グリークハウス

別名称一覧:
  • フラタニティ
  • フラタニティー
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年03月15日 14時20分

アメリカの大学に存在する学生間の社交クラブ。グリークハウス、フラタニティ (ソロリティ)と呼び方が色々存在する。
大雑把に言うと日本で言う所の大学のクラブ活動と学生寮がごっちゃになったようなシステムであり、各グリークハウスに所属する人間はそれぞれのハウスに割り当てられた家で共同生活を送り、互いをブラザー(シスター)などと呼んで交友し、絆を深め合う。
もちろん交友の内容にはパーティーも含まれる。アメリカの大学ではハウスによるパーティーが毎週のように行われ、アルコールドラッグがバンバン使われ、死人も出ることがあるとか。
入会するには儀式を通過しなければならなかったり、新入生に対する勧誘活動 (ラッシュ) や、ハウスの先輩から新入生に対するシゴキ(ヘイジング)が存在したりと、学生の有り方は洋の東西を問わないのだな、と思わせてくれる一面もある。

作中ではVault-Tec大学に複数のグリークハウスが存在することが明らかになっており、大学近くには「Fraternity Row (仲間内の揉め事ではなく、「フラタニティ通り」とでも訳した方が正しい)」と呼ばれる、各グリークハウスの家が軒を連ねる通りも存在する。
名前が明らかになっているハウスは以下の通り。
パイ・カッパ・ミュー・ギリシャ文字クラブ (パイ・ミュー)
イータ・プサイ・エプシロン・タウ・ギリシャ文字クラブ (イトペト)
※グリークハウスの名前は伝統的にギリシア文字の羅列で表される。また、グリークハウスは全国的な組織であり、上記のイトペトも正確には「イトペトVault-Tec大学支部」である。

2.名無しさん2019年03月15日 14時29分

モーガンタウンで見つかる「モーガンタウンの歴史」という一連のホロテープによると、最終戦争後にVault-Tec大学の学生たちはグリーハウス同士で物資を巡って争い、その過程で多くの学生たちが死んでしまったらしい。
最終的に彼らはルーフハウス、ストリーハウスと呼ばれる二大勢力へとまとまっていったが、どちらも全滅してしまったようだ。
2102年のモーガンタウンを徘徊する大勢のフェラル・グールたちは、当時の学生たちの成れの果てであると推測される(RADアウェイが不足し、学生たちの髪の毛や膚が抜け落ちていったことが記録されている)。

7342