グール

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
6.名無しさん2021年11月19日 12時23分

>>5
プレイヤーには一切関わりはないが、設定上グールの膚は(程度の差はあれど)壊死しているのでひどく臭い。
現代の水準から見ればひどく不潔なウェイストランド人でも耐えかねるほど、の腐る臭いは耐え難いのだ。

5.名無しさん2021年10月27日 07時29分
感想
4.名無しさん2021年10月25日 08時57分

科学者やレンジャーなどのある程度高い地位にものぼれるんだから差別されてないんじゃないか、というのは一面的な話。もちろんそれが当てはまることもあるが、下っ端にグールが組み込まれていないところをみると、彼らはその地位につけるだけの特別に高い能力をもっていたからグールであっても受け入れられた、それだけの能力がなければグールは受け入れてもらえない、ということなのかもしれない。

グールのコンパニオンであるラウルを連れ歩くと、NPCから「ここにグールを捨てるな(エアロテックパーク)」「おまえの連れは最低(カーンズ)」「放射能を浴びさせないほうがいい(NCR)」「グールなんて見たくもなかった(ブーマー)」「(ラウルをさして)人間以外の知的生物(セキュリトロン)」「臭い(フィーンド)」「胸がむかむかするな、あれを仲間と呼ぶのか(リージョン)」などという言葉を投げられ、慈善を旨とするアポカリプスの使徒でさえ「グールの姿にはどうしてもなじめない」と発言する。
オメルタや地下道の住人は「あんたのグールにも楽しませてやろうじゃないか、差別はしない主義なんだ」、「ここではどんな人間も歓迎だ、グールでさえも」と多少寛容な発言をする。オメルタに関してはただを絞りたいだけだと思われるが。
キャピタルなどに比べれば、地下に隠れていなければ殺されるわけでもなく、モハビはグールにある程度寛容な土地ではあるが、そんなモハビでさえグールに対する差別感情は消えていない。

ただ、モハビにおけるグールの差別からロケットで偉大なる旅へでようとまでなるとはあまり思えないので、ブライト教団に関してはほかの土地で迫害されてきたグールたちがモハビにまで逃れてきたと考えたほうがいいのかもしれない。

3.名無しさん2021年10月08日 07時23分
感想

NCRレンジャーNCR科学者にいられて、特に差別されてる言動もないんだが、それなりの人数のグールの集団・ブライト教団は迫害されている、って言ってたり、クリス・ハバーサムはグールネタでいじめられていたので、やはりグール差別はあって、人間の集落には居づらいところもあるのだろう。

2.名無しさん2021年10月07日 22時53分

グッドスプリングスを始めとする、モハビ各地に点在する集落でグールを見かけることはなかったように思う。やはり小規模なコミュニティには居づらいのだろうか。

例外はジェイコブスタウンカラミティである。まぁあそこは街全体がハグレ者(スーパーミュータント)の寄り合い所帯であるから、グールであってもそこまで問題視されないのだろう。

1.名無しさん2021年09月22日 23時22分

放射能の影響により変質した人
見た目は腐敗した膚のせいでゾンビのようであるが、代わりに非常に長寿となり、戦前からの生存者も少なくない
一応人間ではあるはずなのだが、グールになるときに放射能にるよる影響で発狂し狂暴化した危険で悪名高いフェラル・グールという存在もあって差別されがち
今作には被差別者によるグールの宗教、ブライト同盟が存在する

しかしモハビのコミュニティの多くに根を広げるNCRが比較的グールに寛容なため、各種仕事に着いているグールも多い
そういった風潮背景があるからか、モハビにおいてはグールに対しても情を持つものがそこそこ居るらしく、ストリップダンサーや娼婦などの風俗関係に従事する者や、グールの悪い男に引っ掛かる家出少女などがいる

関連用語について
コメントを投稿する
13441



ページ上部に戻る