メインクエスト

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年11月04日 17時38分

本作のストーリーの中核を為す一連のクエスト群のこと。
アパラチアに25年ぶりに足を踏み出したResidentたちは各地で生存者たちの痕跡を探りながら、この地を無人地帯へと変えた原因の探索とその対処に乗り出していくことになる。
なお、これらのクエストは順番通りに攻略する必要は一部を除いて存在せず、それこそ序盤からエンクレイヴ関連のクエストを攻略することも可能である。
以下に挙げたクエストの順番は、あくまでクエストの攻略ごとに示唆される次のクエストへの導線を辿っていった場合のものである。

Vault76監督官関連)
Reclamation Day
Overseer's Mission
<解説>
再生の日の当日に寝過ごしたResidentは一人Vault76の出口を目指す。その道中で発見したホロテープにはVault76監督官からのメッセージが録音されていた。女は自分には「アパラチアに配備された3基の核ミサイルサイロの確保」という任務が課せられており、Residentもそれに協力して欲しいと告げる。

フラットウッズモーガンタウン空港レスポンダー関連)
First Contact
Thirst Things First
Second Helpings
Final Departure
<解説>
核戦争後のアパラチアに足を踏み出したResidentは、最終戦争を生き延びた人々をまとめ上げていた「レスポンダー」の存在を知る。そしてらの残した記録からアパラチアで生き延びるためのサバイバルの知識、レスポンダーの最期、さらには「スコーチ病」について学ぶことになるのだった。

グラフトン毒の峡谷各地(グラフトン市長関連)
Bureau of Tourismパッチ9でメインクエストへと昇格)
<解説>
ラジオ放送「WRGFグラフトン」を受信したResidentたちは「グラフトン市長」なる人物を訪ねるためグラフトンへと向かう。以前はサイドクエストだったが、毒の峡谷を探索してもらうためにメインクエストへと昇格したクエスト

チャールストン周辺(レスポンダーファイアーブリーザー関連)
An Ounce Of Prevention
Into the Fire
Runner's High
<解説>
モーガンタウン空港スコーチ病のワクチンを開発するための「イノキュレーション計画」について知ったResidentチャールストンに向かう。イノキュレーション計画責任者クレア・ハドソン医師はワクチンの完成後は「ファイヤーブリーザー」を頼れというメッセージを残していた。

世界の頂上荒れた境域各地~チャールストンレイダー関連)
The Missing Link
Signal Strength
├Flavors of Mayhem
Key To the Past
<解説>
ファイヤーブリーザーの一員、ハンク・マディガンスコーチへの対策となり得る「この状況を変えられるかもしれないもの」を発見していた。それについて知るため、Resident世界の頂上へと向かう。そしてマディガンの遺したものを回収するため、レイダーの生き残りに協力することになるのだった。

アビーのバンカー沼地地帯各地~チャールストンフリーステイツ関連)
Early Warnings
Reassembly Required
Coming to Fruition
<解説>
ハンク・マディガンが持っていたのはスコーチ探知機の重要部品「アップリンク」だったが、壊れてしまっていた。これを作った組織であるフリーステイツバンカーに赴いたResidentは、今度はスコーチ探知機を完成させるために動くことになる。

キャンプ・ベンチャーディファイアンス砦キャンプ・マクリントックチャールストングラスド洞窟BOS関連)
Defiance Has Fallen
Recruitment Blues
Back to Basic
Belly of the Beast
<解説>
フリーステイツターミナルからBOSという組織とその拠点について知ったResidentは、BOSについて知るための調査を進めることとなる。やがてBOSが戦っていた相手であり、アパラチアを無人地帯へと変えた元凶「スコーチビースト」の根源を知ることとなるのだが…。

チャールストン放棄された廃棄物投棄場ホワイトスプリング・バンカー荒れた境域各地~地割れ地点プライムエンクレイヴ関連)
Uncle Sam
Bunker Buster
One of Us
Officer on Deck
I Am Become Death
<解説>
Residentスコーチビーストを殲滅するべく、BOSでさえ手の出なかった核攻撃のための手段を得るため、「サム・ブラックウェル」との接触を図る。そしてアメリカ合衆国を影で操っていた組織エンクレイヴ」の生き残りと出会うのであった。

3.名無しさん2019年11月08日 02時13分
感想

Wastelanders導入後は無くなるか、少なくともある程度の変容はあるものと思われるので、遊ぶなら今のうちに、核は落とさないまでも核サイロ手前くらいまでは進めておいた方がよろしいかと。

あと、 >>1 が長大だと読み込みが毎度しんどいので、1は概要に留め2以降に本題とした方が良いような。

4.名無しさん2019年12月26日 12時07分
感想

レスポンダー関係のメインクエストのタイトルが個人的に好き

Thirst Things First
→First Things First のもじりだろうか?大事なことは最初にしよう。喉の乾きは最初に対策を。
Second Helpings
→そのまま「おかわり」の意味。喉を潤したらリブアイ・ステーキをおかわりだ。
Final Departure
→最後の出発。目的地がモーガンタウン空港なので最終出国便という意味かな?レスポンダーからの入国審査(基礎知識)を終えアパラチアに旅立とう。

5.名無しさん2020年02月27日 18時52分

以下は全くの余談だが、放棄された廃棄物投棄場の奥へ行けば、それ以前を全て飛ばしてエンクレイヴ編から始める事もできる。
…まあ、洞窟の中を徘徊する2匹のデスクローをどうにかして始末できるなら、その後もそれなりにキツいロケーションの探索等をクリアできるなら…の話だが。

2nd以降のキャラクター等で、進行がかったるくなった場合などには一考を。

6.名無しさん2020年02月29日 15時09分
感想

日本時間2020年229日に開かれたPAX EASTでは、Wastelandersの試遊台が設置されており、来場者はそれで遊ぶことができた。
それで遊んだ人の発言によれば、既存のメインクエストにも人間NPCが追加されるとのこと。例えば、フラットウッズにはレスポンダーの格好をした人物が登場するらしい。

8454