ストーリータイム・サイモン

別名称一覧:
  • Storytime Simon
  • ストーリータイムサイモン
  • お話の時間のサイモン
  • お話の時間の(ストーリー・タイム)サイモン
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
ホロテープ
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
15.名無しさん2020年07月04日 21時56分
ネタ

大変参考になる。ご意見ばかりで勉強になりました。自分はこのお話、「拠点」に「レイダー」を引きずってくる「プロビショナー」のことを語っているのだとばかり

14.名無しさん2019年11月21日 09時51分
感想

しかしどうでもいい事だが
一話あたりの容量がやたら少ない
寝かしつける子供に「今日はここまでだから寝ようね」と言う為にあえて短くしているのだろうか

13.名無しさん2019年06月19日 03時42分

>>3 >>4 は完全に的外れ。
赤いリスは「アカのスパイ」の寓意である。
つまり共産中国とそれに関わるものを信用するなという子供向けプロパガンダ。

12.名無しさん2018年08月24日 23時05分
感想

危険なモノや人 とりわけ子供にはそれを教えないといけない。
"善意"で接しては良い結果は生まないというのは現実にあることである。
5のように、とにかく他を誹謗してはいけないという感情も恐らくは"善意"のもの。
しかし見分ける知識と眼が無ければ、時には警戒と敵視をしなければ、その個人、家族、国家諸共茶色いリスになってしまう危険がある。サイモンが伝えるのはつまるところ、子供から大人まで分かる防衛の知恵であろう。

11.名無しさん2018年02月03日 04時49分

実際の1950年代のアメリカも冷戦期のアカ狩りの絶頂期で、反共プロパガンダがあらゆるメディアから出され、市民レベルでの共産主義者の密告が行われていた。
1950年代の文化を踏襲し、さらに中国と戦争状態にあったFallout世界のアメリカでは余計に反共プロパガンダが作られる要因も大きかっただろう。

10.名無しさん2017年07月24日 12時37分
感想

>>5
口にはせずともなんとなく皆感じていること、生き残るためには肝に銘じておかなくてはならない可能性…そのようなことでも、あまりあけすけに言うとこのように角が立つ場合があるのが大人の社会である
彼の語り口は子供に親しみやすくという目的ばかりでなく、そのような大人社会で認識を共有するのに役立つ表現手段であるとも言えよう

当作世界観においては潔いほどあからさまなレッドパージっぷりなので、まどろっこしい気遣いは不要かもしれないが

8.名無しさん2017年07月22日 17時39分

昔は共産主義
現在は人造人間
に置き換えると世界観に妙にしっくりくる話をされている御仁である

ベセスダスタッフはわかってやってるのか?
…やってるんだろうなぁ(´・ω・`)

7.名無しさん2017年07月22日 17時25分

戦前ウェイストランドの隣国を示す色は赤である
日本漫画好きな人には某不遇プロレス超人コンビの赤い方が担当してる国といえばわかるだろうか。
現実では某世界でもっとも殺意をぶつけられた歌手の若者の出身地である。
そう、戦前ウェイストランドはとても隣国とは仲が悪いのである…。

6.名無しさん2017年03月30日 02時09分
感想

>>5
話の内容は、大人たちが付き合ってはいけないと言っていた赤いリスを招き入れてしまった若いリスのせいで、若いリスの家族は全員の餌になるお話

つまり童話に見せかけた、共産主義を象徴する赤色に対して悪いイメージを持たせる子供向けプロバガンダってことなんですよ

5.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
4.名無しさん2017年03月16日 14時10分

というよりも隣国(とその隣国)の人をかなり意識した、と言うか「赤」いリスと言っているあたりほぼ名指しに近い内容なのでそういうことだろう
隣国とは対中国で比較的友好的な関係を築いていた可能性があるとは言っても潜在的敵対国には違いないのだ

3.名無しさん2017年03月16日 13時53分

赤いリスを、隣国の人と読み替えると非常にわかりやすい。

2.名無しさん2016年06月18日 09時09分

酒と女とマリファナ漬けの日々を送っている中年テディベアもいるので多少は(ry

ネタはさておき戦前のCMという体を取った各シリーズのトレーラーを見ても街中で子供ヌカラン渡してたり
肉食べてたりしてる時点で戦前の倫理観は今更と言えば今更なのであろう

1.名無しさん2016年05月04日 16時17分

新しいリスホロテープ内に登場する語り手。

一見すると、ただの読み聞かせテープのようだが、「Teddy Ruxpin」というカセットを入れると音声を再生し、まるでお話をしてくれてるようになる実在のテディベアのオモチャが元ネタとされている。
フィドラーズ・グリーンエステート新しいリス- テープ1の近くに、テディベアが置いてあるのはこのためらしい。

テディベアがあんな内容のお話したら、怖すぎる

2062



ページ上部に戻る