It's All Over But The Crying

別名称一覧:
  • イッツ・オール・オーバー・バット・ザ・クライング
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
BGMダイヤモンドシティ・ラジオ
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
19.名無しさん2021年12月21日 12時31分
感想
18.名無しさん2021年11月28日 23時22分

1946年発表のこの歌だがThe Ink Spotsの曲にしては少々異色な部分がある。
それはオービル・ホッピー・ジョーンズによる語りのパートがないことである。
彼らの楽曲の特徴としては4弦ギターのアルペジオによるイントロと、ホッピー・ジョーンズによる「愛する人への語り」である。
語りかけのパートがないのは単に1944年にホッピー・ジョーンズが亡くなったからか、はたまたこの曲が「愛する者を失った後」を歌ったものであるからか‥‥
あるいは、残されたメンバーによる彼に手向けた歌だったという見方もあるかもしれない。

インクスポッツは彼を失って以来作風もガラリと変わり、勢いを失い、頻繁なメンバーの入れ替わりが発生することになる。

17.名無しさん2021年06月07日 15時52分
感想

もう終わった事なのに、泣いてばかりいる
僕の涙が人知れず喧噪に消えていく

皆知ってるけど、僕は頑張り続けてる
あなたへの想いを忘れるために

もう終わった事なのに、まだ夢見続けてる
叶えようとし続けてきた拙い夢を

もう終わった事なのに、泣いてばかりいる
あなたへの想いから立ち直れないでいる

※繰り返し

16.名無しさん2020年11月04日 23時07分
感想

>>14
"Dream come true" は「夢が叶う」なので元の訳で間違っていない。

15.名無しさん2020年03月10日 19時51分
感想

Friends all over know I'm trying

伴侶の仇を捜している事や息子を取り戻そうとしている事を語ると、大抵の人々が友好的になってくれるのを象徴しているような歌詞

14.名無しさん2020年01月17日 03時23分
感想

>>9
多分君が正解
このthatは関係代名詞でdreamsを修飾してる形容詞節を作るからdreamsにかけて訳すのが正しい
直訳すると「実現しようと挑戦し続ける、哀れで小さな夢さ」って感じかな
叶うものだとは思ってるはちょっと意訳しすぎだと思う

13.名無しさん2019年03月17日 22時35分
感想

「さようなら、ミスター・ケロッグ!またいつか会おうね!」

「……さようなら。」

11.名無しさん2018年11月20日 08時19分
感想
10.名無しさん2018年07月09日 20時23分

The Ink Spotsの曲で"It's Funny To Everyone But Me"というものがあり、この曲と類似点もかなり多い。

つくづくこの時代の黒人音楽というのは全力で自分たちのことを自虐しまくっている。
それが白人たちに大いにウケて、そして彼らはちっぽけな悲劇に酔いしれたりする。
そして黒人たちが催し演奏するジャズやブルースのコンサートはいつも大盛況なのだがそこには黒人の観客が一人たりとも居ないのだ。
何故なら歌の物語の当事者たる黒人たちにはあまりにも生々しい話で聞くに堪えないのである。
そんな彼らの悲劇に酔ったり、あるいは面白がったりはするものの心を寄せたりなどはしない。なんとなく111や戦禍に呑まれていった人々とそれを取り囲むウェイストランダーとの関係の構図をも思わせる。

9.名無しさん2018年05月13日 03時19分
感想

すみません、大辞典の趣旨に合ってるか分からないコメントで申し訳ないんですが、 >>4

Poor little dreams that keep trying to come true”

”しみったれた小さな夢さ でも叶うものだと思っている”

の部分の翻訳って合ってます?

自分英語できないんで上手く言えないんですけど ”Poor little dreams” のくだりとか that以下の翻訳のニュアンスに違和感を感じてまして……(´・ω・`)

8.名無しさん2017年07月16日 19時30分
7.名無しさん2016年07月27日 19時38分
6.名無しさん2016年05月09日 11時29分

Dangerous Mindsのラスト以外でも、サンクチュアリヒルズ発見時や、ゲームスタート時にも流れる、本作の主題歌。
前作、そして初代The Ink Spotsの曲が主題歌だった

5.名無しさん2016年04月17日 22時16分

>>4 みんな私がもがいていることを知っているをコンパニオン仲間派閥の関係者とも受けて取れる。

4.名無しさん2016年04月09日 22時22分

歌詞の翻訳

It's all over but the crying
もう終わってしまったのに 涙が止まらない
And nobody's crying but me
泣いているのは私だけ
Friends all over know I'm trying
みんな私がもがいていることを知っている
To forget about how much I care for you
自分がどれだけ君のことを愛しいるのか 忘れてしまおうともがいていることを

It's all over but the dreaming
みんな終わってしまったのに まだ夢見ている
Poor little dreams that keep trying to come true
しみったれた小さな夢さ でも叶うものだと思っている
It's all over but the crying
何もかも終わってしまったのに涙が止まらない
And I can't get over crying over you
そして私は 君を思って泣いている

まさにエンディング後のパパママの心の歌である

3.名無しさん2016年04月09日 21時57分

歌手はFalloutシリーズお馴染みの The Ink Spots
タイトルを訳すなら全て終わったはずなのに涙が止まらない...といった感じだろうか
歌詞自体は恋人との別れを理解できない悲しさを表現している。

FO4では逝ってしまった主人公の家族や、核の影響で滅茶苦茶になってしまった世界を嘆いているという考え方もできるだろう。

2.名無しさん2016年04月09日 20時57分

ケロッグの記憶を辿るクエストDangerous Minds」のラストで流れるという点にも色々と意味深なものを感じる。

1.名無しさん2016年04月09日 13時19分

Fallout4の最初のPVで使われた曲。
核戦争後と戦前のサンクチュアリを背景にドッグミート主人公の家に入り、まだvault111に入る前の夫妻とショーンが映っている時に流れている。
歌詞の内容は、ショーン伴侶の片方を失った主人公の気持ちを歌っているように思える。
終わってしまった過去の在りし日の思い出を・・・

関連用語について
コメントを投稿する
1548



ページ上部に戻る