鉄道

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
ロケーション
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2016年04月17日 12時22分

戦前連邦では、地下鉄とモノレール、貨物道の3種類があった模様。

地下鉄はモノレールと同じ体で、実は下にあるレールは使用してない。
おそらく貨物用だと思われえる

2.名無しさん2016年04月18日 00時12分

大抵、レイダーアボミネーションの巣窟と化している。文明の発達を担った道が復興を妨げる存在の根城となっているのは物悲しいものがある。

3.名無しさん2016年04月18日 00時15分
4.名無しさん2016年07月02日 23時24分

前述のように、地下鉄も懸垂式モノレールとなっている。両の断面は円形で、先頭両には地下トンネル用の前面ドアが付いている。
医療センター北駅のようなモノレール駅にも地下鉄と同じ「MTR」ロゴがあり、特に両者を区別はしていなかった模様。

パーク・ストリート駅にの貨を見る限り、線路に関しては1で言われている説が有力だろう。高速の高架下を利用したり、既存のトンネルをモノレールと共用にするなど、戦前ボストンはなかなか洗練されていたようだ。

また、自家用を改造してレールを走行させていた様子も見られるので、戦後にも様々な工夫をされて用いられていたと思われる。

5.名無しさん2016年07月03日 00時46分

NVではNCRが空港ターミナルビルとストリップ地区を結ぶモノレールを運行しており、NCRの信用を得ていれば運び屋も好きなだけ乗る事ができた。

連邦地下鉄は比較的保存状態がよく、電源も生きている。
復旧の妨げになっているレイダーSMを排除出来れば、再び客を乗せた両が走る日が遠からず来るかもしれない。

動く状態の両は現存していないが、それはあまり問題なさそうだ。
設計図さえサルベージ出来れば連邦の人間は大抵の物を作ってしまうのだから。
(製作速度はともかく、技術だけならそこらのレイダーも侮れない)

6.名無しさん2017年06月29日 10時29分

時間があれば南から北までのんびり道沿いに走っていくのも一興

途中で分岐点があったり、走っていくうちに景色が変わり駅がきちんと配置されているのに地味に感動

輝きの海方面はだんだんと々がなくなっていく様子が切ない

途中2ルートに分かれるが最後まで行けるのは1ルートだけ

もう1ルートがなぜ進めないのかは時間があればぜひ確認してみてほしい

7.名無しさん2017年06月29日 13時50分

マサチューセッツ州アメリカでも最初に道が走った土地と言われる。
クインシーから切り出した花崗岩を運ぶ為にグラニット道が開業し、
バンカーヒル記念塔などもこうして運んだ花崗岩で作られた。
その後、買収や道網への組み込みによりこの路線自体は消滅したものの
歴史財産として当時のグラニット道の区間が石碑などで示されている。

地上を走っている貨物列グレートウォーが起こるその瞬間まで本来の目的に加え、
軍用にも使われていたようでPAケージなどが乗っている事もある。

8.名無しさん2018年11月28日 21時02分
感想

道趣味を持つ者として、せっかく脇や近くを通っているのだから
テンパインズの断崖スターライト・ドライブイングレイガーデン
オバーランド駅イーグレット・ツアー・マリーナ、かに道楽を結ぶ
カウキャッチャーや武装を装備しプロビジョナーを乗せた貨物列
将軍コンパニオンも乗可で走らせたかったなと。

関連用語について
コメントを投稿する
1733