スコーチ病

別名称一覧:
  • Scorched Plague
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
21.名無しさん2020年11月13日 12時02分
感想
19.名無しさん2020年11月13日 11時14分

当然ながらプレイヤーには感染しない
メインクエストの途中でワクチンを接種する事になるが、そのクエストをしてなくても絶対に感染しない
単に運が良いのか、メタ的なご都合主義パワーが守ってくれているのか
……ん? そういえばスーパーミュータントも感染しないな? …………ん?

18.名無しさん2020年08月03日 10時11分

wastelandersでのレジデントの説明によると主に傷つけられた傷口からウィルスが中に入る事によって感染するらしい。またグアノにもウィルスが沢山入ってるので手を洗わずにあちこち触ったり飲食してもかかるから絶対触るなとも。
と考えると感染源はスコーチに傷つけられる、グアノに接触する、元凶のスコーチビーストに接触するという事なのか

17.名無しさん2020年06月20日 21時54分

>>15
よく勘違いされることだが、病原体の媒介者は必ずしも病気を発症しているわけではない。
例えばコウモリを媒介とする有名な感染症で狂病というものがあるが、このウイルスに感染したイヌが錯乱して攻撃性を示しやがて死んでいくのに対し、コウモリには何の症状も出ない。
病はイヌだけでなくヒトを含むほとんどの哺乳類にとって極めて危険な病気だが、媒介者であるコウモリは例外なのだ。

…よく似た話をどこかで聞いた気がする。モデルかもしれない。

さらにややメタ的な話をすると、スコビに有効なレジェジーロットではなくハンターの方。
多数の飲食系perkでも扱いはスコーチではなくあくまで変異した動物。
たぶんだが、スコビも病原体を媒介こそするものの発症はしていないものと思われる。

16.名無しさん2020年06月13日 21時09分
感想

>>15
スコーチビーストが短命なんて設定ありました?
繁殖力が半端ないって設定はターミナルにあったけど

15.名無しさん2020年06月13日 20時53分
感想

発祥はウルトラサイトに起因している&罹患するといずれ結晶化して死ぬ&中間媒体であり拡大者であるスコーチビーストもまた短命...
という事から現実的にアパラチアからそうは離れた土地では生きていけないウィルスなのではなかろうか。無論ウルトラサイトアパラチアにしかない、とは限らないが

14.名無しさん2020年04月21日 17時55分

レイダー(ダイハーズ)と入植者にはワクチンが行き渡りつつあるが、カルト教団のような他と繋がりのない集団はどうなるか?と思っていたところ、たまたまランダムイベントで湧いたカルト狂信者がスコビと戦い始めたのでスコーチだけ排除して様子をみたところ、見事に感染エフェクトを確認した。
見た目の変化は残念ながら(?)なかったものの、スコビへの攻撃をやめたのでしっかり罹患したものと思われる

13.名無しさん2020年04月21日 09時13分
ネタ
12.名無しさん2020年04月21日 07時38分

あくまでもゲーム上のシステムとしてではあるが、実際にプレイヤーが感染することは無い
メインクエストのワクチン摂取を行わずにスコーチビーストクイーンと戦っても特に問題は無いので安心してほしい

11.名無しさん2020年04月21日 00時36分
感想

…ワクチンも、本当にワクチンだったのだろうか。
実際のところ、まだ誰も確認していないのだ…。

10.名無しさん2020年04月21日 00時25分
感想

Wastelanderアップデートにおいて、リアルタイム(?)で病状が進行するのを目撃してしまう胸糞悪いイベントが実装されている。
前日談がわからないので正確な事は言えないが、
数日のうちに彼の病状が一気に悪化したと考えると、なんともいえない恐ろしさである。
もし彼を見かけたら、エヴァンにそうしてあげたように、また彼に頼まれていたように、
彼を安らかに眠れるようにしてあげてほしい。

どうせなら石化するまで観察したいなどと考えたサイコパスresidentは、疑いなくVault-tec社の社風に合っていると思われるので、メリーランド州の本社まで履歴書を送るように。

幸い、予防接種は完成しているので、residentの活躍により感染者は減ってくれることだろう…

9.名無しさん2020年04月21日 00時08分
感想

2103年のアパラチアにおいては、監督官と優秀なVault居住者の働きによりワクチンの流通が始まっている。
アパラチアスコーチ病は、遠からず人がかからない病気になる……といいなぁ。

8.名無しさん2019年11月12日 16時35分

仕様なのかバグなのかはわからないが、スコーチ化したクリーチャー体力最大の時に受ける一撃目のダメージが0あるいは非常に少ない。二撃目からは通常のダメージが入る。そのため、扇動武器を愛用している人にとっては手強い相手となる。
スコーチ病によって膚が硬化したことを表しているのだろうか?

7.名無しさん2019年11月03日 10時38分
感想

スコーチビーストクイーンが"生きた"親玉なのは間違いないが、彼女らも所詮このウイルスによって変異、使役されてる存在なのは間違いないわけで...
ウルトラサイトの何かしらが生命活動を行っている結果がこのウイルスなのだろうか?

6.名無しさん2019年11月01日 22時18分
感想

またこのスコーチ病の恐ろしいところは殆どの生命を汚染してしまうことかもしれない
人間に感染汚染しスコーチ化させるだけでなく
大部分のアボミネーショングールすらスコーチ化させることが確認されており
未確認生物と分類されるグラフトンモンスターやらモスマンすらスコーチ化してしまう
そしてスコーチ化したらスコーチビーストクイーン)の『意のままに従う』と表現されるように支配されてしまう

感染し死ぬだけでなく自らの手で親類縁者に襲い掛かってしまうという恐るべき病魔である

5.名無しさん2019年11月01日 22時12分

アパラチアスコーチ病の蔓延の最初期はあまりその危険性が重要視されていなかったようで
最初期から声高にその危険性を叫び対処に乗り出していたのがアパラチアB.O.S.
彼等が死に物狂いで戦い、警戒を促しているさなか
しかし、最初は現地の人にそこまでスコーチ病案件は重要視されておらず
物資を欲しがるでっち上げの話半分に見られたり
(自分たちが見る限りは)対処出来てるから現状のままで充分と楽観視してる人やらと
病気汚染に対する初動対応が上手くいっておらず
最終的にはこの病苦の災害はアパラチア全土を飲み込み人々をスコーチ化させたり死に追い遣ってしまった

4.名無しさん2019年11月01日 21時03分

サム・ブラックウェルエンクレイヴに残された記録から沼地地帯スコーチ病の最初の発生源だった可能性もある。

ハーパーズ・フェリー東北東で何かを研究していたエンクレイヴのリモートラボ1.2との2回のチェックインに失敗し現場に死体は無く僅かな血痕と埋もれた片言の殴り書きだけが残されている。
内容
彼らを傷つけたくない
選べなくしてくれ
それは。彼らだ
研究をこわせ
ただひとつの方法

・サム親子が2084年にコルベガ大の巨大なコウモリに遭遇してサムの娘が病気で死にハーパーズ・フェリーにも謎の嵐により同様の病が蔓延したが後にフリーステイツが気体浄化装置を開発し対処。

・対処した後の順調なハーパーズ・フェリーにてサムが紛れていたエンクレイヴ職員を殺害し上空のステルス機に気づいたのでバンカーにこもるが活動していた事がエンクレイヴ側にバレる。

エッカートはサムが握っている古い機密からここで行っている事が何か気づかれる恐れがあるので早急にグレイにサムを殺害させる。

・サムのバンカーに残されたNotes「農務省プロジェクト」には病気の自己根絶構想という項目があり技術開発によってゾウムシやモグラなどの病原菌や虫を変異させ、自己根絶させる。という物がある。

・サムは″私はそれを知っていた。その病気を。少なくともそう思っていた。確か古いメモに記述があったな?私たちはそのメモを追っていたのだろうか?"T"はこの病気について警告していたのだろうか?″とターミナルに残している。

トーマス・エッカートは農務長官

何か知ってそうな関係者の情報はこんな感じである。
もしかしたら追加メインクエストであるウェイストランダーズでこれについてまた何か分かるかもしれない。(PVにウルトラサイトに囲まれた謎の施設が登場していたため)

2.名無しさん2019年11月01日 16時49分

スコーチ病末期症状になると生命活動を停止する
自分達で繁殖することも出来ず寿命も短いので彼らが大陸の覇者となることはないだろう
もしvault76の解放が10年遅かったらアパラチアは奇妙な石像が並ぶ不可思議な地域とされていたかもしれない

1.名無しさん2019年11月01日 16時01分

作中においてアパラチアを無人地帯に変えた直接的な原因と言える疫病。スコーチビーストを媒介とし、アパラチア全土へと広まった。
感染した人間はスコーチと化す。また大抵のアボミネーションも感染するとスコーチ・○○といった種類へと変化し、膚が赤く焼けただれたような色へと変わる。
アパラチア各所に残された石像のような死体スコーチと化した人間の成れの果てである。

アパラチア生存者たちが全滅したのはこの病気に感染したか、もしくは感染者かスコーチビーストによって倒されてしまったからである。
Residentらはメインクエストにおいてクレア・ハドソン医師により開発が進んでいたワクチンを完成・接種したため、感染の心配はない(「An Ounce Of Prevention」を進めていない?きっと運が良いのだろう)。

ワクチンが開発できることから、この病も細菌やウイルスが原因であることがわかる。
感染したものは身体のあちこちにウルトラサイト結晶ができること、媒介であるスコーチビーストを倒すとウルトラサイトが含まれたジャンクが手に入ることから、ウルトラサイトが原因で生まれた病気であることはほぼ間違いない。
ただ、アパラチア各所には他にも怪しい記録が色々とある(アークトス・ファーマ地上部に残されたホロテープで言及される、エアロゾルで散された物質など)ため、具体的な発生経緯については推測の域を出ないのが現状である。

また、感染者の間にはある種の「集合意識(ハイブ・マインド)」が芽生えるらしく、スコーチたちは頻繁に「我々は…1つ」などと口にする他、スコーチ病に感染した人間・クリーチャーは互いを攻撃しなくなる。
Vault51ZAXスコーチを「候補者」に使うことも考えていたようだが、上述の習性のために取り止めたようだ。

8435



ページ上部に戻る