A.F.A.D.尋問

Nuka-World
別名称一覧:
  • AFAD尋問
  • A.F.A.D. interrogation
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
ホロテープNuka-World
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
4.名無しさん2016年11月01日 10時16分

この手の愛護団体への批判「じゃあお前らの愛してる動物の前でやってみろ」
その結果を見事に体現したとも言える。

3.名無しさん2016年10月25日 22時57分

ハインを拘束したのが最終戦争勃発の直前だったことや、ハインのターミナルに普段から頻繁に動物の脱走が起きていたことが記されているあたりから考えると、爆が落ちた影響で正常に機能しなくなった施設から逃げ出した動物達に襲われたのかもしれない。(事実、爬虫類ハウスドアを封鎖しようとした痕跡や洞窟でクマに食い殺された飼育員と思しき亡骸が見つかる。)
そうだとすれば動物の友人と守り手を自称する彼らにとってはなんとも皮肉な最期だったと言えよう。

2.名無しさん2016年10月17日 15時51分

ゲータークローが辺りを彷徨いてるが戦後のことなので、多方ヌカワールドの処理担当の仕業か
マチェットの突き刺さった犠牲者もA.F.A.D.の誰かなのかもしれない

1.名無しさん2016年10月17日 13時55分

アングリー・アナコンダに落ちてるホロテープ
---------------------------------
Dr.ハイン「助けてくれ。何が目的なんだ!」
チップムンク「とぼけても無駄だ、Dr.ハイン。お前の実験室で起きていることは、とっくに知っている」
ラビット「ああ、ヘイン。全部わかってるぜ」
チップムンク「黙れ。邪魔するんじゃない、ラビット
ラビット「すまない、マイク… ちょっと怖がらせようと思っただけだ」
ロビン「ちょっと、ラビット… 本当の名で呼ばないで」
チップムンク「両方とも黙れ!いいか、Dr.ハインブラッドバートンの命令でクローンの実験をしていることはわかっているんだ。実験室とは名ばかりの拷問室に閉じ込めた動物を使ってな」
Dr.ハイン「助誓ってもいいが、我々はどの実験サンプルも最高の敬意を込めて扱っている。こんなところに閉じ込められるのは間違っている」
チップムンク「そこが間違いなんだよ、Dr.ハインアングリー・アナコンダに連れてきたのは、ちゃんとした理由がある。「科学」者なんだろう、自分が動物を保管している場所のすぐ近くで、ブラッドバートンがこんなものを作るのを許すとは、どこまで愚かなんだ?たぶん。怪物がどこから来るのか知らないかな?長い間消えないダメージが動物たちに与えられるのがわからないのか?」
Dr.ハイン「なあ、この拘束を解いてくれ。実験室に戻らせてくれないか。ブラッドバートンさんに話をする。きっとすぐに、これは誤解だとわかるはずだ」
ロビン「努力は評価する、ヘイン。でも、帰すわけにはいかない」
ラビット「おい、マイクイングリッド? 何か外にいるぞ」
チップムンク「はあ。何だ、ラビット?」
ラビット「わからない。あちこちで、走り回っている連中がいる。もしかして、我々を探しているのかな。おかしな連中のようだ」
チップムンク「わかった、ラビットDr.ハインのそばにいろ。ロビンマウスと一緒に周囲を歩いて、何が起きているのか調べろ」

関連用語について
コメントを投稿する
3640



ページ上部に戻る