トンネルスネーク

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
Vault101の住人組織・団体
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
14.名無しさん2020年06月25日 05時07分
感想

ブッチ最期のセリフでもある
トン・・ネル・・ス・・ネーク・・

13.名無しさん2020年03月30日 01時24分
fo4,76

>>10
"放射線を浴びることで特殊能力を得られる"
アパラチアにそんなVault居住者が大量に居たような…

12.名無しさん2020年03月28日 06時14分
ネタ

>>11
トンネル」は率直に言って穴のこと
「スネーク」は狭い場所にするりと入る細長い生き物

要するにお前のフォトニックレゾナンスチャンバーに(ry

11.名無しさん2020年02月17日 20時48分
感想

「本物のトンネルスネークを見せてやるよ」とアマタに言っているが「本物の」トンネルスネークとはなんだろうか。
偽物が存在しているのか、単なる口説きか。

10.名無しさん2018年04月04日 21時30分
MOD
fo4,76

Creation Clubに関する記述なので公式設定とは限りません。要注意。
ウォーリー・マックについてはCreation Clubの「Tunnel Snakes Rule!」で連邦に渡ってきたことが判明。
FO3終盤でトンネルスネークを足抜けしたはずだが、ブッチ孤独な放浪者が居ないからか連邦で勝手にトンネルスネークを名乗って結成している。
拠点地下鉄駅には1tもの放射性廃棄物が埋没していたのだが、コミックの読み過ぎなのか「放射線を浴びることで特殊能力を得られる」と思い込んで浴び続けた結果、メンバー達はグール化したものの変異に耐えきれず死亡
ウォーリーに至っては正気を失い光りし者変異してしまっている。
その後、ユニークの旧作10mmピストルトンネルスネーク衣装を求めて訪れた唯一の生存者に討たれる…かも知れない。

9.名無しさん2017年07月02日 15時28分

tunnel snakes rule!の台詞はあまりにも有名すぎて熱狂的なファンが増え続けているというそうだ。

7.名無しさん2017年04月26日 21時18分
感想
fo4,76

マクレディトンネルスネークを知っているとしたら、リトル・ランプライトを訪れたブッチ101のアイツのコンビが二人ともchild at heartを所持していてなついたのだろうか。
ブッチ「俺達トンネルスネークをよろしくな!」
101「(もう何でもいいや)」

6.名無しさん2017年04月26日 18時02分

ギャングと本人たちは言い張っていたが彼等は閉鎖空間のVault101に住んでいるのでせいぜいやることはちゃちい事しかしてないだろう。実態はただの愚連隊である。しかし101のアイツブッチくんが着いていった場合、ギャング団どころか歩く大量破壊兵器プラス1に大出世した可能性がある。

5.名無しさん2017年04月25日 20時28分
感想

101のアイツが男にしろ女にしろブッチが一緒にメガトンに住んでいるならば、問題事を解決する度にのふんの如く同行しトンネルスネークの名前を広めたのかもしれない

4.名無しさん2017年04月24日 21時29分
fo4,76
3.名無しさん2017年04月24日 19時26分

コンパニオンブッチと別れる際に「おまえがオレをクビにする?違う!オレがおまえをクビにするんだ!すかしんてじゃねえ!」といわれることから、既に半ばvault101のアイツが頭数に入れられてるのかもしれない。そりゃ確かに最強だ
ちなみにブッチの項目を見ればわかるが彼のいうギャング団に最も近いのは間違いなくアトムキャッツだろう。ワルと悪ってのは違うもんだぜ

2.名無しさん2017年04月24日 10時21分

Vault101が絶対的権威を持った監督官の下、住民を管理する社会実験の場であった性質上、この手の跳ねっかえり集団は当然目を付けられていた。
監督官のターミナルには彼らに何らかの「サービス」をさせる事でお目こぼしされていた旨が記述されているが、このサービスが一体どういった類のことであったのかは不明。

余談だが3のOP中でブッチ達による結成会議の様子が描かれているが、いくつかの名称候補の中にVault居住者という、4のプレイヤーにとってはどこか耳慣れたものがあった。
ブッチ達にとっては単に自分達の境遇を示しているだけの単語に過ぎず組織名として適切かどうかは果てしなく微妙で、結局没になっている。

1.名無しさん2017年04月24日 08時13分

ブッチ・デロリア率いるギャング団…というお題目のVault101に住まう、専用のジャンに身を包んだ不良少年チーム
主なメンバーリーダーのブッチポール・ハノンウォーリー・マックの3人
チームの結束はお世辞にも固いとは言えず、ウォーリーは徒党を組めるので利用するために所属、主体性のないポールは勢いで一緒に居るだけという有様で、ほとんどブッチが粋がっているだけの集団と化している
後に主人公父子の脱走に伴う内紛で遊んでいる暇が無くなり、自然消滅した

しかし、ブッチ本人は何れこの名前で本物の自分のギャング団を旗揚げしようという確固たる野心があり、ウェイストランドに飛び出す切っ掛けとなる

関連用語について
コメントを投稿する
4237



TOPに戻る