ラッドローチ

別名称一覧:
  • ゴキブリ
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2018年11月05日 23時42分

放射線によって巨大変異したゴキブリ。

Fallout3や4では最序盤から出てきたため強烈なインパクトを残し、ある意味作品を代表とするようなモンスターであったが
本作ではほとんど出現しないレアモンスターとなってしまう。

これはモハビ砂漠の気候や生態系のせいか、それとも西海岸と東海岸の距離的な問題か、それともベセスダオブシディアンの方針の違いかは謎のままである。

2.名無しさん2018年11月06日 12時32分

一応ながらメインクエストグッドスプリングスを出発しプリムへ向かう道中にまばらに数匹存在するのだが、同時にもうちょっと数の多いゲッコーに餌として追い回される微笑ましい光景を見る事も出来る。
最もラッドローチより先にこちらを見つける個体も居るのでピストルか何かで適当に応戦しつつ進めば姿すら見ない場合も。

余談だが初代Fallout及びFallout2ではヤオ・グアイと見紛う大型モールラットや小型のラットが多くラッドローチ自体が登場しない。

3.名無しさん2019年01月30日 20時48分

アメリカ東部は寒いが湿気も多そうで、西部は暖かくもカラカラな点
それとモハビには機動力と攻撃力の高い虫が多数生息しているので、淘汰されてしまったのではないだろうか

とはいえ室内には出るらしく、ラッドローチを食って籠城を凌いでいたというグールがおり、彼のいなくなったあとに探索すると実際にラッドローチの死骸がある

4.名無しさん2019年02月24日 17時57分

ラッドローチの亜種として「光りしラッドローチ(原文:Irradiated Radroach)」なるクリーチャーも登場する予定だったが、カットされてしまった。

体は放射能によって淡く発光しており、放射線を放出し自身を回復させるなど、光りし者と同じ特徴を持つ。さらに通常の物よりRad値が+8されたラッドローチの肉をドロップする。

エディターネームからコットンウッド・コーヴスポーンするようになっており、おそらく同地に放射性廃棄物をブチまけた後に登場させる予定だったことが伺える。

関連用語について
コメントを投稿する
5244