フーバーダムの戦い

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年06月16日 06時39分

フーバーダムを巡ってNCRシーザー・リージョンの間で行われた一連の戦い。
フーバーダムモハビ全土に電力を供給することが可能なほどの絶大なリソースを有した巨大水力発電施設でもあり、ここを確保する者はモハビの覇権を握る。
そのため、両者はここの占有を巡って過去に一度、本編でも最終クエストで計二度に渡って大規模な戦闘を行っており、正にモハビの天王山とも言える戦いである。

※第一次フーバーダムの戦い
NCR軍とリガタス・マルパイス率いるリージョン軍との間で行われた最初の争奪戦。
当初戦況はNCR劣勢であったが、リージョン軍の主力を偽装退却でボルダーシティに誘い込み、町ごと爆破してこれを壊滅せしめる大胆策でNCRが勝利を収めた。
この作戦で多大な貢献を果たしたNCRレンジャー及びリーダーのチーフ・ハンロンが英雄的存在として名を挙げ、以降も中核戦力として活躍していくこととなる。
一方、この敗戦で多大な損害を被ったシーザー・リージョンフーバーダムから完全に叩き出され、リガタス・マルパイスも敗戦の責を問われて処刑された。

※第二次フーバーダムの戦い
NCR軍が守るフーバーダムに、リガタス・ラニウス率いるリージョン軍が総攻撃を仕掛けた戦いで、本編でも最終メインクエストで実際に描かれる。
場合によってはMr.ハウスが第三勢力として参戦したりと、その行く末は運び屋の行動次第で如何様にでも変容し、全く異なる結末を迎える。
どの勢力を勝利に導くか、はたまた運び屋自身の天下のために利用するか、それは全てプレイヤーの選択に委ねられている。

関連用語について
コメントを投稿する
7794