CPG

別名称一覧:
  • Commonwealth Provisional Government
  • 連邦暫定政府
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
設定・用語
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
8.名無しさん2021年08月23日 19時05分
感想

ニックから聞ける情報はあくまでも(あえて人間として使うが)ニックの人間性や社交性による主観的な出来事であり、インスティチュートとしては暫定政府を実行力のある組織に育てられるように動いていたようだ(インスティチュート側からの情報)

そもそも一触即発の、お互いに銃やナイフを机の下で突きつけ合うような状態(物理)での交渉だったのではないだろうか
誰もが主権を主張しあっていて、起きてしまった事件の揉み消しに誰もが事の発端となる事を恐れて生き残りもいないという事態であるので、各自治体のそれぞれの団結のために都合の良いインスティチュートはダシにされた可能性があるのではないか、と愚考する。
まぁあくまでも個人的な感想だが

7.名無しさん2020年05月09日 20時14分

>>4 はあたかもニックが話し合いによる問題解決を揶揄して「始まる前から終わってた」と評したかのように書いているが、文脈は異なる。
CPGの大虐殺に関するニックの発言は以下の通り。

(111「CPGの大虐殺?」)
ニックCPG連邦暫定政府のことだ。何年も前、移民グループが連合を作ろうとした」
「ちょっとでも勢力のある居住地には代表を送り、話し合いで合意を得ようとした」
「だが、インスティチュートも独自の代表を送り込んだ。人造人間だ。奴は集まった代表を全員殺した」
連邦暫定政府はスタートする前に終わっていたのさ」

ニック自身は別段CPGのやり方にコメントしていない。
文脈からして、インスティチュートが介入を決めたその時点で「連合」の運命は決まっていた、という意図だろう。

6.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
5.名無しさん2018年03月20日 21時49分

まあ合衆国の建国は十三州の話し合いで決まったんだけどな
とはいえ独立宣言は自治体レベルの秩序がしっかりした近世の出来事、
今の連邦はむしろ、ムラにも満たない小規模権益集団が争う中世なのかもしれない

4.名無しさん2018年03月20日 08時22分
感想

一度大枠である国家の正当な政府が消えると自治体レベルですら秩序が維持できなくなり、小規模な集団レベルの権益集団による割拠状態に必ずなるという必然状況に連邦も置かれた。
何を勘違いしたのか、それを「話し合い」で脱しようとした無謀な計画らしい。
ニックが評するに「始まる前から終わっていた計画」である。

3.名無しさん2018年03月20日 06時17分
2.名無しさん2016年02月16日 15時04分

ファーザーとの会話や、インスティチュートの居住区に残されたホロテープによりインスティチュートが暫定政府を何とか継続させるよう努力していた形跡が伺える
ホロテープによると人造人間がいようが居まいが話し合いが既に破綻寸前だったようで、虐殺が行われずとも決裂により政府樹立はならなかった可能性が高い

尚、何故殺害という暴挙に人造人間が出たのかは不明
パワーヌードル人造人間が大暴れした件と類似している感じがするが……?

1.名無しさん2016年01月14日 17時33分

Commonwealth Provisional Government連邦暫定政府。
時期は不明だが2230年前後。
連邦各地にある勢力の代表者が一箇所に集まり、話し合いをして、より良い連邦を作ることを目的とし、暫定政府を設立しようとした。
しかし代表者の中にインスティチュート人造人間が混じり、会合の場にいた代表者が全員殺され、CPGも同時に崩壊した。(CPGの大虐殺)

ニック曰く「始まる前から終わってた計画」

関連用語について
コメントを投稿する
194



ページ上部に戻る