火炎瓶

別名称一覧:
  • モロトフ・カクテル
  • 火炎ビン
  • 火炎びん
  • Molotov Cocktail
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
投擲物Wastelandersバランス調整・不具合修正
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
27.名無しさん2020年06月26日 02時15分
ネタ
26.名無しさん2020年05月31日 08時30分
感想

爆発、燃え広がる炎、そして何より荒んだ感じがすごいと、盛り上げにも適している
ファスナハトの陽気な音楽に合わせて街を練り歩き、景気付けのフレアミニニュークに混ざって家屋に投げられる火炎瓶。火炎放射器で冬将軍にエンチャントファイアしようとするレジデントの後ろから火炎瓶…
…暴動?

25.名無しさん2020年05月31日 03時59分
ネタ
24.名無しさん2020年05月28日 17時36分
感想

>>23
一つ突っ込んでおくとサービス開始から2年たってないぞ未来人

23.名無しさん2020年04月15日 19時38分
感想

>>12
この書き込みから2年4ヶ、ようやく素直になった…

22.名無しさん2020年04月15日 09時21分
Update情報

Wastelandersアップデートによりビール瓶は不要になり、
ガラスを二個使用するだけでよくなった。

パッチノートではグラス二個となっているが、実際には上記のとおりである。
生産性が向上したので、どんどん作ってどんどん投げよう!

21.名無しさん2019年10月29日 16時27分
実銃武器

ちなみに、日本火炎瓶のみに特化した取り締まり法により、製造、所持、輸送・移送、売買のすべてが違法な為、絶対に作成しないように。

20.2019年10月29日 11時24分
実銃武器

 火炎瓶は慣習的にモロトフ・カクテルと呼ばれるが、元はといえばこれは北欧の英雄国家フィンランドと、かの悪名高きモロトフ=リッベントロップ協定(独ソ不可侵条約)を締結したソ連外務人民委員ヴャチェスラフ・ミハイロヴィチ・スクリャービン(A.K.A ヴャチェスラフ・モロトフ)に依るものである。

 1939年、カレリア地峡の領有権及びそれに伴うフィンランド民主共和国の樹立を狙うソ連は、フィンランドに対して宣戦を告、のちに冬戦争と呼ばれることになる戦争が勃発する。その際、ソ連は到底小国を攻めるとは思えぬの嵐のごとき数の兵士戦車を送り込むとともに航空機を持って都市を無差別に爆撃。湧いて出る国際社会からの追及に対し、ソ連外相モロトフは「撒いているのは爆弾ではなくパンだ」と公言、あらゆる方面からの大顰蹙を買う。

当然怒り狂い義憤に燃えるフィンランド軍と猛将マンネルハイム。しかし極寒の小国フィンランドにまともな戦車などない。当然専用の対戦車兵器もない。そこで白羽のが立ったのが、豪雪の国ゆえに腐るほど(腐らないけど)あるアルコール、つまり酒であった。

彼らは適当な酒瓶にその辺りにあるぼろを詰め、類い稀なる勇猛さで戦車薄、そのエンジングリルやハッチの開口部に炎の塊をたたきつけ、モロトフに怨嗟の声を届けることにしたのだ。

ここから火炎瓶は「モロトフに送るアルコールカクテル」すなわち「モロトフ・カクテル」と呼ばれるようになったとされている。

 なお、その後、というかそれ以前から都市への無差別攻撃は行われており、半ば戦争時の暗黙の了解(嘆かわしいことではあるが)のようになっていた。にもかかわらず用意の容易な火炎瓶攻撃が「モロトフ・カクテル」と呼ばれ続けているのは、何よりもフィンランドの波乱の歴史に対する深い恩讐の表れといえるかもしれない。

19.名無しさん2019年10月29日 08時19分

>>5
こうばしい おいしそうな におい がするなぁ(int1)

18.名無しさん2019年10月28日 19時27分
実銃武器

あまりにも簡単に作れる上、爆発する特性を持たない(爆発と燃焼はまったく別物)火炎瓶は昔の日本の法律ではそのまま爆発物規制をすり抜けてしまった。
ここに目をつけた頭のいい大学生たちがデモに使ったのだが、その後、「火炎瓶に関する規制法」(うろ覚え)というピンポイントな法規制が出てきた。
なので現在は火炎瓶の使用は御縄になります、使うことはないとは思うけど。

17.名無しさん2019年05月22日 14時23分
ネタ

これと抗議プラカードを持って、ヘルメットにバンダナサングラスをつければキミもデモ隊。職を奪われた怒りを込めて、鎮圧ロボットどもに火炎瓶を投げ付けよう。

16.名無しさん2019年05月22日 09時36分

いっぱい作りたくなった場合は、ホワイトスプリングゴルフ場のクラブハウス地下トイレに行こう。
呑んだくれ白骨死体とともに、大量の瓶ビールが落ちている。

15.名無しさん2019年02月21日 14時01分
実銃武器

なお現実の火炎瓶を投げるときは砲丸投げのように投げるのがベスト。振りかぶると火元に可燃液体が垂れるだけでなく自分にまで降り注いで一気にフランベされる。なるべく口を上に向けたまま投げよう。投げることはないと思うけど

14.名無しさん2019年02月16日 11時46分
ネタ
13.名無しさん2019年02月12日 14時54分

貫通効果は意外にも役立つ場面が多く、ローチ潰しの他にに埋まった敵に攻撃も出来る。

イベントなどでバグに埋まった敵が居たらとりあえず投げればイベント報酬は回収出来る可能性も生まれる

12.名無しさん2018年12月29日 17時53分
感想

>>11
しかし出来上がった火炎ビンはどう見てもウォッカのビンに詰められている。
素直にガラスにしてくれれば良かったのに•••

11.名無しさん2018年12月25日 13時32分
感想

ゲームの都合上仕方がないことではあるが、「酒のビン」などの他のビンはおろか、ブランドビールの空き瓶でもダメで「ビールのビン」でなければクラフトできない。

10.名無しさん2018年12月23日 09時16分
感想

ビール瓶が一括解体できない元凶。
序盤で作るには粘着剤が少しもったいなく感じ、気にならないころには威力不足となっている。

9.名無しさん2018年12月20日 11時31分
ネタ
8.名無しさん2018年12月19日 22時18分

即着火、素材が安価、爆風で死体が吹き飛ばないなど
フラグにはない利点が結構あり、
爆発物メインのプレイではそれなりに重宝する。

7.名無しさん2018年12月15日 13時01分

即着火は利点でもあるが、自爆しやすいという欠点にもなりうるのでやっぱり扱いには注意しような!!

6.名無しさん2018年12月13日 11時53分

気軽に作れてしまうが重量が0.5 沢山作れるからと言って沢山持ちすぎには注意。 火のにしたいなら大丈夫

5.名無しさん2018年12月13日 09時46分

実はこの火炎の判定はを貫通する。

何が言いたいのかというと狭い家に居るラッドローチを、火炎瓶を屋根にぶつけることで外からローストすることができるのだ。

ラッドローチが精神的に大嫌いな76達よ、これから毎日家を焼こうぜ。

4.名無しさん2018年12月13日 08時30分

ビンとハンカチと度数の高い酒さえあれば誰でも作れる凶悪な武器
あらゆる場所で拾え、クラフトも簡単なので気軽にポンポン投げられる
地が余っている?なら火炎瓶を作ればいい

3.名無しさん2018年12月13日 07時48分

簡単に広範囲が攻撃できる、着発式である事を利用してブラストゾーンなどで素早く一撃だけでも与えたい状況、所謂「唾づけ」でも活躍してくれる。

2.名無しさん2018年12月13日 06時44分

手軽に生産できて効果も強力、しかも着発式で扱いやすいことからFo4でも序盤の頼れる相棒だった。
本作では投げナイフに押され気味だが序盤の貴重な範囲攻撃手段であることに変わりは無く、フラググレネードが安定して入手できるまで(人によってはそれ以降も)頼りになる存在である。

1.名無しさん2018年12月13日 06時44分

液体燃料を詰めて製作する簡易焼夷モロトフ・カクテルとも。
ゲーム的には投げ込むと着地点に爆発ダメージと炎上ダメージを発生させる武器。材料はビール瓶×1 オイル×2 ×1 粘着剤×1となっており、細工師の作業台で製作可能。

関連用語について
コメントを投稿する
6023



ページ上部に戻る