ヒルデンブランド

別名称一覧:
  • ボストン市長
  • Hildenbrand
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
戦前の人物
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年08月31日 15時15分

「お入り下さい、Mr.ヒルデンブランド。よい一日を」

最終戦争勃発当時のボストン市長。
核戦争への足音が一歩、また一歩と近づいていたあの時代、
彼はせめて家族だけでも守ろうと市民の血税を投入し、郊外にボストン市長用シェルターを建設した。
そして来たるべき2077年10月23日テレビラジオからは次々と核ミサイルの着を伝えるニュースが飛び交う中、彼は家族、及び関係者と共にシェルターへと避難したのだが・・・・・・。


ちなみに、冒頭の台詞はコプリー駅からボストン公共図書館へと繋がる扉に設置されているインターコムに対してスピーチチャレンジを成功させると聞くことができる。

2.名無しさん2019年08月31日 16時51分

図書館のパスワードはどうでもよさそうな123456だったり
横領でも着服でも何でもして家族だけは守ってやるぜという姿勢だったり
良くも悪くも小市民的な市長さん

アリッサ・パーク市長の方が後世に残せた物が多いというのがまた何とも……

3.名無しさん2019年09月03日 03時25分
感想

ボストン市長用シェルターでは彼の惨めな末路が垣間見れる
自身はバスタブで感電自殺、嫁は白骨死体、意味深に置かれているテディベア
あちこちに散らばる軍人と市民の遺

やはり、Vaultは曲がりなりにも超性能だったんだなってことが伺える

関連用語について
コメントを投稿する
8212