現在サイトリニューアル中です。詳しくはお知らせを御覧ください。

バーサクレイダー

別名称は登録されていません。登録する
作成日:2018年09月21日 22時14分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.BOS情報探索班2018年09月21日 22時14分
皆さんは薬物使用をしたことはありますか?
今回は薬物使用によって出来上がった略奪者の説明です


パーソンズ州立精神病院では被験者ロレンゾ・カボットより精製された血清があり
これを劇中では『謎の血清』と呼称されています
そしてこれを狙いレイダー集団が何度も病院そのものや病院から運ばれる血清を略奪しようと運び屋を狙い攻撃が繰り返されています
劇中では主人公がこの奪われた血清の回収に乗り出しますがあったのは1本だけ
そう。そのなくなった残りを接種していたのがレイダー集団の数人
それがこのバーサクレイダーなのです
このロレンゾ謎の血清をめぐる騒動で病院内部での戦いの中で数箇所で出現主人公たちの行く手を阻んできます
特殊な薬物に分類される謎の血清を接種している彼らは
ロレンゾ自身も凶暴性が増したと言われる作用と同様に
狂戦士のようにその薬物使用で強化された肉体で襲ってきます
彼らは他のレイダーよりしぶとく、また近接武器を好んで使ってくる特徴があります
とはいえ、人間の範疇で語れる強化ですので貴方であれば倒せない相手ではありません
ですが思わぬ一撃をもらわぬとも限りません
相対した際は油断なく仕留めてください
どうかお気を付けて

この情報はここでいったん説明終了です。サー
2.名無しさん2018年09月21日 23時01分
謎の血清がどの様なものかという説明をジャックに求めてもはぐらかされるが、それを摂取したこいつらの人外じみた身体能力により危険な物質であるという疑いが強まる…という演出のために登場する。
奇妙な冒険風に言うところの「屍生人(ゾンビィ)」みたいな存在で、正面から生身で殴り合うのがツライ程度にはタフでパワフル
不意打ち気味に登場するため準備が不十分だと押し切られる事もある。

近接攻撃を積極的に仕掛けてくるので、それに対して効果を発揮するタイプのレジェンダリー冷却極寒決闘者のなど)があれば持っていってみるのもいいかもしれない。
3.名無しさん2018年09月22日 01時37分
感想
ただでさえ文明を忘れたレイダーたちが更にバーサクしてるのである

紳士な111なら彼らと握手を試みて人間らしさを取り戻してあげよう…彼らもリッパーと握手をして人間らしく死ねて満足だ
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
5042