エンリコ・トンプソン

別名称一覧:
  • エンリコトンプソン
  • Enrico Thompson
  • エンリコ
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
11.名無しさん2020年11月23日 06時03分

>>6
彼の名前については、「トンプソン」の方についても、数学者ジョン・グリッグス・トンプソン(Johm Griggs Thompson)や計算機科学者のケネス・レイン・トンプソン(Kenneth Lane Thompson)といった著名な学者がいる。
開発者が彼らにあやかって命名したかはわからないが。

10.名無しさん2020年11月23日 05時20分
感想

>>9
インスは元々ウォレスの才能に目をつけ、インスであることは隠して彼の利用価値を試す仕事を依頼していた。
>しかしウォレスインスに監視されていることに感づいており、人さらいのインスに殺されるとマジビビリで身を守るために傭兵ミニッツメンorガンナー)と契約している。
仕事を振られたエンリコが話をした時点で様子はおかしく、最初っから「穏便な勧誘」なんかじゃなかったのだ。

クエスト中のエンリコとミニッツメンの説明だと、彼が最初の使者で、失敗してフレアを上げられたと有るけど
身分を隠した使者とかフレアではなくミニッツメンと契約したとか、ソースはどこだろう

9.名無しさん2020年11月22日 23時04分

>>8
そもウォレスとコンタクトしたのはエンリコが初めてではない。
インスは元々ウォレスの才能に目をつけ、インスであることは隠して彼の利用価値を試す仕事を依頼していた。
しかしウォレスインスに監視されていることに感づいており、人さらいのインスに殺されるとマジビビリで身を守るために傭兵ミニッツメンorガンナー)と契約している。
仕事を振られたエンリコが話をした時点で様子はおかしく、最初っから「穏便な勧誘」なんかじゃなかったのだ。仮に部門長やファーザーが直に勧誘に来たって傭兵包囲の状態は変わらなかっただろう。
エンリコが指名されたのも「同じ科学者だから話が合うと思ったんだろう」程度の理由でしかないし、111がウォレスとの会話を取り付けた後はまさに科学者の目線でインスでの厚遇をアピールしてくれ、その役割は果たしている。
彼はとんでもない貧乏くじ引いただけで、事情さえ分かれば落第点とまでは行くまい。
寧ろウォレスに事前にバレていた辺り、お叱りを受けるのはインス諜報部(地上での調査となるとSRBか?)の方だろう。

8.名無しさん2020年10月27日 13時03分
感想

>>1
少なくとも仕事ぶりについては、落第点である
穏便な勧誘に来たはずなのに決裂した上でフレアまで揚げられ、
ミニッツメンとの全面戦争一歩手前までインスを危機に追い込んだ

現場のミニッツメンを皆殺しにすれば隠蔽できる?
素直に主人公が部下の報告を聞けば、エンリコは嫌がる市民を誘拐しようとしたのだから
将軍としては当然誘拐未遂の現行犯でインスと開戦しないといけない

エンリコはガキの使いとして怒られるぐらいは覚悟していいだろう
そもそも使者が人選ミスなのは彼の責任ではないが

7.名無しさん2020年07月12日 15時00分
6.名無しさん2018年02月26日 09時04分

名前の由来は原子炉を開発した物理学者エンリコ・フェルミだと思われる

5.名無しさん2017年05月08日 15時57分
4.名無しさん2017年01月21日 16時50分

「家に帰って娘がいるときが幸せだ」「仕事は好きだが父親でいる時はもっと好きだ」等子煩悩な父
妻も「ファーザーと過ごす時間を大切にして。家族は大事だから…」みたいなことを言って111を気遣ってくれる

3.名無しさん2016年08月18日 15時53分

>>1 であげられたミッションPinned
111がミニッツメン側に寝返ることに決めた際に
インスへの決別の証拠としてインス部隊もろとも111にぶっ殺される

不憫

2.名無しさん2016年08月18日 10時40分

第一世代の人造人間に偉そうにバージョンアップの指示を出している

インスティテュート内で第一世代と会話している人を見るのは初めてだったので「お、第一世代も会話できるのか」と驚いて近づくと何とも言えない目で第一世代がこちらを見てきた。わかる人はわかると思うがに話しかけたときのあの目である

エンリコが最後に「わかったな?」と確認しても誰も返事をせずそのまま立ち去っていく
ちゃんと理解できたのだろうか・・

1.名無しさん2016年08月17日 03時32分

インスティテュートの科学者。主にインスティテュート内の電力供給を担当している
原子炉を稼働させるまでは慢性的な電力不足状態なので停電しないように必死に頑張っているのだが周囲からはできて当然のように言われるらしい、いわゆる苦労人
オマケに運もないらしく人材確保のために地上に出た途端にミニッツメンに見つかり包囲されてしまう。プレイヤーが助けに来ると非常に感謝するがこの際にボロクソに彼をこきおろすことが可能
一体彼が何をしたというのか

関連用語について
コメントを投稿する
3504



ページ上部に戻る