておこう。200年放置とか完全に想定の範囲外なのだろう

14.名無しさん2017年01月20日 21時37分

実際に放射性廃棄物はこの放射能バレルと全く同じドラに保管して、地中に埋める。

15.名無しさん2017年06月06日 20時11分

愚かなように見えるだろうが実は放射性廃棄物をそこらへんに捨てる、というか
一時的に置いておくという方法は現在において日本でも国外でも採られている。
石棺にて封印するのも埋めるのもすぐには決まるものではない。
その土地が立ち入れなくなるのだから当然である話。
そこで日本の場合は外国に処分を依頼する、という方策を採っている。

16.名無しさん2018年07月11日 02時09分

血塗れ不屈RAD動力のためにRADを溜めたい場合には有用。川遊びは時間がかかるうえにAquaboyを取ると使えなくなるし。
CIT廃墟前やヒューゴの穴ぐらバレルFTから敵に襲われることなく手早くRAD調整できて便利。

17.名無しさん2018年11月02日 11時19分

>>10
余談だが、この事故では「衝撃波が自分達の方に迫ってくるのが見えた」という証言が多々あり、実際に爆発の状況を撮影した複数のビデオも衝撃波の動きを捉えていたという

そう簡単に見えるものではない衝撃波が多くの目に確認されたという事からも、余程の大爆発であったことが伺える

1953