Special Delivery

別名称一覧:
  • スペシャル・デリバリー
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
サブクエストカボット関連
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
6.名無しさん2020年02月05日 01時39分

面接の際にジャックが語る研究の話はFallout世界でさえかなりとんでもない内容らしく、
興味を示すと多くのコンパニオンが反感を覚えるようだ。
純粋に賛同したり、適当に調子を合わせたい場合は注意しよう。

5.名無しさん2018年11月10日 19時38分

このクエスト謎の血清エドワードに渡すか、ネコババするか。自分に使ったことを正直に申告した場合は報酬のキャップはもらえなくなるが、ちょっと愚痴られるだけで普通に進行する。

4.名無しさん2017年08月09日 07時21分

このクエストでは主人公会話に仲間が口を挟む場面が多い。
パイパーニックなどのよく喋るキャラだと最大3回発生する。

3.名無しさん2017年08月09日 00時16分

マリアに話を聞きに行く前に目標のレイダーを一掃した場合、この手の展開でよくある「すでに制圧した」という選択肢が出ない。
どうなるのかというと、マリアに話しかけた後目的地に謎の血清を持った死体スポーンする。
マリアに話しかけずに血清を持ち帰ることを禁じるためだろうか?

2.名無しさん2017年02月20日 14時11分

クエスト開始直前に精神病院前の傭兵たちを惨殺しておくと、奇妙なものが見れる

1.名無しさん2016年04月27日 04時44分

仕事は危険だ、そして公正な報酬を貰える」
この後「Emogene Takes a Lover」「The Secret of Cabot House」と続く
グールエドワードから始まるカボット家の秘密に関わるクエスト
彼の言葉通りどんな結末になろうと報酬は(内容に差はあれど)支払われる

最終的にどちらか一派を殺害することなるが
登場人物全員が独自の考えで動いてるというのも特徴
ジャックの腹心であるエドワードですら場合によっては彼から離反する
彼らの心情を想像しながら各種ターミナルの記録や会話を聞いていくと面白いかもしれない

関連用語について
コメントを投稿する
1912



ページ上部に戻る