アサルトロン・インティミデーター

One Wasteland
別名称一覧:
  • アサルトロンインティミデーター
  • Assaultron intimidator
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
アサルトロンデイリーオプス
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
11.名無しさん2020年09月20日 16時32分
感想

コイツと戦えば、将軍が手にかけたフルアーマーオートマトロンと相対したレイダー達の気持ちをこれでもかと味わえる...かもしれない。

10.名無しさん2020年09月20日 16時31分
感想

オートマトロンのことを思うとこれがメーカー正規品なのかどこぞの誰かが魔改造したのかその辺が気になる

バン・ロー剥製店の地下階のアレを諦めたわけではないぞbethesda

9.名無しさん2020年09月20日 15時48分
感想

ガンダ〇的なフルアーマーゴリマッチョ感がたまらない。ウチのキャンプに動かない見本でいいから欲しい
勝手な妄想だが、セントリーボットの火力と運用を、閉所でも実現するべく二足歩行のアサルトロンに改造を施したという感じだろうか

8.名無しさん2020年09月20日 14時06分
感想

他のアサルトロンにも言えることだが正面から撃ち合う際に明確な弱点部位が見当たらない。
戦闘用に設計された奴はやっぱり違うなと感心させられる。
通常アサルトロンと違って部位破壊もできないので、デイリーオプスボスとして特に厄介。

7.名無しさん2020年09月18日 17時01分
感想

>>6
生身であってもBarbarian+Evasiveのガチムチタンクキャラであれば攻撃をある程度は受け止めることができた。

ただし、ブラッドイーグルの破壊者スーパーミュータント・ファイヤースターターと違い、正面からずっと殴り続けるのは無理だった。物陰で回復→殴りに行く→物陰で回復のルーチンを3回ぐらい繰り返すはめになった。

6.名無しさん2020年09月18日 07時08分

確かにその耐久力と攻撃力は凄まじいが、チームを組んでいる場合は誰かが囮役になれば他のメンバーは攻撃に集中できるので安全に倒せる。

が、変異が「弾力性の」で生身ソロだと一気に危険度が上昇する。集中砲火をモロに喰らう上に体力を削ってトドメを刺すにしてもあの幕を突っ切って殴らないといけないからだ。しかもちんたら攻撃していると一発一発が痛いMr.ガッツィーや煙幕を展開するロボブレインが乱入してくるので対応を誤ると地獄図と化してしまう。

物好きなResidentなら兎も角、自信がないResidentは素直にパワーアーマーを着よう。それでも生身ソロでコイツを倒したいというハンターResidentパーク構成とレジェンダリー武器の効果を熟考した上で挑戦しよう。

5.名無しさん2020年09月17日 21時51分

チームメンバーが雑退治に夢中になって手伝ってくれなかったからソロで倒したけどHP1万くらいありそう。T-65スティム希釈5個程使って勝利くらい。One Gun Army付けるの忘れてたから効くのか分かんないわ。

4.名無しさん2020年09月17日 14時15分

どのくらい硬いかというと、Demolition Expert Lv5を積んだツーショットMIRVヌカランチャーを直撃させて3割ほどしか減らない
攻撃力に関しても、ただでさえ痛いミニガンを両腕に装備しているので生身だと一瞬でHPが無くなる。遮蔽物を上手く活用しよう
頻度が低いため弱点と言えるかは微妙だが、頭部レーザーはそれほど痛くない上に照射中はミニガンは止まるため、この時が攻め時である

3.名無しさん2020年09月17日 12時14分
感想

明るいとこでよく見たいから、高レベルだとワトガ周辺とかに湧くようにならないかな

2.名無しさん2020年09月17日 01時35分

Intimidatorとは威嚇する者、脅迫者という意味。
実際、威圧力抜群の両腕だが…威嚇にとどまらず、凶悪な戦闘力を遺憾なくぶちかましてくる。

1.名無しさん2020年09月17日 01時27分

パッチ22より追加された新システム「デイリーオプス」にて、敵の派閥が「ロボット」の際に登場する、いわゆるボスクラスの敵。

アサルトロン」の名がついているものの、その外見は通常のものとは大分異なっている。
Fallout4の経験者であれば「オートマトロンアサルトロンを作って両腕はミニガンにし、装甲は油圧フレームにしたような感じ」と言えば通じるだろうか(実際には色々と違うが)。

増加された装甲のおかげで体全体のボリュームが増えており、通常のアサルトロンに比べて大分マッチョな印象を受ける。
武装は両腕のミニガンと頭のレーザーアサルトロン特有の小回りの効く脚で機敏に動き回り、息つく間もないほどにミニガンをぶちまけるのが基本の戦闘スタイルとなっている。

攻撃力・防御力ともに半端ない高さであり(さすがに偽物のシープスカッチなみではないが、それでも油断すればすぐに紙袋にされる)、高ランク報酬を狙うResidentたちの最後のとなることだろう。

関連用語について
コメントを投稿する
10849



ページ上部に戻る