リリー・ボーウェン

別名称一覧:
  • リリーボーウェン
  • リリー婆ちゃん
  • リリー
  • リリーおばあちゃん
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2017年05月16日 08時11分

Fallout:New Vegasコンパニオンの一人
ジェコイブスタウンに住むナイトキンで、家畜化されたビッグホーナーの世話をしている
かつてはVault在住の孫煩悩なバアさんだったが、マスターズアーミー拉致されてナイトキン変異させられてしまったという過去を持つ
彼女の場合、生前の記憶を色濃く残している珍しいケースである
しかし、ステルスボーイ中毒で誇大妄想や幻覚、統合失調症を年々抑制することが出来なくなっており、薬物治療を受けている
しかし、この薬物治療は記憶力が徐々に減退するという副作用があり、自我を喪うか、愛する孫との思い出を失うかの瀬戸際で悩み続けている

3.名無しさん2017年05月16日 10時22分

一応こいつは元マスターズアーミー
西海岸を蹂躙した残虐スパミュ軍団の一員だった人
ザ・マスター存命中はほぼ完全な一枚岩の集団だったので、当然当時はリリーだって大量拉致虐殺に喜々として加担したはずである
そういう風な扱いを受けてしまうこともまた一つの宿命と言える

4.B.O.S.パラディン・ジェイコブ2017年05月16日 13時59分

マスターズアーミーかもしれない
軍団の一員としてかつては人を傷つけた…かもしれない
だが、それがどうした?
過去に罪があるかもしれない。彼女は許されない?
否!過去を上回る善行を積み仲間の為に頑張るものは赦されるべきなのだ!

なぁ兄弟?罪はすべて断罪する。許されないなんてのは機械的だ
時に苦しみ、迷い、そして考える。その心の揺らぎこそが人間だ

ちなみに彼女には幾つかのエンディングがあるのだが現状はあまり良いものがない
だが私は彼女が別の土地に旅立っていくエンディングに一つの光明を見ている
彼女が別の土地でいつか幸せになることを私は願っているよ

5.名無しさん2017年05月16日 15時06分

>>1
>>3
・生前の記憶を色濃く残している珍しいケース

特に言及されていないだけで同じようなミュータントがいる可能性はある。リリーのように変異が問題なく行われているナイトキンならば、よりその可能性は高まるだろう。こうとは断言できない。ただし、生前の記憶に強く執着しているという点では、リリーは珍しい存在といえる

・西海岸を蹂躙した残虐スパミュ軍団

マスター存命中は、Children of the Cathedralを隠れ蓑に集落・キャラバンVaultなどから人をさらってきて数を増やすことが主な活動だったため、蹂躙という言葉はあたらないと思う。マスターが死んで統率が取れなくなって以後に破壊活動を始めた者も多いが、リリーがそれに加担していた証拠はない。仮に加担していたとしても、喜々としてというよりは、むしろ「レオ」が影響していたと考えるほうが自然ではないだろうか

6.名無しさん2018年11月21日 07時46分
感想

ちなみに彼女はナイトキンであるためか、Stealth Girlというステルスボーイの持続時間を二倍にし、スニーククリティカルの火力を上げるそこそこ便利なコンパニオンPerkを持っている。

>>5
実際彼女は、基本的にNew Vegasの時点ですらマスターズアーミー時代を良く言うスーパーミュータントが多い中で、マスターをかなり悪しざまに評価する稀有なスパミュである。特にナイトキンは他のスパミュと比べても(近衛兵である関係上)マスター信者が多いはずなのに、である。
また、Dr.ヘンリーナイトキン治療に対しても周りのナイトキンと比べても明らかに善意で喜んで協力している。少なくとも現在の(元の人格の)リリーは明らかにモハビの人物の中でも善良な方だろう。

ここからは完全に推測ではあるが、変異後は(拉致+恐らく孫共々変異させられた+元々老齢の精神なのも相重なり)非協力的な形で任務に従事していたが、早い段階で「レオ」が生まれ、影響を受けてしまったのではなかろうか。「レオ」に効率のいい攻撃方法を教えてもらっていた、みたいな事も言っていたし、投薬をしなくなった場合完全に「レオ」に飲まれて飢えた獣のようになってしまうのもそれを表している気はする。

7.名無しさん2018年12月08日 00時35分

見た目通りHPが高いので肉戦を任せてもいいが大きな体躯と低い防御力がネックになるので銃を持たせても良い。なお、彼女はコンパニオンとしてはかなり特殊でスニークするとステルスボーイを使ってくれる他装備できる武器に制限がある。序盤ならハンテンィングライフル、中盤以降はライトマシンガンヘビーインシネレーター辺りが良いだろう。

8.名無しさん2018年12月08日 21時38分

運び屋のことは可愛い子と呼んでくれる。女性ならともかく男性で言われるとあれだが。
元々孫のいた婆ちゃんであるためか運び屋との会話は何かぼのぼのする。

以下セリフの一部

戦闘開始時
「ウチの子達には触れさせないよ~!!」
「婆ちゃんの影に隠れてね~!!」

持っている武器の威力が敵の防御力より下の場合
「やっちまいなレオ!もっと!武器のせいにしないの!!」

運び屋との会話
「なんだい可愛い子?」

持ち物の交換
「婆ちゃんからの贈り物だよ~」

運び屋と別れるとき
「分かったよまた遊びに来ると約束して、いいね?」

別れるのを止めたとき
「可愛い子、婆ちゃんは嬉しいよ」

ブラックマウンテンの中間地点に着いたとき
マーカスはこの場所を知ってるのかね?」

ノバックの恐竜前
「ダイナソーだよ!ダイナソーに上ってみたいかい?」


セリフが分かり次第 更新します。

9.名無しさん2018年12月11日 22時28分

現在の彼女の声はスーパーミュータント特有のガラガラ声ではあるが、ホロテープから流れる元の声は優しい老婆そのものであった。

10.名無しさん2018年12月16日 20時13分

ベロニカといい、リリー婆ちゃんといい、コンパニオンの女性陣はいい人なのに悲しい将来しか待っていない人が多い・・・

11.名無しさん2019年02月11日 12時11分
感想

人柄やステルスボーイの使用による精神障害への悩み、あまり報われない結末などから守ってあげたくなるお婆ちゃん
だが元マスターズアーミーエリートだけのことはあり、戦闘時にはもう一人の人格であるレオと共に怒涛の勢いで敵を蹴散らしていく、ベロニカに並ぶ接近戦のエキスパートである
お婆ちゃんどいてそいつ殺せない!

関連用語について
コメントを投稿する
4339