.22口径LR弾

別名称一覧:
  • 22口径LR弾
  • .22LR
  • .22口径LR
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
4.名無しさん2019年08月24日 20時49分
実銃武器

本作弾薬は基本的に弾頭、パウダー、薬莢、プライマーの4つに分解出来るのだが、これに限っては弾頭とパウダーしか出ず、再度組み立てる事も出来ない。
恐らく本アイテムも現実のそれと特性が同じなのだろう。

まずこのは他と異なり独立したプライマー部品を持たない。薬莢底の張り出したリムの内側に直接発火用の薬剤が仕込まれており、薬莢底を大雑把に叩く事で発火している。
更に薬莢を薄くすると破裂しやすく、厚くすると不発率が跳ね上がる為強力な威力にする事は現実的ではない。強装ハンドロードを作れないのは原理的な理由なのだ。

運び屋分解した際は弾頭とパウダーだけ取って流用出来ない薬莢は捨てているようだ。勿体ないような気もするが仕方ない。

3.名無しさん2018年11月02日 12時38分
実銃武器

現実のアメリカ民間市場では知らない者は居ないとばかりにメジャーな存在。

・小さく量産が効く為価格が安い、雑多にに詰めたお徳用パック
・反動も小さいので射撃姿勢の基礎から学べる
・あらゆる銃器で使用出来る変換キットがあり、専用銃は過剰な強度を必要としない為こちらも安い。何とアルミ合金製も
リムが張り出してる為素人が選びやすいリボルバーでも問題なく使える
等々、一説には民間で実際に売れてる弾薬の半分はこいつとすら言われている。

特に反動に関しては素人が強めの弾薬を使うとへっぴり腰になりやすい為、これで正しい姿勢を身に着ける事が推奨されている。
特に.22口径ピストル(サイレンサー付き)が最低限の要求スキルしか無いのはこの為だろう。

しかし過酷なFallout世界では用途も供給も限られる上、ドック・ミッチェルのように戦わずとも生きていける者を除き銃を扱えなければ、少なくとも反動でビビってしまうような者は既に淘汰されてしまったのかも知れない。

2.名無しさん2018年10月30日 21時58分

これを使用する銃はどちらも単発の威力には劣る為、サブマシンガンで大量のをばら撒くかホローポイントピストルに込めてカジノ暗殺に使うのが主な用途になると思われる。

尚このは通常に限り分解は出来ても作成は出来ない他、分解した際に薬莢も出ずピストルパウダーと弾頭は回収出来る為、資に余裕があれば他のピストルハンドロードを作る時に材料と割り切って購入するのもありかも知れない。

1.名無しさん2018年10月30日 21時54分
関連用語について
コメントを投稿する
5206



ページ上部に戻る