The Replacement

別名称一覧:
  • ザ・リプレイスメント
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
没データインスティチュートクエスト
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
2.名無しさん2021年09月20日 03時58分
感想

連邦で人々を恐怖の底に陥れている「人造人間へのすり替え」をイメージする。
ゲーム冒頭で主人公と同等の時間を割いてキャラメイクしたパートナーが生きてゲーム内で活動する、という魅力はあるが、インスティチュート到達の頃にはプレイヤー間にもパートナーへの心情の違いが出ているだろうし、人造人間への考え方も違う。他の派閥を見限ってインスティチュート所属を決めた者たちの中でさえ違うだろう。

実現は難しかっただろうし、苦労して実現させた場合、ミニッツメンB.O.S.プレイヤーの一部から不満が出たことだろう。

私の場合、もしパートナーが復活するなら、名前がネイトノーラでは嫌だ。本編のいくつかの場面で呼んでいるシーンも含めて、自分の決めた名前で呼びたい。

1.名無しさん2021年09月20日 02時27分

マスターアップ版ではカットされたインスティチュートの没サイドクエスト

インスティチュートルートのメインクエストThe Battle of Bunker Hill」をクリア後、同派閥サイドクエストA House Divided」と共にトリガーされる予定だった模様。比較的早い段階でカットされてしまったようで、クエストアイコン等の一部の残骸しか確認できず、知名度は低い。

が、大変内容は興味深い。と言うのも、クエスト名を直訳すると「交換」と言う意味になり、クエストアイコンはVaultボーイVaultガールと挨拶をすると言う、何処か意味深なアニメーションだからである。これらの情報から、外の鋭いファン層は「亡くなった唯一の生存者伴侶人造人間としてクローン化するクエストだったのではないか」と推察した。実際、本作人造人間や倫理観と言う部分に重きを置いており、この点からもベセスダが得意とする「プレイヤーに決断を迫る」様な攻めた展開の一つとして当初計画されても不思議はない。

もしこの推察が事実であれば、一体どんなシナリオで伴侶をクローン化する方向に持って行く予定だったのかが大変気になる所である。バンカーヒルの戦いインスティチュート寄りでクリアした唯一の生存者に対するファーザーからの報酬だったのか、或いはインスティチュートから心が離れて行く唯一の生存者を引き留めるべく、ファーザーが用意した餌だったのか、想像に尽きない。

何故カットされてしまったのかは今となっては分からないが、もしこれが実装されていたなら、メインシナリオクリア後に人造ショーンや人造伴侶と共に居住地戦前の様に暮らす展開等があり得たのかも知れない。(※似たような没データ20 Leagues Under the Sea」同様、クエスト内容はあくまで推察の域を出ないので注意されたい)

関連用語について
コメントを投稿する
13422



ページ上部に戻る