現在サイトリニューアル中です。詳しくはお知らせを御覧ください。

FN FAL

別名称一覧:Fusil AutomatiqueLéger登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2018年09月12日 00時11分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
Fallout2
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.ymnv2018年09月12日 00時11分
Fallout2 で登場した7.62mm弾を使用する実弾武器
FN FALとはFusil AutomatiqueLéger軽量自動ライフル)の略で軍用ライフルとして運用されていた
ナイトジョンタイプとFN FAL HPFAが存在する。
2.名無しさん2018年10月05日 14時13分
ファブリック・ナショナル社が開発した7.62mmNATOを使用するライフル
元々は小口径ライフルを使用するために開発したためディレートブローバックを使うG3シリーズやライトロードのを使う豊和工業64式小銃などに比べて反動が強く、フルオートで扱うには困難だとか。言わずもがな冷戦下でのの互換性の為にアメリカが半ば強引に制定した7.62mmNATOのせいである。
その為イギリス軍ではセミオートオンリーの仕様であるL1A1が採用するなど工夫をしていた模様。セミオートではかなり優秀な命中精度を誇る。なおL1A1は帝国単位(イギリスのヤードポンド法。米ヤードポンド法よりもマイナーだと思う)で設計し直している
現代でもOEMが作られるほどだがインドでも無許可で製造していた他、西ドイツも短期間で採用していた(ベルギーが「またお前らが伍長閣下みたいなのにたぶらかされて殴り込んでくるかもしれない。」とのことで製造は認めず、早期に次のライフルに更新していきG3が誕生した) アメリカ政府も採用を検討していた時期がある。
全体的にイギリスを旧宗主国としている国の採用が多く、G3とならんで紛争地域で割りと良く見る銃器の一角をなしている。
因みに設計はブローニングの愛弟子、デュードネ・サイーブでありブローニングハイパワーを設計した男である。
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
5033