再生の日

別名称一覧:
  • Reclamation Day
  • 2102年10月23日
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
9.名無しさん2020年04月14日 18時25分
ネタ

この再生の日を迎えるまでに当たって、様々な勢力や人間が融和と衝突を繰り返し、膨大な事件を起こしている。その様相は、ホロテープメモロボットの証言そして放射能の塵に覆われた現場が物語ることになる。再生の日近辺で行われることは、その一つ一つをResidentが拾い集めて再生(?)につなげていくということある。
このような歴史の書き方は、紀伝体といい、古代の東アジアに行われた編纂方法である。たとえば司馬遷の史記(一部に年代記もある)、正史三国志などは事件や年代を基準に歴史を語るのではなく、76と同じように人物に焦点を当てている。
この長所として、焦点を当てられた人物やそれに関係する人物や事件の描写は臨場感あるものになる。しかし、同じ年代に発生した直接には関連しない複数の事件や複数の人物が関連した時などは、それを時系列で読み解くことが複雑になり、パズルのようになってしまう欠点がある。
それゆえ、再生の日を体験したプレイヤーらが膨大な情報を持ち込み、wikiなどにまとめていくということが歴史を読み解くのに必要になってくるし、ベセスダはこれをあたかも予定しているかのような感もある。
地理を事細かく設定し情景にまで意味を持たせパズルのピースをぶちまけたような本作は、つまり、制作にそれだけ膨大な資と労力を要求すると考えられ、それを実行した制作会社の強みを垣間見ることができる。・・・バグだらけであったことの言い訳にはならないけども・・・

8.名無しさん2019年11月15日 11時51分

公式よりINSIDE THE VAULTにて、再生の日のお祝いとして14日から18日まで経験値が2倍になる旨が発表された。
週末ということもあり、ガッツリレベリングできるため、レベルがまだ低かったり、始めたばかりのresidentにはぜひとも励んでもらいたい。

7.名無しさん2019年11月14日 14時24分

このたび1周年を迎えた再生の日。
どうやらアメリカ標準時が基準になっているようで、現時点では有志の動きしかないが、夜ごろになれば何らかの祝賀のお知らせなどが出ることだろう

6.名無しさん2019年05月03日 23時53分
感想

恐らく、当初の計画ではVault76開放と共に核ミサイルによりアパラチア全土をVault-Tec社
アパラチア全土を掌握しその後にVault 94Resident達のうちの誰かか監督官が中心とな
G.E.C.K.を作動させ文字通り「再生の日」からアメリカ再建を目指す予定だったのだと
考えられる。この予定された計画通りに上手く行っていたなら政府の補給物資もあの程度
のシロモノでも充分過ぎると言えたはずである。
しかし度重なる負の連鎖の重なりはこの「再生の日」計画を否定した結果となったのだ
と考えられる。

5.名無しさん2018年12月15日 14時02分
ネタ

再生の日以降散らばった、Resident達は強くなった。スーパーミュータントハンマー一つで片付けるものもいれば複数のスコーチビーストを銃で殺すものなど。
だがResident達は更に力を付けようとした。あるものは核ミサイルで周辺を放射能まみれにしてその物質で強力な装備を作るまたは手に入れるもの。またあるものは自分自身に力付けるためあえて放射能まみれにして人間をやめ化け物になるもの。
再生の日?そんな物はない。人は過ちを繰り返すのだから。

4.名無しさん2018年12月10日 18時26分
感想

>>3
25年の経過もあり第二世や下手すると三世の純Vault76生まれのVaultBoy/Girlが生まれている可能性は高く、生まれた時からの鋭才教育により再生の日は待ちに待ったという記念すべき日であるという洗脳の元、純粋に嬉々として迎えた日である可能性の方が高いと推察します。
また外の世界の変化についての外的な情報も一部に限られ、情報統制をとられていたことも推察されるため、状況を理解せずに嬉々として外に飛び出していった人間も多いことでしょう。

そのためパーティーの残骸はとても多く、大いに記念日を楽しんだResidentがヤケ酒ではなく最後の振る舞い酒を旧知の仲の友人と大いに楽しんだと思い…たいところだが…寝坊したResidentを起こすものはいなかったことを考えると、同年代のコミューンの中、孤独に過ごしたResidentは解放される喜びで一人祝杯を楽しんだのではないかと邪推してしまう。

3.名無しさん2018年11月23日 18時38分
感想

再生の日」と言えば聞こえは良いかもしれないが
・予告されていたとはいえ、ある日突然今まで住んでいた場所を追い出される
・追い出された先は放射線にまみれ、今まで人類が出会ったことのない危険な生物が跋扈する退廃世界
という時点で多くの一般Vault居住者に全く望まれていなかった記念日であろう(Residentが寝坊したのも、この日を前にしたストレスでヤケ酒をしてしまったことが原因である可能性が高い)

2.名無しさん2018年11月20日 07時44分

作中ではなく、こちらの現実世界では
Fallout76のサーバー開放日として使われたり
https://twitter.com/Fallout/status/1062034734627373056

実際のウェスト・バージニア州ではFallout76発売日と合わせて
2018年1114日を「再生の日」として正式に制定した。
https://twitter.com/BethesdaStudios/status/1062869614684786688

1.名無しさん2018年11月20日 07時43分

Vault76開放の日。
戦前の優秀な人物を寄せ集めた76居住者が各地に散らばり「アメリカ再建」を開始する日のことであり
2102年10月23日、つまり最終戦争勃発日(2077年10月23日)のちょうど25年後ということになる。

この24時間後にVault76は役割を終え、順次機能停止して最後には空調機能も停止するため
快適な生活を忘れられずVaultに留まる者には死をもたらすとされている。

関連用語について
コメントを投稿する
5288



ページ上部に戻る