グインネット酒

別名称一覧:
  • グインネット・ブルー
  • グインネット・エール
  • グインネット・ラガー
  • グインネット・ペール
  • グインネット・ピルスナー
  • グインネット・スタウト
  • グインネットブルー
  • グインネットエール
  • グインネット各種
  • グインネットラガー
  • グインネットペール
  • グインネットピルスナー
  • グインネットスタウト
  • グインネット系
  • グインネット
  • Gwinnett
  • Button Gwinnett
  • バトン・グインネット
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
Aidアルコール飲食物
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2016年04月25日 09時15分

グインネット醸造所で製作されたアルコール種。
効果は、STR+1, CHA+1, INT-1

無駄に種類があるが、実はテクスチャと名前が違うだけで、他は全部同じ。

ドリンク・バディーに入れると、"冷えた"の接頭語が付く。詳細は冷えたグインネット酒にて

2.名無しさん2016年04月29日 20時30分

要はビールの事。
ちなみに、日本でも最近色々な種類のビールが売られている。飲酒可能な年齢の、ビール好きな方は、飲み比べてはいかがだろう。細かく種類分けされた理由が分かるかも知れない。

3.名無しさん2016年04月29日 23時12分

元ネタであるサミュエルアダムスは日本でも入手可能。作中のように種類も豊富なのでプレイのお供にいかがだろうか。

4.名無しさん2016年04月30日 00時15分

元ネタのサミュエル・アダムスビールがそうであるように、
アメリカ独立の立役者の一人、バトン・グインネットに由来する。
Fallout3の国立公文書館のプロテクトロンも彼がモデル。
ベセスダはなぜか独立の名士の中でもマイナーな彼が好きなようだ

6.名無しさん2016年12月17日 10時17分

テクスチャが潰れていて非常に見づらいがグインネットの肖像と名前以外に
・グインネットエール "Dead Redcoat Ale."
・グインネットスタウト "Southie Stout." -Southie:南ボストンの愛称
・グインネットラガー "Blackened Victory Lager."
・グインネットペール "Pale Ale."
・グインネットピルスナー "Peabody Pilsner." - Peabody:マサチューセッツ州の町
と書かれている。

7.名無しさん2016年12月17日 11時04分

アメリカを代表するビールといえばバ○ワイザーだろう。
アメリカビールはどちらかと言えば味わって飲むのではなく喉越しを楽しむのがビールの醍醐味である
それを >>5 のように不味いの一言で断言してしまうのも如何なものかと…

8.名無しさん2016年12月17日 19時22分

・グインネットブルー "Bunker Hill Brew" - Brew: 醸造(ブリュー)。青ではない。

9.名無しさん2016年12月19日 15時38分

バドワイザーに代表されるアメリカンラガーは
向こうでは水代わりに飲むものなので、非常に薄い
日本人にとって不評なのはそれが原因である

グインネットの元ネタであるサミュエルアダムスは
欧州系のオールドスタイルなのでそれとは全く違う
エール、スタウト、ピルスナー、ヴァイツェンと種類も豊富であるし

10.名無しさん2017年02月26日 19時42分
感想

ただの雰囲気アイテムなのにやたらと種類が多いあたり、こだわりを感じる。
製作陣の中によほどのビール好きでもいたのだろうか?

11.名無しさん2017年04月01日 23時44分

というより、欧米ではビールは各種揃えてあるのが基本。ビールの種類が記載されている銘柄も多い。どちらかというとピルスナーがシェアの大部分を占め、それ以外のビールを目にすることが少ない日本ならではの違和感ではなかろうか

関連用語について
コメントを投稿する
1846