ソルトレイクシティ

Honest Hearts
別名称一覧:
  • ソルトレークシティ
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
4.名無しさん2020年09月05日 18時15分

現実ではモルモン教が開拓した地として知られる。
しかし実際には鉱脈等があり大規模な争奪戦争の末に支配した経緯がある。
当時のアメリカにおいてもトップクラスの武闘派であり彼等モルモン教徒は凄まじいまでの
軍事力を持った宗教でもあった。
現在は、日本でもアメリカにおいても特に美男美女による勧誘を行っている。
リストの掲げる教義とは外れているものの基本的には善良な人々して知られている。

3.名無しさん2020年09月05日 14時51分

Honest Heartsに登場するハッピートレイル・キャラバンソルトレークシティにもキャラバンを出していたとのこと。
さらに、同社はニューカナーン人と連絡が取れなくなったせいで同市にキャラバンを出せなくなった結果、経営が傾きかけているという話も出ている。

最終戦争直後はともかく、2281年時点ではわりと大規模なコミュニティが同地に誕生しているのかもしれない。現地のホワイトレッグスにどう対処しているかなど、気になることは多いが…。

2.名無しさん2020年05月20日 02時44分

ホワイトレッグスの本拠地(正確にはグレートソルトレイクと言われているが)。地図を見るとわかるがオグデン(ニュー・カナーン)からめちゃくちゃ近いところに位置しており、ニュー・カナーンやそのキャラバンはたびたび襲撃を受けていたようだが、ホワイトレッグスユリシーズによる指導を受けるまではまったくの弱体だったため返り討ちにするのは容易で、ニュー・カナーン人は彼らをかなり侮っていたようだ。その油断が壊滅につながってしまったわけだが……

ジョシュア・グラハムのアーマーのベスト部分はここの市警察SWATのもの。お気に入りのようでシーザー・リージョン時代も故郷に帰還してからも愛用している。

また、本編に登場するネルソンで指揮をとっているシーザー・リージョンのデカヌス・デッドシーは赤ん坊のころ、この近辺でシーザーに救われたらしい。

1.名無しさん2019年02月14日 20時44分

ユタ州のグレート・ソルト湖に面する街。
こちらの現実世界では2002年に冬季オリンピックが開催され一躍有名になった。

作中では言及でのみ登場。
かつて戦前サバイバリストとその妻子が住む家があった場所だが
最終戦争時に核ミサイルが7分で13発投下される。
(余談ではあるが、最終戦争時にラスベガスに投下された核ミサイルは77発。Mr.ハウスが対処しラスベガスは無傷)

たまたま仕事で街の外にいたために被害を免れたサバイバリストだが、放射能の影響が弱まった数カ後にソルトレイクシティを訪れると街は変わり果てた姿となっていた。
なんとか妻子の亡骸でも見つけようと思っていたが、家どころか道すらわからない状態であったという。

関連用語について
コメントを投稿する
7115



ページ上部に戻る