ヘイヴン教会

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
沼地地帯
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
15.名無しさん2021年10月14日 22時31分
感想

近くに幽霊屋敷キットCAMPを建てて、オルガンが鳴り始めたら気分は最高だ。
ワールドでCAMP内に取り込む形にしても面白そうである。

14.名無しさん2021年05月14日 16時26分

崩れた礼拝堂から伸びているツタをよく見ると「に延ばされた手」のように見える。
もしやこれも「彼」なのか?

13.名無しさん2019年10月12日 17時07分
12.名無しざん2019年10月10日 21時56分

教会スポーン地点の近くにランダムイベント場所がある。(マップの道沿いに少し南下)

確認出来たので、シープスカッチ、その巣のみ、デスクローと巣(人3牛1の御遺体)、+スパミュとの戦闘、レモネードスコビフンと大量のハエ


この情報は、ここで良いのか?

11.名無しさん2019年08月03日 13時53分

善良な神父や教徒の怨念が生者を襲う・・・ありがちなお話だが、しかしこの周囲を偶に徘徊しているアイボットによる教会の宣伝は怪しい新興宗教のそれなので、FOによくある寧ろ頭がイっちゃった連中が残した災厄装置なのではと思ってしまう

10.名無しさん2019年08月01日 19時21分

自分の環境ではこのロケーションに限って、たとえ敵を全滅させていても[DANGER]状態が解けない。
それも不気味なオルガンが鳴り響く間のみ…。気のせいか、何かの視線を感じる…。

9.名無しさん2019年02月26日 14時59分

>>1 のオーガンという呼び方について。

オルガンは英語で'organ'だが、これには「臓器」という意味もある。スキッグのターミナルに書かれている、鹿を解体したときに出てくるやつだろ!云々は、後者の意味しか知らない彼の勘違いである。このダブルミーニングが分かりやすいように訳したのだろう。例えば「有機の」を意味する'organic'はオーガニックと表されるので、不自然ではあるが誤訳ではない。

しかしいくら学がないレイダーとはいっても、戦後20年でオルガンを知らないやつなんて出てくるのか…?スキッグはまだ20歳以下だったのだろうか。

8.名無しさん2019年01月09日 03時02分
感想

自分の場合、グールスコーチが両方居てオルガンが聞こえてた。

敵の種類じゃなくて、夜だけ鳴るって事だろうか?

7.名無しさん2019年01月09日 01時43分

フェラルグールの時でも音が聞こえてくることを確認。
ターミナルをじっくりと読んでいるところに聞こえてきたのでゲーム内の時間帯とかが条件かもしれない。

5.名無しさん2019年01月03日 14時05分
感想

大きなパイプオルガンでも存在してれば「スコーチビーストの出す音波に共鳴して」とか考えちゃうけど

でも、置いてあんのピアノなんだよなぁ

4.名無しさん2019年01月03日 13時59分

グールの場合はオルガンが鳴らないので「奇妙な音って何?」という疑問を抱えて帰る事になる。

3.名無しさん2019年01月03日 13時52分

沼地地帯の鬱蒼とした々やストラングラーの気味の悪い根と教会という特別な建造物が合わさり異様な雰囲気を出している。
夜に訪れるとオルガンの音もあって肝が冷える沼地のホラースポット
教会内の以前の住民が書いたと思われるメモを読むと、奇怪な音色が聞こえる等という記述がある。オルガンの演奏は住民の残した録音や自動演奏の類ではないようだ。

では聴こえてきた音楽の正体とは……?

2.名無しさん2019年01月03日 13時25分

Vault住人の死体もひとつ転がっているが、背中側が見えない姿勢なのでナンバー不明。

1.名無しさん2019年01月03日 12時57分

沼地地帯のほぼ中央に位置する、ツタによる侵食で半壊している教会
かつてはウィリアム牧師の元、生存者拠点であったが、スキッグと名乗るギャングの率いる集団に占拠され、更に「体を焼かれた様な人間」に襲撃を受けて壊滅した模様。

中にはグールウェンディゴ、もしくはスコーチスポーンする為「体を焼かれた様な〜」という相手がどちらを指すのかは分からない(後述する現象から多分、スコーチではないかと推測)

なお、敵がスコーチの場合は礼拝堂でオルガンの音色が何故か鳴り響く(誤訳なのかスキッグの学の無さの表現なのか…彼曰くオーガン)
近くにアップライトピアノが置かれており、これが鳴っているのか?それとも別の何かなのか?

関連用語について
コメントを投稿する
6613



ページ上部に戻る