メイソン

Nuka-World
別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
ヌカワールド・レイダーズNuka-Worldパックス
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年10月15日 20時30分

ヌカ・ワールドを支配する三大レイダーギャングの一つ、パックスリーダーで、ペイントを施した顔に口髭をはやした屈強な男性。

他のギャングのリーダー達と比べるとどこか間抜けな印象を受けるが、ゲイジからは「メイソンがどうやってあの野蛮なパックスをまとめているのか分からない」と評され、またディサイプルズオペレーターズがどちらも幹部三人で運営されているのに対して、唯一パックスだけは彼一人の手で動かされているあたりに、得体の知れない高いカリスマ性を持っていることが伺える。

2.名無しさん2016年10月16日 02時26分

戦闘の前など、感情が昂ると雄たけびを上げることがあるが、その際に何故か口を閉じたまま声を発することがある。
会話時のカメラワークが『淡々と反乱の状況を説明するブラック一家』→『口を閉じたまま無表情で雄たけびを上げるメイソン』→『真顔でそれを見る111』となったりすると、非常にシュールな光景になり腹筋に悪い。

3.名無しさん2016年10月16日 04時31分

初顔合わせの際に会話チャレンジを全て成功させ、且、カリスマが高ければトンデモ性能のユニークハンドメイドライフルが手に入る。
チャンスは1度しかないので顔合わせの際はしっかり前準備をしてから会おう。
(救済措置?としてマーケットで同性能のスプラッターキャノンが手に入るが…)

また、彼の服もユニークである。
帰り際に併せて頂いて帰ろう。
(防具を全てスッたらロード扉を挟むことでスポーンするので、彼がで可哀想なんてことはない。心置きなくスらせてもらおう。)

4.名無しさん2016年11月06日 22時54分

味方につけたままPower Playクリアすると、「あんたは凄い。だが俺たちを友達だとは思うな、実際違うし。今でも大さえ積まれればあんたを殺すことに躊躇はしない。」とレイダー達に情が湧いてきてしまった総支配人に、あくまで関係は利益がある内だけだぞと忠告してくれる。

少々正直すぎる感もあるが、うわべだけペコペコするのではなく本心をさらけ出してくれると言う点は他のレイダーとは異なり狡猾さを感じさせない。そこにメイソン延いてはパックスのなんとも言えない憎めなさが表れていると思う。

5.名無しさん2016年11月13日 22時08分

名無しメンバーが頻繁に言うセリフに「メイソンは最後のアルファ達にタールを塗り羽をつけた。それ以来見かけた者はいない。そしてそれについて尋ねるのは賢くない」というものがある。
おそらくメイソンが前任者のリーダーを追い出した時のことを言っているのだろうが、具体的にどのように行われたのかを本人に聞くことはできない。

6.名無しさん2016年11月13日 23時15分

メイソンがいてハドソンがいる…あとは
レズノォ…いやなんでもないです

7.名無しさん2016年11月16日 09時04分

死刑の方法でタールを塗り羽をつけることで、動物に見立て人間ではなく動物として死刑になるという刑罰がある。

8.名無しさん2016年11月20日 12時22分

!戦闘!何か!
!戦闘!何か!・・・って感じで

9.名無しさん2016年11月20日 15時17分

勇ましい雄叫びを上げることもあるのだが、表情がロクに変わらないせいでぶっちゃけあんま怖くない
そんな口笛吹いてるみたいな神妙な顔で奇声出さないで

10.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
11.ジョン・トレント2016年12月25日 22時05分

なんだかんだ裏表の無い好漢。
初対面時に部下のパックスへキツく当たっているがきっと部下への愛情故だろう<嘘>
別に111に見えてる幻覚でもないしモスクワに埋葬されてもいない。

12.名無しさん2017年01月25日 22時38分

メイソンが前任のボス?のアルファ達にしたタールを塗り羽をつけたのは死刑…ではなく、私刑で人にコールタールをぶっ掛け、の羽根をまぶし、横にまたがらせて引き回す、という復讐・制裁行為らしい。

13.名無しさん2017年09月13日 00時46分

野性味溢れる自信満々の脳筋男かと思いきや、初対面時のスピークチャレンジ次第では彼自信のちょっとした本音も垣間見える
たった一人であの狂人集団を束ねるにはそれなりに気苦労も多いのだろう
機会があれば手下のレイダーゲイジもいない場所で二人きりで飲んでみたい男ではある

14.名無しさん2017年12月15日 17時01分

メイソンが前のリーダーに対して行ったタールをかけての羽をつけるというのは
ちょっと突飛に聞こえるかもしれないが、古くからヨーロッパで
行われていた見せしめで、アメリカ独立戦争の前後にも行われていた私刑の方法である。
(時代が下ると私刑で殺すことを指して「リンチ」というようになっていったが)
元々公衆の面前で面子を潰す事でコミュニティから出ていくように仕向けるものだが、
パックスの場合は面子を潰される=二度とリーダーに返り咲けないのは間違いないだろう。

ただ彼がどうやってそんな方法を世紀末の世で知ったのかは割りと謎である。
代々パックスでは私刑・追放の方法として採用されているのか、それとも
単に彼がどこかで読んだ文献に書かれていたのを実行したのか・・・。

15.名無しさん2018年01月30日 23時17分

AKIRAのジョーカーに割と似てる
派手好きだが、表裏のない現実主義者。
何しろその彼が束ねるクラウンもどこかパックスに似てる。

16.名無しさん2018年02月05日 10時38分

「何を求める?」と聞くと「!戦闘!何か!」とよく分からないことを叫ぶが
どうせ「何か」とはアレであろう。ピー音みたいなものだろう

17.名無しさん2018年03月04日 11時37分

言葉に出すとちょっと恥ずかしくなったから濁したっぽいのがうぶでかわいい

18.名無しさん2018年03月29日 23時00分
感想

彼はThe Problem Solverと言うユニーク武器を所持しており、スピーチチャレンジにて入手の可否が決定するが、チャレンジ成功後この銃を手渡す際メイソンは「俺と似たところがあるかも」と発言するどうやら彼は連邦での111の活躍(暗躍とも言う)ぶりを本能的に嗅ぎ当てたようだ…スピーチチャレンジによって気圧されるも件の発言と共にこの名銃を無償提供するとは現パックスリーダー流石の度量の広さである。

19.名無しさん2018年05月16日 01時05分

真面目に考えると「何か」とは「眼の前にないもの」かも知れない。
パックスのメンバーたちもよく言ってる「捕まえたいものを追いかけるんだ」の「捕まえたいもの」のことだろう。

20.名無しさん2018年05月16日 09時32分

ちなみにパックスVDSGに映っている人物はおそらくは彼である。(メイソンの服を着ているから)
そこから考察するに本来は象のヘルメットとアーマーを着てスレッジハンマーで戦っているのではないだろうか。

21.名無しさん2018年06月30日 17時04分

彼が腹話術で雄叫びを披露するのはゲームシステムのせいかもしれない。
というのも、昨今のエロゲによくあるリップシンクを使っているのでどんな言語にも口の動きを合わせられるが、オーディオエンジンが彼の雄叫びを声と判定しないため口が動かないのである。
つまりどの言語も共通の問題としてこれを抱えているのである。

3612