現在サイトリニューアル中です。詳しくはお知らせを御覧ください。

Dead Money

Dead Money
別名称一覧:手放すことなのだ,手放すこと,DeadMoney登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年05月17日 15時42分
ミニ用語として報告
現在タグ機能の準備中です。お待ち下さい。
  • 古い順
  • 新着順
1.大切なのは、手放すこと2016年05月17日 15時42分
2011年12月6日発売のFallout New VegasDLC第1

謎の通信を傍受した運び屋。発信元は廃棄されたB.O.S.のバンカーだった。発信元に来た運び屋は謎のガスによって気絶し、目が覚めると謎の場所に居た。そして、首には爆付きの首輪が…

戦前のカジノ施設、シエラ・マドレの財宝を探すために、多重人格のナイトキン戦前のコメンテーターのグール、声が出せない謎の女性の3人と、シエラ・マドレの謎に迫る。

かなり難易度が高いDLCで、おそらく難易度Point Lookoutより上。・・・逆に高難易度過ぎて評判はやや悪目。だが、雰囲気やストーリーはとても良い。少なくとも筆者は結構好きである。

"過酷な条件と共に囚われの身となった3人のウェイストランド人と共に、シエラ・マドレ・カジノにある伝説のお宝を奪え。“Dead Money”では、運び屋は新たなエリア、敵、そして人生の選択に直面する。生死を賭けたクエストでどんなカードを切るか、それはプレイヤーである貴方次第だ。"
3.名無しさん2016年08月13日 18時59分
首輪やなどのイライラ要素が多くあることから評判はめっぽう悪い。
どれくらい悪いのかというと、PC版でこのDLCそのものをスキップするmodが開発され、約2万ダウンロードもされているほどである。
4.名無しさん2016年08月13日 19時48分
怪獣と化したステータス持つ主人公を苦しめる為に
凄まじい数の即死
完全無敵+高火力の敵(索敵能力が低く決まったルートしか歩かない)
部位破壊力の高い武器を装備した雑が大量に配備されており
それぞれかなりいやらしい配置をされていることもこのDLC
悪い意味で高難易度DLCという評判を強いものにしてしまっている。
5.名無しさん2016年08月13日 20時25分
シエラ・マドレの探索開始時点で全てのアイテムが没収され、バニラコンパニオンは連れて行けず、クエストクリアするまで外部に出られない。
限られたアイテムでやりくりする必要があるという性質からハードコアモードを有効にしている場合は難易度が高騰する。

出現する敵の数は有限であり、部位破壊すると即死する特性を突く武器さえ入手できれば謎解きに専念できるようになる。
近接よりにビルドされた運び屋にとってはノイズラジオ無敵ホログラム以外は大した障害にならず、寂れてしまったカジノとホテルを探索するだけのホラーハウスと化す。
6.名無しさん2016年08月13日 20時54分
このDLCを高難易度にしている最大の要因は、あらゆる物資が持ち込み不可能だという点である。武器、防具、回復アイテム、キャップに至るまでいっさいのアイテムが開始時に没収され(代わりの武器防具弾薬少量が与えられはする)、その状態でクエストをすべてクリアするまでモハビに帰ることはできない。いちおう、物資を補充するためのベンダーや商人ホログラムは存在するが、対価となるチップや物資は手に入りにくく、少ないアイテムをやりくりしながらの探索はかなりきつく、低レベルでうっかり挑戦してしまうと積む可能性さえある。銃器メインでスキルを上げている運び屋は、銃の入手も困難であるため特に苦戦を強いられるだろう。
上記の状態で、入るとガリガリ体力を削られる「赤い」、あちこちにあるラジオやスピーカーの周波数に反応して作動してしまう即死爆発首輪」、素早い動きと部位破壊を得意とする「ゴーストピープル」、そして強力なレーザーを有しこちらからの攻撃が無効な「ホログラム」などが行く手を阻む。

これらの仕様があまりに不評だったためか? 続くHonest HeartsOld World BluesLonesome Roadではどれも物資の持ち込み可、物資の取引・修理可、となっており、HHは速攻でクエストを終わらせてモハビに帰ることができ、LRに至ってはクエスト中断してモハビに帰ったあと、また戻ればクエストを再開することができるようになっている。
7.名無しさん2016年08月13日 22時17分
どちらにしろ、Lv.50やMODというぬるま湯につかった運び屋に喝を入れてくれるDLCである
8.名無しさん2016年08月14日 02時09分
不評の原因には持ち込み不可&クリアまで帰れない&限られた資源でのやりくりと言うビルドによっては詰みかねないサバイバル要素や、や即死といった理不尽に行動を制限されるような探索を否定する要素以外にも「クリアしたら戻れない」と言うモノもある。
有料なのにクリアしたらそれっきり。有用なモノを取り逃した状態でクリアする意義が殆どない。しかし取り逃しを無くそうにも上記の要素が……

フォールアウトには合わなかったってだけで謎解きメインのサバイバルホラー好きな層なら楽しめる……はず。その層でも即死はオフにするのを勧めてくるが。
9.名無しさん2016年08月14日 07時18分
OWB導入で取得可能なThem's Good Eatin(生物系の敵を倒すとブラッドソーセージ、薄いレッドペーストといった高性能AIDが手に入るPerks)、ImplantGRX(一定回数超加速できるPerks)、OWBクリア時の得点Perksがあれば難易度は激減する…が、DLCを順番どおりクリアしたい層には邪道扱いされるかも
10.名無しさん2016年08月14日 08時13分
やゴーストがピープルな方たちはともかく、無敵ホログラム達が放ってくるアホみたいな威力のファイナルフラッシュと首輪爆のピッ、ピッというアラーム音がストレスマッハでトラウマになってる運び屋諸兄も多いんでなかろうか
11.名無しさん2016年08月14日 12時55分
色々言われるが決して無理ゲーというような理不尽な難易度ではない。
難易度抜きにしてもそこそこの規模のダンジョンを攻略しなければならないため、一度クリアしたらしばらくやりたくはない。そんな感じのもの。
12.名無しさん2016年08月14日 23時33分
>>9 のperkに加え、RadChild(RAD値の蓄積度に応じて体力自動回復)やLight Step(無効)などを習得し、ある程度(特殊VATSが使える50までは上げておきたい)meleeのスキルを上げておくだけで難易度はぐっと落ち着き、少なくとも上記で語られるようなストレスフルな物では無くなる、と思う。
また、中々見つけずらいアイテムも多いので、余程抵抗が無ければアイテムの場所をwiki等で調べながら探索する方が気が楽である。
13.名無しさん2016年11月28日 17時22分
ヌカワールドとは違った「荒廃した娯楽施設」と言う舞台やもの悲しいストーリーには本編には無い魅力があるのも確か。
散々叩かれた鬼畜難易度も限られた物質と敵から奪った装備でやりくりする楽しみがある。
なんだかんだ言って自分はこのDLCは気に入ってたりする。


ただしホログラムと首輪、テメーらは駄目だ。
14.名無しさん2016年12月02日 17時37分
最後のエリアにスピーカーやホログラムが入り乱れているという
地獄のような所がある。
所見でノーデス突破はほぼ無理な地帯で、そのエリアは死んで覚えて進むいわゆる
「死にゲー」地帯。
FALLOUTって、死にゲーだったっけ・・・?
そう思わされるDLC
15.名無しさん2016年12月04日 04時21分
歯応えのあるアクションゲームをしたいんであって
死にゲーをやりてぇわけじゃねぇんだよ
という層のファンにはすこぶる評価が悪い。

上述ではあるが、特にラスト周辺エリアの
さぁ、死ね!感は特に凄まじい。勿論、解法はあるにはあるが
誰が分かるか高い段差のパイプ裏にホログラム発生器(破壊可能)が仕込んであるとか
16.名無しさん2016年12月05日 13時18分
ホログラムはともかく、スピーカーやラジオの周波数で爆発する首輪付けたり物資剥奪したエリヤが全て悪い
17.名無しさん2017年01月04日 13時34分
最後の最後の首輪スピーカー地獄を除けば、結構楽しめるDLC
クリアした後の後味の悪さや、各々のキャラクターが抱える悩み、不死の謎の住人達などこれでもかという位、暗い要素をぶちこんでいるがそれもまたいい。

OWBとはまた違う、在った物への哀愁ではなく、変わり果てた理解できない何かになってしまったことへの悲しみと恐怖を教えてくれる。
18.名無しさん2017年04月06日 14時15分
本作の醍醐味である自由度を全て削り落としてるのも不評な原因であろう。
ガスと首輪の妨害で探索もままならず、魅力的な武器を使う事も出来ず、ユニークだが嫌がらせに近いトラップが蔓延り確かに楽しいとは言い難い。

実力ではどうにもならないため攻略サイトと睨めっこする事になってしまう。
19.名無しさん2017年04月06日 15時45分
本格的な分岐点は無いものの、本編でNCR敵対してこのDLCに挑むとエリヤと協力してシエラマドレの技術を使いNCRをボコボコにするというエンディングがある。
ただそこでモハビでの話も終わってしまいゲームを続けることはできないため、シエラマドレで得たものをモハビに持ち帰って引き続き遊びたいならエリヤを何らかの手段で終わらせて帰還する必要がある。

仲間の運命をどうするかもある程度運び屋に選択権があるのだが、なかなか信頼を得るのが難しいメンバーが揃っており、プライドが高いためスピーチチャレンジを成功させるとヘソを曲げて逆上するので終始下手にでる必要があったり、脳に損傷を負ってい会話が不可能なため意思疎通のために様々なスキルが必要になったり、精神分裂症が悪化していて手順を1つ間違えれば片方が消えてしまうなど、一周目で円満に終わらせるのはかなり難しい条件が揃っている。

こう書くと難しいだけのひどいDLCに思えるかもしれないが、ちゃんと詮索をすれば実入りの多い場所であり、カジノで勝てば毎回チップの定期収入がはいり、スティムRAD関係の薬品などと交換できるため必需品に困らなくなったり、大量の塊を持ち出してベッドにブチまけて悦に浸るなども出来る。
関連perkの充実からゲーム的に強力な軽装防具の最上位クラスである警備服が手に入ったり、みんな大好きBARが落ちていたりもする。

DLCと第三DLCは本編におけるモハビBOSとの話とも繋がっており、本編で彼らに愛着が湧いた、コンパニオンのヴェロニカの過去をもっと知りたいと思ったのなら回答と結末はシエラマドレに用意されている。
ただしエリヤの足跡を追うという場合はDLC第三弾の舞台が先になる点は注意されたし。
20.名無しさん2017年05月10日 07時12分
しかし難しいのはその場所を見つけることではない…。
手放すこと、なのだ…。



だが運び屋裏技塊全てを持ち帰った。
21.名無しさん2017年06月01日 16時45分
ベロニカクエストによるコンパニオン多重引き連れバグを用いたままDLCを開始すると、開始時の処理で二人か三人は解雇されるものの、残りは解雇されずにそのままDLC内にまで付いて来てしまう。
つまりは解雇されずについてくるコンパニオンに事前にアイテムを渡しておけば、シエラ・マドレにも好きなアイテムを持ち込めるのである。こうなってしまうと緊張感は激減だが……
22.名無しさん2017年06月01日 21時10分
主な登場人物
運び屋
ラジオ信号について行ったら拉致され首輪爆を付けられエリヤの為に働く
エリヤ
西部BOSスクライブ出身のエルダーベロニカの育ての親。
シエラ・マドレを掌握しモハビ襲撃。各勢力を潰した後首輪爆を用い自分の国を作ろうとしていた
クリスティーン
ベロニカの恋人だったがエリヤに別れさせられた。
任務はエリヤ暗殺
ディーン・ドミノ
戦前は歌手だったグール
カジノ強盗を企てるが失敗し、200年以上その時を待ち続けた。
クリスティーンをオートドクターに入れたのはこいつ
・ドッグ
二重人格による人格の1つ。
食欲旺盛でマスターズアーミの隊員だったため、マスターの命令には忠実(マスターのなりすましにも忠実)
・ゴッド
二重人格による人格の1つ。
ドッグと違い理性的で、ドッグの事を心配する優しさも持ち合わせている。
23.名無しさん2017年07月06日 21時58分
fallout3の序盤でウルトラスーパーマーケットに10mmピストル1丁で忍び込んだ時の緊張感を思い出させてくれるDLC
24.名無しさん2017年11月05日 22時42分
難しいとは言われるが敵やの配置や対処法、各キャラの攻略法を覚えてしまえば低レベルでのクリアも割と容易い。

そのためゲーム開始直後にマドレまでダッシュしてゴーストピープル達でレベルを上げつつクリアし、カジノの景品と大量の塊を手土産にモハビ隠れ家へ帰って来る事も可能

最初から大富豪状態で本編を始める事が出来る。
25.名無しさん2017年11月09日 14時47分
>>20
塊を諦めるという選択を手放す
それもまた、手放すことなのかもしれない
26.名無しさん2017年11月17日 18時21分
失敗した銀行強盗、分裂した人格、復讐、街の破滅。
シエラ・マドレ運び屋を含む全ての者に「やり直す機会」、「不運を覆す機会」を与える。いや、より正確にはその幻想を見せてくれるだけなのだ。

再興したはずのディバイドの街は核の炎で焼けたまま。失った声は戻らず、二つに分かれた人格のどちらを失っても自分は自分ではない。やりそびれた200年前の銀行強盗を今成功させた所で戦前の輝かしい時代はなく、寂れた世界が出迎えてくれるだけ。
やり直せるという幻想は我々に希望をくれるかもしれない。だがそれはやり直しではなく、新しい創造であって過去の罪や悪夢を清算し、なかった事にする事はできない。

唯一の生存者にしても同じで、幾ら連邦を再興したところで失った伴侶は帰ってくるわけではなく、またショーンと過ごす筈だった長い幸せな日々は訪れない。
何をしても我々は過去から逃れられず、「やり直し」は心地良い麻薬以上の物ではないのだ。

シエラマドレは今日も「幻想」を振りまく。
ここに来ればやり直すことができる。今までの負けを帳消しにする事が出来る、と。
だからこそあの街を離れる事が出来た者にシエラマドレは最大の賛辞を送る。

「難しいのはここを見つける事ではなく、手放すこと。」

過去を受け入れ、都合の良い幻想を捨てた者だけが前に進む事ができるのだ…
27.名無しさん2017年11月17日 18時53分
完全な余談ではあるが、このDLCを含めてNVDLCは過去と前に進むことをテーマにしている。
Honest Heartsではかつての仕打ちを恩人たちの境遇に重ね合わせて復讐を目論む、悲しき男である包帯の男を描いている。
Old World Blues(旧世界の郷愁)では技術では先に進んでも、戦前の考え方に囚われ続ける科学者たち、そして皮肉な事に敵と思われていた者こそがメンタス中毒で過去の失敗を忘れてただ前に歩み続け、実の所、運び屋を含むモハビの住人を守っていた。
そして最後のThe Divideでは自らが興し、素晴らしく栄え、そして核兵器によってあっけなくクレーターだけを残した街を舞台に、運び屋自身の過去と向き合うことを要求される。
28.名無しさん2017年11月17日 23時45分
>>20
>>25
何故か全部持ち帰りたくなるのがこれの魅力である。
だが…別のwikiでも言っていたが、これを如何にして『手放すか』が問題になってくる。
塊1本10539キャップ…37本389943キャップ
普通のウェイストランダーとしてプレイする場合はガンランナーインプラント手術をしても十分すぎるお釣りがくる。
と言うかクリアまでには使いきれるのか怪しい。

店などはDLCなどを入れないと限界は大体8000キャップ、多くても12000キャップ
DLCを含んでもOWBシンクタンクは20000近く持っているだけ。
モハビに帰った後は37本もあるこれを換する為だけにゲーム内で数十日もの時間をかけてモハビ中の店をうろうろして売るのも大変である。
かと言って持ち運んで必要な時に使うというのも重すぎて困難である。
すると行きつく場所が…自宅の収納。
実質的にはシエラ・マドレから自宅へと場所が移っただけとなった上にこのゲームは終わったら後日談無し、つまり…

裏ワザ使って頑張って運び、使いきれずにクリアして、なぜ横のロッカーなどに詰まっていた良質な武器防具を選ばなかったのかと塊の事を思い出して落ち込む運び屋が現れる。

必要分だけ取った後はロッカーの銃器を持って退散するのが利口かもしれない。
ロマンも十分大事だが。
29.名無しさん2017年11月22日 03時41分
レベルデザイン的にも手放せと言わんばかりに、アイテムを保管しておく拠点が存在しない。

...なのだが、クリア後に自分でシエラマドレから離れるという仕様なので、最初の噴水のところに捨てておけば、シエラ・マドレ突入前のアイテムは大体回収できる。
30.名無しさん2017年11月22日 03時45分
Dead MoneyOld World Bluesはストーリーや設定の関わりが非常に深く、Old World BluesではDead Moneyに登場したゴーストピープルの装備や、アサシンスーツの改良版であるステルススーツMk II等々が入手できる。
31.名無しさん2018年02月08日 14時50分
感想
 シエラ・マドレはまるで死後の世界である。
 自死を許されない亡者のようなゴーストピープル、肉体なき亡霊ホログラム、触れること許さない死の、呪詛のようなノイズ。ここに生きている者などおらず完全に生者を拒んでいる。
 来てはならないこの場所に到達する者は皆なんらかの執着に動かされ迷いこむのだが、最も強い執着心を持つのはエリヤではなく、プレイヤー本人ではないだろうか?
 上述されている通り、何度も幾度もプレイヤーシエラ・マドレに殺される。そして挑戦を繰り返し、気付けば死屍累々の時間を過ごす事になり、その都度執着心は増していく。
 まるで己を運び屋を模して見せられているかのようである。
 無論それは、他ゲーでも言える事なのだが、シエラ・マドレの場合、強く刷り込んでくる死のイメージがプレイヤーをとことん追い詰めにかかる。もノイズも見たくも聞きたくもなくなってくる。何故作り手はそこまでするのか?
 執着させる為なのかもしれない。そしてエリヤにも運び屋にもディーンにも、果てはドックとゴッドに次ぐ3つ目の人格にもプレイヤーは成れるのだと教える為かもしれない。そのヴィジュアルに驚かされるクリスティーンはこちらの良心の指標かもしれない。あくまでも私個人の憶測だ。だが“手放す”とは執着心なしには起こり得ないのだ。
 Deadmoney の中盤、Grand opening まで到達すると打ち上げ花火が上がり、かつて起きるはずだった盛大な式典が始まる。陰惨な地獄の世界に一筋の花が咲く演出は粋だ。まだ中間とはいえ、苦行を越えたプレイヤーに贈る作り手からの祝砲かもしれない。
 
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
2288